JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

CQマシンとボイチェン、なら「バ美肉運用」は?

ふと、思考実験なんですが、昔からあるコンテスト用?のCQマシン。
今作るとすると、自分の声をSDカードあたりに録音して、それを再生してCQ連呼するという。

で、SSBやFMなどの音声の変調に、マニアックに高音質を求める趣味の人もいらっしゃいますよね。高音質でなくても、コンプレッサーをかけて応答率を上げる?のも昔から。

コンプレッサーといえば、無線の世界じゃなくてDAWの世界なら、もう何でもあり。さらに、ロボットボイスやボイスチェンジャーも技術的には簡単に使える世の中に。

ならば、CQじゃなくて、普通の無線のQSOで、ロボットボイスやボイスチェンジャーを使うのは、特に法律的には問題はないんですかね?

さらに言えば、「バ美肉」運用するとか。男か女かというのは、今のご時世にあっては立派な個人情報。LGBTの権利が国際的に話題になるご時世で、男性が女声に聞こえる音声信号を送信するのも、女性が男声に聞こえる音声信号を送信するのも、そういう意味ではCQマシンやコンプレッサーと同じとみなされるはずなのでは??という考察なんですが。

--

それとも、こういう昔の感性にこだわる抵抗勢力?が予想される分野で、かつ、なにも合理的な規制がない分野ならば、やったもん勝ち?なんですかね~?

本当に、現代の技術ならば、ある意味朝飯前でできますよね。

もしかして・・・バ美肉運用が可能になれば、アマチュア無線(しかも音声での交信)が大ブームになったりしてwwww(^^)/

そうなれば、JARLもJARDも総務省も経団連??も、なし崩し的に容認どころか積極的にバックアップwwする世の中になるとか。

思考実験は面白いですね。これを実際に真っ先に実行すると勇者ですかね~。

郊外平地のアンテナ考察

現在の家は外にアンテナを出せないような木密地域なので、過去には磁気ループアンテナを考察&実験しまして、その後マンションの最上階ロケーションが使えたのでマンションのベランダにぴったり高さが収まるようなセンターローディング・モービル用ホイップでHFをやってみました。

そして現在。木密地域で無理にムセンをやる予定はなく、マンション最上階も無くなって、移動運用もあまり現実的でない・・・かわりに・・・、近い将来、郊外の平地に新しい常置場所ができる可能性が出てきたため、そういう観点でアンテナの考察をしてみます。

---

ムセンは趣味なので、それ以外の要件でいろいろと制約があるわけですが、こんな感じですよ。

1. 大きなタワーは不可。
2. 人間が高いところに登って設置・調整するようなのは不可。
3. あまり目立つのは不可。
4. ローテータを使うのは不可。

その代わり、郊外(というよりもっと田舎)の平地なので、

1. 家と家の間隔が広い立地条件。木密にはならない。
2. 何もない(でも木は生えている)平地が結構広範囲に続く。

なので、利得を得るには水平面指向性ではなく、垂直面で考えることになるわけで、あと、こちらこちらのサイトさんが参考になりまして、結論から書くと、

1. HFは、給電点の高さが低めのバーチカル。
2. VHF以上は、給電点の高さを高くしたあまり利得の高くないバーチカル。

で行くのがいいのでは?という。

机上の空論ではここまでで、あとはもっと現実的になってから検討しますよ。

※追記--- 2021.6.8
バーチカルでもいいんですが、もし1本だけ高めのマスト?を建てられれば、むしろ価格は安いけど原理的に単純なダイポール系?がいいのか?とか考えだしたりして、まだまだ未定です。

う~ん・・・間に合いますかね??4

IMG_20210314_135537

まだまだ今のところ、ここではムセンはできない環境なのですが・・・
Here comes...とか書かれるとwww、早くできる環境に移行したいところですね。計画はいろいろとあるんですが、なかなか実行するには時間がかかるという~

ピアノでQSY(でも工事中w)

ラジオ番組「QSY」のステッカーを頂きました。ありがとうございます。 というわけで、でもムズいのでまだ工事中なんですが、弾いてみました。5曲目の最後は「73」入ってます。








1K60って何だ??(^^♪

総務省の電波利用ホームページで、各局さんの検索ができますが、電波形式のところに見慣れない記号が・・・・「1K60 って何だ??」というところからすべては始まったwww

1N60ならわかるんですけどwww。と、相変わらず話題が古いよ。 ゲルマラジオには必須・・・とまあ置いておいて。。。

デジタル音声通信とかいうので、D-STARみたいなの??とか思ったら、オープンソースの音声コーデックでSSBよりも狭帯域で高音質、HFで運用できる・・・んですね~。またまた、知らないうちに世の中進歩してますね!勉強になったです。

と、自分用メモに貼ってみます。

FreeDV
FreeDV情報
FreeDV 運用ガイド

なにしろ、はじめてFreeDVを知ってから、まだ5分くらいwなので、これからこちらのサイト様読んでみようと思います。なかなか無線は復活できませんが、こういう新分野は技術的にとても楽しそうなので、興味はありますね~~~。 まあ、古~い話も好きなんですけどねwww(^^)/

※追記 2020モード綺麗ですね。ためになりました!

なんと、読んで頂きました!

ラジオ番組QSY、なんと、メールを送ったのを読んで頂きました!
ありがとうございます。 こちらです。

第94回 2020年7月31日放送

そんな感じで、いろいろと進めていきたいと思います。番組も面白くて楽しみです。

QRL→QSY、当局もいろいろと・・・4

実はしばらく無線やってなかったのですが、いろいろありまして・・・

無線よりも音楽などをいろいろやっていて、さらに、ウクレレはあまりやってなくて、鍵盤(ピアノ、シンセサイザー)のほうを。。。やっていたのですが・・・

あと、大昔の音楽を耳コピ譜面化するというのもやってまして、今まで権利処理が不可能だった曲が、このコロナ地獄の最中に権利処理OKなところを発見し、このように販売したりとか。

1. 大和市のマンションのロケーションは廃止となりまして、IC-7000などは町田市の自宅でこのように待機中。w
IMG_20200716_223609

2. 町田市の自宅では無線は無理なのですが、実は、栃木県のほうで無線ができるロケーションにご縁ができる可能性が出てきました。まだ未定ですが・・・

3. 無線よりも音楽演奏関係を沢山やっていまして、バンドのキーボードやピアノのユニットなどをやっていたのですが、今現在のコロナ地獄のため、ほぼ全面的に活動停止中。

4. この、音楽できないのと栃木県の話の両方が絡んで、ここ最近急に、ムセンを再開する可能性が高まってきた・・・。という流れです。それでこんなふうに、自分で作った譜面(これは往年のカーペンターズですよ。)を弾きながらも、最近のことは全然疎くてわからないので、ちょっとまえの無線雑誌を買ってみたというのがこの写真。
IMG_20200716_223542

5. というわけで、しばらくご無沙汰していた無線の世界を再履修中なのですが、こんなことこんなことがあったんですね~。

6. なので、QSYを聞いてみると・・・ああ、懐かしいですな~(^^♪ さらに、昔やったウクレレで耳コピ譜面化演奏していた、QRLの番組中にかかっていた音楽そのものが流れてますよね~。なつし聡さんもご一緒にQSYされたのでそうなのでしょうね!それにしても、番組冒頭の、「人生だってQSYの連続・・・キビシー!」というのがすごい臨場感 まあ当局のほうも、QSY準備中なわけですが

7. 無線をしばらくやってないうちに、JARLの終身会員(今はライフメンバーって言うのねw(^^)のカード転送手数料が切れちゃって、再開手続きをJARLに依頼したり・・・してる最中に、QSYの最近の番組を聞いてみると・・・JARLが大変なことになってたんですね~。こちらのサイト様にも。これも知らなかった。

しばらく無線をやってなくて浦島太郎状態&コロナ禍の影響で、ものすごくいろんな情勢が変わったり変わりつつありますが、引き続きいろいろと模索していきます。

初めてFT8を運用

FT8初
というわけで、ようやく初めてFT8を運用してみましたよ。
先日JT65をやった同じ7MHz帯です。最初に1局、JT65で交信してからモードをFT8に変更。

う~ん。15秒周期だと、忙しいですけど、スピーディーに進んでいいですね。あと、WSJT-Xで有名らしい?全自動モード。これも最初は戸惑ったけど、一旦慣れると便利。いまだにログ記入は手でやってるので、そっちのほうが面倒。むしろ、紙に手書きでメモを書いておいて、あとでゆっくりと、家に帰ってからデスクトップPCで入れたほうがいい感じ。・・・ノートPCで、しかも狭いところで入れるのは疲れるので。

普段、JT65だと、1局交信すればいいほう・・・だったんですが、今回FT8は初めてなのに5局と交信。単純計算で能率?は5倍。(^^♪

まあ仕事じゃないからそれはどうでもいいけど・・・あとアワードハンターでもないし。

ログ記入が疲れるので要改善なところ以外は順調だったですね~

FT8審査終了(^^)/

FT8_OK
おお、このように、昨日審査終了したことを確認。
これでいつでもFT8の電波を出せる・・・ことになったものの、なかなか忙しくて常置場所に行く時間が無いという罠www

まあ、ゆる~~い趣味なんで、それでいいんですけどね。

FT8を調べてみる

ずっと細々とJT65をやってたのですが、どこのバンドを聞いてもこちらではJT9の信号は確認できず。
で、最近(とはいっても無線自体ほとんどやる時間が無いのでたま~~にだが・・・)ワッチしてみると、局数が多い7MHz帯あたりでは、変な信号が結構入る。
ちょっと調べると、FT8なんですね~ 今頃知ったよw。
手持ちのWSJT-Xはバージョンが古くて対応していないので、v1.9.1を入れて、受信してみた。こんな感じ。
WSJT_v191
アクティビティ的には、こちらの環境では、JT65とFT8がほぼ互角な局数、JT9はゼロ。たまにRTTYが入ってくる感覚。まあ、ロケーションとアンテナが、普通の局長さんよりもずっと悪い!のが大前提ですよ。今さら書くまでもないけど。w

ググってみると、FT8は、今の免許そのままでは出せなくて、なんか申請?届出?が必要みたいですね。相変わらずまだ包括免許になってないのね~。さすが、世界に取り残されたガラパゴス日本国。なんかどんな分野でも日本国のデフォになってるよねこういうの。ムセンなんかある意味どうでもいいけどwww、他の分野がそれでは本当にヤバいと思うけど・・・まあこのブログでは関係ないので省略~。

ちょっと調べて対応してみますかね。時代に取り残されると、またまた、交信してくださる相手の局長さんがゼロになってしまう・・・ので。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ