JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

突如、大規模修繕をやるということに~2

大規模修繕準備1大規模修繕準備2ふと、マンションのお知らせを見たら・・・「大規模修繕を行います」ということで~

バルコニーに置いてあるものを全て撤去してください。

と・・・

いうわけで、自動的に、全アンテナシステムが一時的に強制撤去となりました。

このところ、東京近郊は雨ばかりで、久しぶりの晴れ間をなんとか都合をつけて利用して、1日で全部撤去してそれでなくても狭いワンルームの、狭い玄関に強制的に押し込むという作業ですよ。なんというか、全然ムセンやってないのにこういうのばっかりwww( ^ω^ )

写真、上 --- アンテナファーム。全部そのまま移動。土間に置こうとすると、天井の梁に引っ掛かって置けないのでここしか場所がない。

写真、下 --- 同軸とカウンターポイズ用電線と、一番邪魔な人工芝・・・。

狭くて居住性が悪化する上に、無線も一切できないとは・・・踏んだり蹴ったりですな~。まあでも、他の事でいろいろ忙しいのでそっちをやりますけどね。

JARL門標板、来ましたよ

門標板来ましたよ
というわけで、1か月で来るとは予想より早かったですね。

4つも作ってもらってどこに貼るんだろうwww?

今の家の玄関・・・ここではムセンやってないし、免許持ってることも誰にも言わないので貼る意味なし。
サテライトオフィスの玄関・・・ムセンやってるのを人に言うつもりは無いので・・・同じ。
モービル・・・モービル運用してないし、やはり人に宣言するつもりもないので・・・同じ。
リグのそば・・・わざわざ持っていくの面倒www

ということは、とりあえず、ブログに貼って自己満足ですかw(^◇^)

究極の自己満足ですなw
まあ、趣味ってそういうもんだし~~~

JARL門標板

またまた、今頃になって、JARLの資格別門標板が復活して有料配布になったことを知ったので、早速JARL NEWSを会員ページから見て、郵便局に行ってきましたよ。

なんか、今日に限って混雑してた上、ATMが故障しててそのほうの人まで中に入ってくるから、なぜか大混雑www田舎なのにね。

で、これを手数料をしっかり払って買ってきた。
小為替
今時、クレジットカード決済でもコンビニ決済でもなく、定額小為替とは・・・

さすがJARL.

ていうか、こういう復活した資格別門標板を欲しがる層の属性を考えて、あえてそうしてるのか? まあどうでもいいけどw。そのうちの一人だし。

申し込んでからも時間がかかるらしいので、の~んびり待ちますかね~~~~~~

スタンバイ・ピーの話5

今頃になって、QRLの6月1日のを聞いた。

あれ~? スタンバイ・ピーって、普通はスタンバイ・トーンって言われてなかったっけ?? うちらのローカルだけだったのかな~??

TR-1200のスピーカーの脇に取り付けられるユニットが売ってて、それを買って、ピーのオンオフはスライドスイッチにして、自分でつけたですよ。w ラグチューのとき使いまくった。F3でしたけどね。

たぶん物置の奥にしまってあるTR-1200を開けてみれば、今でもついてるはずですけど、写真とるのも面倒なのでやりません・・・(^◇^)

PTTを離すときに、ピーが出るようにしてましたよね。アマチュア無線ではそれが妥当だったし。
QSOの最後に、昔は、PTTを2回押す習慣があって、普通A3でQSOすると、押したときは無音になるのだけど、スタンバイ・ピーを入れてると、ピーが2回鳴ってうるさかったwwwっていう記憶も~。あ、CWなら普通だったですね。最近全然CWやってなくて忘れてた。

確かに、アポロ11号の月面着陸(リアルタイムでテレビ見ましたよ。まだ小学生でしたが。はじめてアームストロング船長が月面から撮ったテレビ映像が、上下逆転してたので、テレビの前で逆さまになって見た記憶がwww(^◇^)。同じ年代の人なら多分わかると思うけど~)の印象が、多分全世界的にアマチュア無線やってる人の間で強烈で、それで、一旦発売されたらみんな買って流行りまくったですよね。それ以外の動機で買った人もいるかも?ですけど~

某所で教わったのですがwww

こういうサイト様があるんですね。(自分用メモですよ)

6m.疑惑のQSL

不都合な真実。



ノーコメントですがwww、たかが趣味をやるのに・・・という感じがありますな~。まあ、町内会の顔役・ドン・支配者wみたいな地位に生きがいを掛けてたりする方々もいらっしゃいますから、個人の考え方次第ですけどw。

まあ、どうでもいい。ですw

WSJT-Xに変更

スクリーンショット (6)
今までは、JT65-HFでずっとやってきた。何しろ使いやすいから。ていうか、わかりやすかったので。(^^♪

しかし、ネットで見てみると既にJT65-HFは開発終了しているそうだし、さらに、JT9とかをやる場合や、JT65でも最近海外局でよくみる、RRRと73を分けないで、RR73とかやるときには、どうやらWSJT-Xでないと無理らしい・・・ということをどこかで見たので、これを機会に乗り換えてみるか?と思った。

---

大和市の常置場所(しかしそれは再免許後なので、今は/1で移動場所のまま)では、モービルホイップを昼間取り付けてそれで一晩過ごして・・・また次回夜泊まるときには別のバンドのアンテナを・・・という感じで、細々と各バンドを運用開始していますよ。こういうスタンスで、3.5/7は1回やって、今回は初めて10MHz帯。

10.138で最初JT65-HFで交信して、それが終わってから、WSJT-Xを入れて、いろいろと調べて試行錯誤して、ようやくCQを出してみたり、相手のCQを呼んでみたり・・・したものの、今回は結局、WSJT-Xでは1局も交信できず。

なので、次回以降の課題というかお楽しみということで、のんびりやる予定ですよ。

この画像は、その、10.138でCQを出してみたけど応答なし・・・の時の様子。

いろいろ変更&再免許完了

2017-22 住居表示変更・常置場所鶴間_R

いろいろ手間があって、今住んでいる場所が住居表示変更になって、その自分の住所を新しい表示に変更するというのと、常置場所を今の住所の町田市ではなくて大和市に変更するというのと、再免許申請をするというのを全部済ませて、本日新しい免許状が到着。

ようやくこれで、しばらくはいろいろ手間がかかることから解放されるかも。(^^♪

まあ、無線じゃない実生活ではいろいろあるわけですけどねw。
QSLとかいろいろ変更する箇所もあるんですが、それはまた後日・・・・(^◇^)

はじめて大和市からQSO5

スクリーンショット (4)

ついに、大和市のマンションから電波を送信して、初交信を行った。

周波数は7MHz, モードはJT65。

7MHzでは、自分がCQを出すとほぼ一回で呼んでもらえる&CQを出している局を呼ぶとほぼ一回でとってもらえる。という、多分みなさんには当たり前でも、当局の基準では滅多に起こらないまれな境遇を経験出来た。

こちらの基準では、それだけで画期的な事件で、それだけで大和市に機器を移した効果は十分にあったと評価できる感じですな~

一時間くらい交信して、QSLカードを四枚も発行した。それだけでも大事件ですね。当局的には。w 

-----

で、実際問題便利なのが、Dropbox。
大和市で運用してログを書いて、それを町田市に戻ってQSLカードを作る・・・などをやる際に、データを全部Dropboxに入れておけば場所を気にせず参照できますからね。

と、いろいろと工夫しながら、少しずつ進めていく予定ですよ。

アンテナ工事完了(^^♪

前回の続きですよ。

まずは、3.5MHz帯のアンテナを組み立てて、取り付けてみる。
こんな感じ。
03_R
給電部は特性以前に事故が怖いので、ベランダ内部。なので、アンテナの取り付け取り外しは精神的負荷が無く気楽に出来るのはメリット。

で、これが外から見てどれくらい目立つのか?が知りたいところなので、外に出て写真撮ってみた。
30_R

46_R
どうでしょう?
最大限目立つように写真を撮ってみてこれくらいなので、肉眼で見るともっと目立たないす。
予想以上に目立たないという感じがしたですよ。
これはいいな~見た目的にはVYFBですな~。


そして、肝心の、アンテナ接続試験。各バンド毎に、アンテナを接続し、SWRを調整し、実際に受信してみる。
3.5~10までは、アンテナチューナー必須だったけど、14から上は、ほとんどチューナ無しで大丈夫な感じ。なので、アンテナの整合的にも良い感触。

しかし・・・実際の受信テストは厳しい結果だった。結局、実際の交信を受信できたのは、14MHz帯のみ。こんな感じですよ。
17_R
なので、14だけ受信出来て、他はダメ・・・っていうのは、町田のほうのロケーション最低の家での受信状況とほとんど変わらず。

・・・これだけで見ると、わざわざこの最上階マンションにリグとアンテナを移転したメリットはあまり感じられないという。 まあでも、各バンド10分弱くらい平日昼間にスキャンしただけなので、まだわかんないですけどね。


そしてこれが、144/430のアンテナの状況。
03_R
144/430については、同軸の配線が綺麗になるように、アンテナチューナーにも144/430の信号が入るような配線になってるけど、このアンテナチューナーはTHRUにしてもメーターが振れてしまうので、430あたりではメーターが振りきれて機材が痛む感じで今一。でも、430なんかやらないかもしれないのでしばらくはこのまま放置ですな。w やるときになってから考えるということで。


そして最後に、全部のアンテナを収納した様子が次の2枚。
これって、アンテナファームって言えるのかな~w(^^♪
39_R

53_R
この収納については、当初の目論見通りに運んでFBですよ。穴を開けて工作したタッパーへのアンテナの収納具合は絶妙だし、しかもアンテナ長さが2.2mという、マンションのベランダの高さにぴったり合わせた素晴らしい設計!になっているし(本来モービル用なのに )。

--

というわけで、運用以前の工事のフェーズは全て終了しましたよ。
さてこれからどうなるのか??意外と、工事するまでがモチベーションが高くて、実際完成してみると特性が今一であまりモチベーションが上がらないというのが今までのパターンだったけど、今回もそうなるのかどうか・・・・

アンテナ工事進捗(^^♪

これの続き。

まず、室内で、こういうのものを作ったんですよ。
38_R
後で外に出すんですけどね。

で、この穴に入るものは・・・・これだす。
10_R





一方、外のほうの工事は、まず、基台部分はこんな感じ。
40_R
ちゃんと、エフコテープを巻いた上からビニールテープを巻いてみたものの・・・本来なら、モービル用のL型のMコネのメスのコネクタが付くのがモービル用アンテナの世界では標準らしいのに、それをあまり知らなくて、普通に固定用のMコネオスのコネクタで同軸を配線し、M型のメスメス・コネクタで基台に付けたので、なんかテープを巻くのに一苦労wという、情けないことに。(^◇^)
まあ、なんとかなった??ので良かったですけどね。

表側はこんな感じ。
26_R
ここで書いたアンテナシステムを実現化するわけですね。 なので、ラジアルケーブルセットは必須。これでカウンターポイズを取りまくって、高周波的にGNDを・・・・という。電気は目に見えないというか、特に高周波はもっと目に見えないwwwので、まるで、
氣の世界を扱っているような感覚になりますな~。
意外と、そっちの世界と無線の世界は近かったりして・・・w 


はい、これがその、カウンターポイズ。
01_R

その反対側の、隙間ケーブルと同軸の接続部分。こっちも自己融着テープとビニールテープ2段重ねですよ。
40_R


そして最後に、このラジアルケーブルはとにかく見た目がサイテーなので、単にそれを隠すためだけに、人工芝。
36_R

01_R
というわけですね。

今日のところはここまで。
ここまでやれば、めんどくさい工事の段階は峠を越した感触ですよね。
しかも、雨が降っても大丈夫なように接続部分は処理済みなのでしばらく中断しても安心。
あとは、電気的な配線の段階にようやく入れるわけで。ここからの作業のほうが楽しいですよね~ ムセンやってる人はみなさんそうだと思いますが~(^^♪

to be continued.

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ