JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

IC-7300気になりますね。(^^♪

そこらじゅうで話題になりまくっていて、そして実際の性能や操作感が良く、値段も性能に比べて非常に安いという感じなIC-7300。あ、まだ買わないですよw IC-7000Mで頑張るしw

それ以前に、某所のマンションにアンテナを・・・が先ですよ。

しかし、いろいろ見てみると・・・
どうやら、IC-7100の時代から、PCとリグをUSBケーブルでつなぐだけで、ハードウェア的なインターフェース無しでJT-65出来るようになってるんですね。
あ~うらやましい・・・ ついこの前、Windows 8になったおかげで自作し直したばっかりだったですからね。

(^^♪

というわけで、買う予定はないものの、深層心理でIC-7300を検討することになりそうな予感。

なんと!、妄想が現実化!(^O^)/

先日書いたこの件、先月に契約は終了し、先週くらいから使用開始しているという。 仕事で昼間使うのみならず、夜も宿泊できる体制を整えたんですよ。

神奈川県大和市の某所、駅近物件のみならず、6階の最上階という・・・。
隣にもマンションはあるけど、可視光線ではなくてもっと長い波長の電磁波的に見れば、ほぼ見通し可能?な感じでしょう・・・。 この証拠写真的には・・・なので、一応下のほうはモザイクしてみましたが。w
BlogPaint
この写真のとおり、一応遠くの山も可視光線で見通し可能という、過去の自分の人生からみれば、まるで天国に生まれ変わったかのような?ロケーション。(^^♪

まあでも、冷静ですけどね。十分に狭いし・・・・(^◇^)

そして、こっちの記事の妄想もこのように具体化してみましたよ。

某所ムセンシステム
このように見ての通りなわけですけど、MX-62MとMFJ-945Eから下のブツは既にあるので、今の家から運ぶだけですな。
なので、ついさっき、MGC50の隙間ケーブルから上のブツを既にポチったですよ。全部到着したらいろいろと具体的に活動開始予定。



(2016.4.26追記)
さあいよいよ、ブツは揃った。なので車でそのマンションにアンテナとかリグとかを運んで、久しぶりにM型コネクタを半田付けして作って(なんとかウデは落ちてなかったww(^◇^)しばらくやってなかったもので・・・)、お次はマンションの部屋の現場作業か・・・・と思っていたのだが・・・・

マンションの掲示板に、
5月連休明け~8月まで、大規模修繕を行います。

はい、8月末までベランダ作業は中止ですね。
無理してアンテナを付けても、外部を覆う鉄骨とかが自動的に8月まではあるわけで、電波が出入りできるわけはないという・・・(´・ω・`)

まあ、の~んびりとやりますか。(^^♪


(2016.5.6追記)
マンションの掲示板をよ~くみると・・・
先日の大規模修繕の紙、その一番上には、「近隣のみなさまへ」そしてマンション名と住所も・・・自分のところじゃないじゃんwww
という、うれしい?ような情けない?ようなw情報を発見。
結果的には、すぐにでもベランダ作業してOKになったのでよかったということで。

BCLブーム『以前』の時代

昨日のQRLでも話題になってた「懐かしの」BCLブームの時代・・・の本などのお話。
どの番組でもネットでも本でも、結局スカイセンサーの時代なんですよね。
個人的には、そういう一般世間のBCLのブームの前に、マイブームはとっくに終了してたので、今一ノリが悪いですね。スカイセンサーなんか発売になる前に、5球スーパーを叩いて真空管ソケットの接触不良をだましながら、中波の北京放送を聞きまくって、毛沢東死去のその日の放送も聞きましたから。w (しかし、録音したカセットテープが消失したのが今でも悔やまれるwwwでも今ではだれかYouTubeにうpしてたけど。

具体的には、北京放送、モスクワ放送 & ジャミングの嵐wwwですよ。

普通に解釈すると、単にブームを追ったからそういう話題には世の中の人は触れない。ちょっとひねった見方をすると、そういう政治色のある内容自体が日本国ではタブー。 ただ、BCLで聞いてるだけなら、全然政治色はないんですけどね。(当時、小学生(中学?)だったし。www(^◇^) ) あまり普通はそうは思わないだろうな?とwww。

一見、言論の自由??なようで、実際は、この国でもタブーは多いのが実態。まあ世の中そういうものですよ

なので、敢えてこれ以上は文章は書かないで、いろいろ貼ってみる。(要するに、一番facebookにはそぐわない話題ということですね。といいながら、1年くらい前に、自分のfacebookにこの話書いたけど~

---

あの超強烈な「北京放送」の内容に触れられていないのが【ぬるすぎ】な、お上?の文章。
諸外国の短波による対日情報発信

「毛沢東語録」 「ピアノ協奏曲黄河」 「革命歌曲」・・・とか、「日本の同志のみなさん友人のみなさん。こちらは、ぺき~~ん放送局です。アメリカ帝国主義と日本軍国主義は張子の虎である・・・」とか、を平気で暗記してる人には常識な、こういうコンテンツ。






最後が切れていて、ものすご~く欲求不満になるですよね。なので、こちらをどうぞ。



わかる人だけ楽しんでもらえればおk・・・wみたいな~ (^∀^)

ベランダアンテナを考える(まだ妄想段階w)5

(前の記事のつづき)

というわけで、まだ部屋も決まってないのに、中古ワンルームマンションの高層階のベランダに、いかにして

楽に & 目立たなく & 効果的に

アンテナシステムを構築するかを早速考えてみたんですよ。

本当に、妄想だけは早いなwwww (^◇^)

普通に思いつくのは・・・
オートアンテナチューナ(ATU)にワイヤーアンテナと釣竿でやる。→釣竿が目立ち過ぎ&でかすぎる&もしいちいち収納しようとするととても面倒、
MLAでやる。→これは散々実験したが、重い&値段が高い&結構条件がシビア(チューニング等)&長くは無いけど別の意味で目立つ
ですね。この2つについてはこのブログでも散々検討and/or実験した。

さらに、自分の過去の経験からすると、
【実用になったアンテナ】・・・6m4エレ八木、今の14MHz自作室内ベントダイポール。
【今一だったアンテナ】・・・HFのマルチバンドGP、高価なMLA、小さいだけが取り柄なマルチバンドホイップ。
なんですよ。もう、どう転んでみても、
モノバンドアンテナの優秀さは否定できない。ですよね。あとは両方ともダイポールの原理から成る共振型アンテナ・・・なわけですけど。

*************

で、結論。
さすがにマンションのベランダではダイポールベースなアンテナは諦める。しかし、モノバンドはこだわりたい。
そして・・・こういうのを発見。

ラジアルケーブルセット

原理的には全然新しくないですが、モービル用のアンテナが全部使用可能になるというメリットはものすごく大きいと、個人的には感じましたよ。

で、さらに妄想・・・

モノバンドでさらに、・・・ローディングコイルを入れるならセンターローディングがいいというのはよく聞く話。一般に長さが長いほど高性能。なので・・・

コメットのHRシリーズ HR3.5~HR50
コメットのCSB7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

または、

第一電波工業の HF80CL~HF6CL
第一電波工業のSG7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

で、3.5~50をやるときには、いちいちエレメントをバンド毎に付け替える。(でもモービルホイップだから楽)
できればアンテナチューナーは不使用としたい・・・(付けてもいいけど手動の今のMFJ-945E)

さらに、無線をやらないときは、3.5~50も144/430も、エレメント自体を取り外しておくから、目立たなさという観点ではこれ以上は無し!

という、最重要な理由も。 だってそもそも、マンションのベランダって、個人で使うけれど所有権的には共用部分ですよ。これを肝に銘じないと、イザという場合には困りますよね。特に無線以外の普通の人生を送る上で わりとネット上のブログとか、アマチュア無線雑誌のような世界には全くなじまない論点ではあるものの、実生活上は一番重要ではないですかね~w

というわけで、一応、妄想だけは完了しますた。w 

発想の転換?

アマチュア無線を快適に出来るかどうかは、

1にロケーション、2にロケーション、3・4が無くて、5にアンテナ

だと個人的には思うわけですが、(移動運用という手もありますが、いろいろと別の制約がありますよね、やはり移動では・・・)

今までの自分の人生でのムセンに関するロケーションの経歴は・・・

・ ビルの谷間の木造住宅で開局。でも東方向は開けていた。屋根の上に屋根馬と50MHz 4エレ八木。
   ↓
・ ビルに囲まれた木造アパートの2階。そもそも時間的にムセンやる余裕は無し。
   ↓
・ 高圧線直下のSRC低層マンションの2階。そもそも時間的にムセンやる余裕は無し。
   ↓
・ 平地の木造住宅で、窓の外はいきなり隣の家の換気扇という環境。さらに、やはり周辺にはマンションのビルが。(現在)

というわけで、結局のところ、一番最初が一番良かったということに。

このブログに沢山書いたように、この現在の環境でいかにして無線に挑戦するか・・・というのを涙ぐましく書いたわけですけど・・・
ここで発想の転換。

人生、逆風の時にはそれに逆らわない。
なので、最近は、敢えて無線を無理してやろうとせず、無線以外のいろんなこと・・・・仕事・趣味含めて。・・・をしていたのですが。

*******************

全く無線とは関係ない理由で、中古ワンルームマンションをちょっと調べてみると・・・(主に仕事上の絡みで、駅に近い物件が必要になってきたというのが主な理由なんですけど)・・・中層~やや高層マンションのほぼ最上階の物件で、かつ、ベランダからの眺望が一応開けている物件を発見。(今ここ)

(^◇^) これって、単純に考えて、無線をやるという観点では人生初の順風なのでは・・・・?

というわけで、まだ全然部屋が決まっていないうちに妄想だけは膨らむwwwという。 (つづく)

Forty-9er 7MHz CW トランシーバー・キット

今日来たばかりのQSTを読んでる(ARRL終身会員なので、ちゃんと毎号来るんですよ。JARLも終身会員だけど対応は大違いですねwww)と、Forty-9er 7MHz CW トランシーバー・キットの記事があった。

なんか昔どこかで見たような気がしたけど、とりあえずググってみた。

多分ご本家?
US国内だとアマゾンで買えるらしい
e-bayにも出てる
一応日本語サイトだけど、アリババみたいですね。

作ろうとか買おうとかすると、現在こういったところしかない感触。

海外での製作記事ブログみたいなのは沢山ありそうだけど、日本国内で見つけたのは多分ここだけ?

とまあ・・・ 元々海外で出た流れだから当然としても、なんというかこういうところにも日本の存在感の低下がひしひしと・・・な感じですね~。何しろ、日本語で買える唯一のサイトが中国系・・・っていうのがまさに2016年の世界情勢を反映しているかのような。

---

いろいろ他のことで忙しくて、今こういうCWトランシーバー・キットを作ることはないですけど、でも、楽しいですよね!こういうのを見るのは。

なんといってもいいのは、大昔のノスタルジックな部品と回路に甘んじることなく、ちゃんと現代テクノロジーレベルでモノを作っているところですね。こういうのは国境を越えて尊敬しますね。

自動車用バッテリーがバッテリーあがりとなる・・・5

ムセンとは関係ないものの、去年買った車があって、ここの環境だと外出先は車はNGでバスと電車で行かざるを得ない場所のほうが多いので、車には週に1回位しか乗るチャンスが無い。なんとかバッテリーが上がらないように、でもちゃんと週1はエンジンかけて、しかも早急な用事がないのに都心まで高速を使って往復して60km位走ってくる・・・みたいな涙ぐましい努力をしていたにもかかわらず、それでもついにバッテリーあがりとなりました。

努力はムダだったみたいね。まあ、ここの場合、一般道路は常に渋滞しているし、坂も無いので、たとえ走行していてもエンジン回転数はいつも低いまま・・・だから、バッテリーを充電するよりも渋滞中で放電する方が多いような気もするんですけど・・・

トヨタのディーラーに電話してみると、「バッテリー上がりの救援はやってないので、保険会社に電話して頼んで工場まで持ってきてくれ」と言われる。。。まあ、世知辛い世の中ですな。w
まあそれでもいいんですけど、でもそうやって1回充電してもらったって根本的解決にはならないわけですね、当然ながら。

なので、充電器を即ポチったわけですよ。そして、もう他人に依頼する暇があったらそれはやめて、自分でやって経験値を積もうじゃないか!というのが今回の趣旨。

そこで、バッテリー充電器CV-1500を買ったのですが、この機械はバッテリー電圧が7.5V未満だと、見捨てられて充電モードに入ってくれないという仕様。で、バッテリーを取り外して実測してみると・・・

なんと、2.1V。  
 
12V用の普通の車用バッテリーですよ。w もうその時点で終わってる!ことは誰の目にも明白なわけですが。
でも、めげない。www 原因はわかっていて、単に週に1回しか乗らないという以上に、暗電流ですね。

前に乗っていた車には無かった、キーレスエントリーのシステムとか、そういう暗電流を食いまくる電装品が山盛りなこの車。まあ時代の流れだから仕方ないけど、昔のままのメカニカルキーだけのほうが余程便利だよ。 さらに、ナビも一応最新機種みたいのを付けたので、これも知らないうちに暗電流流れている可能性も・・・?

---

それで、CV-1500にも見捨てられた端子電圧2.1Vのバッテリーをいかにして救助するか?というのが今回のミッション。あ~、往年の、「スパイ大作戦」と「サンダーバード」が両方頭に浮かぶことよ。w 
となると、俄然やる気が出てくるのが「変人モード」ですね。

それでこのアマチュア無線のブログとようやく関連が出てくるんですが、そういえば前に自作した、秋月バッテリー(移動運用用)の充電器。結局、移動運用せずにただ4年間放置・・・していただけ・・・という情けない状態だったわけですけど。

何をしようかというと、この図のように、左の小さいのが秋月バッテリー、右の大きいのが車用の12Vバッテリー。で、現在の秋月バッテリーは4年間放置していたとはいうものの、まだ端子電圧9.7Vあったんですよ。
11なので、この図のように単に並列につないで充電してみようかという。。。

やってみたのが次の2枚の写真。(2枚目は接続部アップ)
DSCN2077

DSCN2078
もう、ヤバさ丸出しwwwですな。
単にミノムシクリップで、しかも長いのが無かったので短いのを数本つないだだけ。w
この、情けなく細い線の抵抗と、複数本テキトーにつないだ接点の接触抵抗とで、天然電流制限抵抗が構成されているわけですね。w
<いい子は絶対に真似をしないように。>
実際やってみると、程よく線が人肌くらいに暖かくなって、なおさら電気抵抗が増して電流制限効果が高まってるのが実感できるという。

データ的には、まずは接続前の各バッテリーの電圧
・秋月 --- 9.7V
・車 ------- 2.1V
それをミノムシクリップでつないだときの電圧値が8.75V。

つないでしばらく放置してみる。そしてまた電圧を測ってみる。
接続前バッテリー電圧
・秋月 --- 9.67V
・車 ------- 5.5V
ミノムシでつないだときの電圧8.44V。

という具合に、ちゃんと充電されてるんですよこれが! 
<いい子は絶対に真似をしないように。>

こうやって、車のバッテリー側の電圧が7.5V以上になれば、CV-1500が許してくれて充電を開始してくれるだろう?という目論見ですな。。。果たしてどうなるのか??

ちょっと秋月バッテリーが可哀想になってきたので、一旦外して、前に作った自作充電器で秋月バッテリーだけを充電し直してもう一回やってみる。こんな感じ。
接続前バッテリー電圧
・秋月 --- 10.0V
・車 ------- 6.0V
ミノムシでつないだときの電圧9.1V。

しかし、このように、なかなか7.5Vまでは行かないんですよ。しかも、一旦6.5V位まで電圧が上がったので、みのむしを取って、車バッテリー単体で電圧を測ってみると、見ている間にあれよあれよ・・・と5V近くまで下がってしまう・・・という現象に遭遇。

そこで、また、ヤバイことを考えてみた。この図のように、
22車用バッテリーと秋月バッテリーを並列にした状態でCV-1500に接続して電源を入れて、CV-1500の電圧検知回路が7.5V以上の電圧を検知して充電モードに入ったのを確認してからすぐに、手でこの図の青い×印のところを切断し、車用バッテリーだけを充電するようにしてしまおう。という作戦。悪く言えば、「CV-1500だまし作戦」ですな。

こういう方法は当然ながら一切推奨されておらず、どこにもやっていいなんて書いてない。
<いい子は絶対に真似をしないように。>


で、やってみた。

この2枚の写真がその様子。
DSCN2089

DSCN2092

これはお疲れさまの秋月バッテリーを、真面目に自作充電器で充電している様子。
DSCN2083

その結果、
ちゃんと、CV-1500が充電モードに入って、正常に充電が開始されました!

当然ながら、
<いい子は絶対に真似をしないように。>


一応まとめると、
この方法を開発したことにより、端子電圧が2.1Vまで下がったバッテリーでも正常に充電可能になるという結果を得たことになりますね。

今のところいい感じではあるものの、正常に充電終了まで行って、正常に車のエンジンがかかるのか?はまた次回ということで。



(2015.7.11追記)
ひととおり今回のが終わってから秋月バッテリーの充電終了電圧を見ると、11.8V位までしか行ってないんですね。
4年間放置していたせいかもしれないけど、でも、秋月充電器キットをただ作っただけなので、久しぶりにそのマニュアルを眺めたりして見る・・・けれど、どうも電圧設定・充電電流設定が完全に半固定VR廻しによる設定で、性能的には前時代的なんですね。
それで、今回CV-1500を買った時にいろいろ勉強した結果、DRC-300を発見。
しかもアマゾンだと、下位機種のDRC-200よりも安い。さらには、豊富な充電モードに加えてフロート充電・サイクル充電まで対応だって。さらに、
・DRC-300 --- 2.3 - 45 Ah
・CV-1500 --- 32 - 105 Ah
ということならば、安い値段でDRC-300を買いさえすれば、12V用の 2.3 - 105 Ah までの全鉛蓄電池を理想的に充電可能な上、45Ah以下のバッテリであればDRC-300に常時接続しておくことにより、非常用電源としてのバッテリーを満充電の理想状態でしかも放置で維持可能になるというメリットがあることになりますね。
なので、ちょっと自作品で名残惜しい感はあるものの、秋月キットを自作した充電器は廃棄して、DRC-300で代替&さらに高機能を狙うのがいい感じという方向になりそうです。


(2015.7.11の夜追記)
ついに、正常にエンジンかかりました! あとは数日様子を見て、新品バッテリーが用意できた段階でそっちに付け替えですね。敢えて危ないバッテリーで外出してリスクを冒すようなことは出来るだけしないようにしたいですよ。


(2015.11.29追記)
駐車場は基本的に北向きなので太陽の光は当たりにくいのですが、夏場はボンネットの一部には短時間直射日光が当たるので、太陽電池
SB-700 を設置してみましたよ。
その結果、夏場は太陽電池でまあ一応自己放電分はカバーできていたものの、さすがに冬場は苦しい。でも、バッテリーを外して充電するほどには減ってない。(しかも外すのは面倒くさい。外して戻した後のいろんな機器の初期設定がまた面倒)なので、結局時々用もないのにエンジンをかけてバッテリーの御守りをするという・・・やや元の木阿弥に近い展開になって来たので、DRC-600 を買うことにした。これは、2.3Ah~90Ahなので、車のバッテリーには対応出来るし、今回の目的はズバリ、フロート充電。但し、車庫は外部道路に筒抜けなので、セキュリティー上の問題・雨が当たる問題はありまくり。
そこで、バッテリーがちょっと要充電になってきた場合で、
昼間&自分が家に居て時々様子を見に行ける&天気が晴れ という条件を満たしている時を狙って、その時間帯限定でAC100Vの外電源コンセントから線を引っ張ってきてボンネットを開けて(できれば半開位に留めたい・・・)、フローティング充電をしてみよう。という計画です。数日中に実行予定。果たしてどうなるのか???

1年ぶりJT65

スクリーンショット (1)
このように、年に一回だけ5月連休にJT65に出るのがここ2年の恒例になっている感じですね。(^^♪

JARLに送るカードが何年も溜まるwのは良くないので、こうやって少しずつでも発行しないと~。

簡易クランクアップタワーがすごい!5

ちょっとネットで巡り合った、すごいサイト様を自分用メモ。

アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 1」

(((( ;゚д゚)))

おおーーー! VYFB。

ここのサイト様で書いておられるように、ほぼ木造建築の2階ベランダにしかアンテナを建てられない状況からすると、ここにある欠点がまさに身に染みるわけで。(最近はベランダアンテナも諦めて室内ベント・ダイポールをベッドの横に張ってるだけな始末。さらにはそれすらめげて、最近ムセンやってないとか~~(´・ω・`) )

しかしながら、一般世間にあるクランクアップタワーは、なんとも大仰。。゜(´Д`)゜。

大きさがでかすぎる。
 設置のためのスペースが必要。
  値段が高過ぎる。
   工事が大変。
    周りに与える威圧感が異常。
     メンテナンスが大変。
      不要になった時の撤去も大変そう・・・

 etc.... で、到底検討の余地すらない。 

と、自信を持って言える!? 状態なわけですが・・・
さらには、ごく直感的にみて、地面から2階までの地上高がもったいないですよね。w 独立型タワーだと。

----------------

しかも、自作ですか! すごすぎる!

こういう発想で、さらにはローテーターも無しでいいので、「お安い・お手軽・安全・目立たない」簡易クランクアップタワーが発売されないかな~?と期待したいですね~。

ちょっと現状では自作する時間&勇気&状況に乏しいもので・・・ 

HFV5をちょっと考えてみる

第一電波工業の、HFV5。 某所にて、実際にJT65でこのアンテナを使用して良い結果を得ているという情報をゲット。

しかも、普通のHFのアンテナに比較して小型なのでちょっと検討してみようかな~というところ。

とにかく気になる大きさと重量は、●全長:4m●重量:1.95kgとのこと。
う~ん・・・給電部やアンテナエレメント本体を屋根の上に出すには、マスト2本接合が必須。そうすると、こういう悪夢が思い出されるな~。

ちなみに、MFJ-1788 の重量は、約5.3Kg。それよりは半分以下で、しかも円のような構造ではないから少しはマシかもしれないが、でも各バンドのエレメント部分は広がっているからVX1000を上げるようなわけにはいかない。
しかも、もし新しくアンテナを上げたら、今のVX1000はどうするよ?という疑問が生じる。

う~ん・・・・・・・・・・

 でもいろいろ考えたいところではありますが。www

-------

(追記) アンテナ固定用工作に、イレクターを使うという手があるらしい。イレクター初めて知ったので、とりあえず自分用メモをしておいて、後で検討ということにする。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ