JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

電波りよう子ちゃん

有名な、電波ソング、

あるけど、ついにはじめて、電波りよう子ちゃんやってみた。

新規ユーザー登録したのが先日ちゃんと受理されてIDが来たので、このまえ調べたとおり、まずはIC-7000Mだけで変更申請。

なんかもう、20年まえくらいに変更申請して、第7送信機までムダにあるんだよね書類上は。1200/2400帯は勿論、それにつける付加装置まであって、ATV送信機まであるという。w
勿論、第1送信機は、栄光の TR-1200
------
あまりにひどいので、これを機会に真面目に変更申請した。第1~7送信機全部撤去。そして第1送信機、IC-7000M新設。以上。
実にシンプル。で、いつか落ち着いてからそのうちデータ通信を加えた付加装置の変更申請をする予定。

で、電波りよう子ちゃんの、総務省電子申請届出システムLite のTips。

これって、ログオンして書類を書いてる途中で他のことをやって放置すると、勝手に接続を切られてしまう。なので、頻繁に「保存」をしないと入れたのが全部パーに・・・
保存すると自分のPCのデスクトップにzipファイルが作られるという面白い仕様になっている。
あと、記載チェックの為に送信すると、なんか正式送信し終わったかのような画面が出て一瞬焦るけど、これは大丈夫。全部チェックし終わって正常だと、その後にちゃんと正式申請送信の画面が出てくるので、そこで送信するのが本物だ。

一応正常に正式送信はしたけれど、総務省から何て言ってくるのかは不明。しばらく待ってみることにしよう。

データ通信をやる前の覚書

PSK-31, RTTY, SSTV などをやろうとして調べ中なものの、未確認情報が沢山あるので、ただの個人的な覚書として書いてみる。

・参考文献は、CQ出版のPSK31・RTTY入門(今は絶版)があるが、よく手持ちの資料を見てみたら、JARL NEWSの2008年秋号が一番新しくてしかも詳しいみたい。これが一番有用な予感。

・現状の免許状が古いリグ+PSK-31用インターフェースで降りている場合、それにIC-7000M+付属装置の体制で申請するとTSS経由になり有料になる。そこで、1回目はIC-7000M追加のみ、2回目は付属装置追加で申請すると総通直通でOKになるらしい。?

・インターフェースの市販品は、MFJ / RigExpert Plus / Navigator とか、日本製品ではテクニカルシャック製品などがある。USBIF4CWならばUSBで接続できるそうな。
→ 個人的にはRS-232CがUSBになるだけでなくてPCからのサウンドIOが無くなってUSBになればすごくメリットを感じるのだがどうなのか?
→ 調べた結果、サウンド配線は従来どおり必要とのこと。

・PSK-31とかならAFSKなんだろうけど、RTTYの場合、IC-7000ではFSKモードとAFSKモードの2通りが考えられそうだけど、どちらがいいのか考えるとわからなくて眠れなくなる。
→ もしインターフェースを自作するならばとりあえずFSKモード対応回路にしておけば、どっちでも使えるみたいなのでよいのではないか?
→ 実運用では、FSKでダメならAFSK / AFSKでダメならFSK というふうに、悩まずにやればOKな雰囲気みたいな記載をぼちぼち見る。

前回の一番下にあるように、DATAソケットのPTT端子で制御すればマイクは切れるが、
IC-7000では、DATAソケットのPTTとACCソケットのPTTは連動しておりません。そのためACCソケット経由でのAF入出力のためにDATAソケットのPTTを使用することはできません。そのため、ACCソケット経由でのAF入出力には、ACCソケットのPTTを使用して下さい。
との記載あり。
→ データソケットって、1200/9600bpsの通信専用なの?
ここによれば、IC-7400では、どちらでもAFSK(SSTV、PSK31、WJST、1200bps PACKET等)使用可能とのこと。FSKはDATAソケットでは不可。

-----

いろいろ細かいこと考えると悩ましいけど、とりあえず、
ACCソケットのFSK用のICOM推奨回路を作っておけば一番つぶしが利いてしかも安いみたいなので、それでやってみることにする。

IC-7000M設置準備の覚書

実は、IC-7000Mとうとう買ったのよ。またまた面倒なので通販。もうすでにモノはここにあるという。
でも勿論、アンテナは無いし、変更申請もまだだし、あと、前に書いたようにPSK-31などのためのアダプタ類をどうするかも未定だし、まだまだ実際にいじる段階までは来ていない。

なので、IC-7000の設置関連と、PSK-31の準備関連で参考になるサイト様を探したので自分の為に覚書することにする。
ほとんどが、CQ詩に記事も書いておられるJI1ANI局のサイトですよ。

<PSK31関連>
MMVARIは凄い
CQham radio3月号に掲載
160mデジタルの免許申請とアンテナ準備
160m峡帯域デジタル他の免許おりました
ここだけJN4VAC局のサイト---データモード

<IC-7000関連>
IC-7000の受信音
コントロールマイク HM-151
ハンドマイクと外部マイクの併用
7000と817が同じなんて・・・
IC-7000 ACC入力周波数特性
IC-7000 DATA入力周波数特性
IC-7000の置き場所
IC7000 セパレート時のTips
IC7000セパレートケーブル
IC-7000のセパレートケーブル その2
IC-7000のセパレートケーブル その3
全長18mのセパレート成功
IC-7000のセパレート設置
IC-7000の送信音質設定
IC-7000のディプレイ表示方法

これはすごいな~実際に実験されているからすごい説得力。

実は、こちらでも前からIC-7000は興味があったものの、購入を決定した最大の理由はそのコンパクトさと、セパレート設置可能な点。
あ、勿論常置場所ですから。部屋が狭い上にいろいろ既にやっていて物が多く、ムセン関係機材をそこにさらに置くのは厳しいのでセパレート設置に強く惹かれたんですよ。
全然、リグとアンテナ間の距離があるとロスが・・・とかいう話の次元ではなく、単に「部屋が狭い」それだけ。(^∀^)

なので、既に純正セパレートケーブル等の部品は最初から買って、セパレートのための配線は終了している。あとはアンテナ、付加機器、変更申請・・・の方をなんとかしなくてはという段階。



(追記)肝心なご本家を。
IC-7000、データ通信時にマイク入力を無効にする方法

ビバレージアンテナなどを調べてみる

ARRLのサイトでニュースが。

First 2200 Meter VE-JA QSO Claimed
カナダと日本で135kHz帯で世界記録と。

とにかく室内stealthアンテナとかを検討してるこちらには、全く縁が無い世界であることは確実だが、でも、量子力学で宇宙論を勉強するような趣はあるのでちょっと調べてみる。
---
まずは偉大な記録を作られたお二人のサイト
JA7NI, VE7TIL
それで、個人的に気になったのが、 ANT : Beverage の記載。
Beverageアンテナって何だ?というわけで、調べてみる。
-------
まずはBeverageアンテナ関連英文サイト抜粋 1,2,3,4,5
それ以前に読み方がわからない件。ビバレッジ?ヴィヴァレッジ?いろいろ調べるに、日本語表記では「ビバレージアンテナ」が一番通りがいい事を発見。なので以下その表記でいく。

とにかくまずは、ビバレージアンテナについての日本語のサイト様をピックアップして学習することにする。
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10
おー、どれも為になるすばらしいサイト様。
総合するに、どうやら、進行波アンテナ・波長の数倍の長さが必要・受信用のアンテナで低雑音・指向性があるのに調整が楽・長さが短いと
EWEアンテナとなり違う原理で動作する...etc. みたいな?どうやら送信用には別に逆Lとかを使っている局が多いらしい。

あと、ON4UNというベルギーの局は、「ローバンドの神様」で、書籍執筆も数多いという。(実はLow-Band DXingは持ってたりする。)

さらに、ON4UN局の発明されたローバンド用アンテナは、4SQアンテナというのもあり、参考サイト様抜粋はこちら。1,2,3
なぜかこのCQ詩の別冊も持ってたりw。あと、ビバレージにしても
4SQにしても、欧米では市販品まで結構あるらしく、そのあたりの懐の大きさを実感できるな~と。
まあ、これだけ広大な土地を必要とするアンテナが日本で簡単に張れるわけは無いわけで・・・個人で山か牧場を所有してないとまず無理。

仮に都会に居てそれをやりたい場合、まず山を買って、そこにシャック(さらに遠方なので生活できる家も全部)を建てて、車で往復できる条件も整えて...etc.etc. と、金額換算で数千万円~数億円オーダーの事業かな??
まあいいや。(^∀^)宇宙に行くよりは安い。

過去の無線遍歴など

最初なので、開局以来の歴史などを書いてみる。

1972.3.30 JE1QMS 開局。QTHは東京都港区。
TRIO TR-1200 に、15mh(後で考えると実際は10mh位)の4エレ八木で、50MHz帯 A3/F3,1Wで開始。

1972-74位までは活発にオンエアしたものの、1975位から徐々に低迷。

----でも国家試験は受けて、2アマまでは取る。確か電信級のときは、送信試験までしっかりあった。試験場に紙テープ鑽孔機があったのを鮮明に覚えてますよ。
まあ最初は楽しかったけれど、ローカル局のほとんどが2~3年上の人でかつ21MHzメインの社会だったので、50-52.5のハンディだけではかなり制約がきつかった記憶がありますね~。
それを、2008年5月に曲にしたのが「哀愁のTR-1200」。

--

1982.8月位に、IC-720A 50W改造機でHF、TR-9000Gで144開始。
はじめてCWにも出てみる。奇しくもその初CWが、電通大コンテスト第一回だったという。21, 144のSSBでしばらく復活。
1985.11月、さらにIC-551も加わって、50MHzもSSBで復活。
1987.7月、TR-9000GからUTV-1200/UTV-2400を介して、
1200,2400MHzにもオンエア開始・・・したものの、ほとんどその後交信できずかなりおカネのムダモードに。。。。゜(´Д`)゜。

しかし・・・1982年以降は学生ではなくて社会人だったので、あまり頻繁には無線はできなかった。要するに開局10周年で復活を計ったものの、断続的にやってその後6年でついに息絶えるという。

そして、1988.11.26 を最後に、長い長いQRT期間に入る。


・・・・・・・・・・


2003年頃、IC-720A で、PSK-31の受信実験成功。しかし送信は一回もせずに終わる。この頃はQTHは東京都町田市。

その後もずっとQRT。


-----


2009.6月、2アマを持っていればモールスの試験免除で1アマが取れるようになったのをはじめて知って、急に1アマを取る気になる。

2009.12月、1アマ国試受験して合格。

2010.6月、なぜかモールス免除で1アマを取ってから、急に和文モールスを覚える気になって練習開始。

2010.9月、CW送受信訓練は継続しているものの、とても悪いロケーションの中、実際にHF-CWをターゲットにオンエア復活に向けて画策中。A1 Club にも入会する。

         という感じですよ。はたしてどうなることやら。

はじめて書きます

今までここでいろいろ書いてましたが、今後無線がいよいよ具体的に復活する可能性が出てきたので、それに備えてこちらに書こうかと思います。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ