現実にここで自分がタワーなど上げることは100%不可能だが、ネットでいろんなサイトを見ながら妄想する分にはタダだ。

なんかもう、目も眩むような大アンテナを支える巨大タワー!なサイトばっかりで、すごいよね~。

ところで・・・
そうじゃない人のほうが勿論多いだろうけど、中には、一般人の感覚からしたら、こんなの怖すぎ・・・とか、もし事故とかで近隣に被害が出たらどうするんだろう・・・とか、見るだけで怖くなるサイトもチラホラある。

それで、一般論的に考えるに(あくまでも妄想よ、自分でやったことないから。)、普通の住宅地に建てると仮定すれば、まずはJARLのタワー損害保険に入るのは極初歩的に当然として、台風や落雷時のことを考えれば、多少費用がかかったってクランクアップにするのも必須。当然法律的にも、上空領空侵犯しないのも当たり前。と考えると、こういうふうになるのか?
1
下は道路、真ん中は自分の家とその敷地、左右が隣家の絵だ。このように、理想的に敷地のど真ん中にタワーを建ててちゃんと領空厳守したってこういう具合になるわけで・・・
この絵をみて圧迫感を感じないようでは既に神経がムセン病だろうな?一般人的にはもしこの家の隣に住んでてしかも15m位の高さの鉄塔があれば、あまり安心して眠れない気がするけど。
もしこの絵の青い〇の半径がもう少し小さければ、周囲に対する威圧感は少々減るだろうとは考えられるけどね~。
あとさらに・・・逆のパターンで、隣家がムセンやっててタワーを建ててれば自分が自分の敷地にタワーを後から建てるのは事実上不可能だ。さらに、やたら目立つことからくる弊害も。電波障害の可能性・さらにその冤罪?の可能性やら・・・
あと、ちゃんと建設後撤去するまでのうん十年間完璧にメンテナンスできるのか?仮に仕事で忙しくて1ヶ月残業休出出張ばかりで家に帰って無くても、台風が来てタワーの上のアンテナが半分折れたとしたら、近隣の眼は「単に怠慢で1ヶ月危険を放置してる」としか見ないわけで。


ならば、理想的な場合を考えると、
2
同じく下が道路、真ん中が自分の家と敷地で、家に比べて敷地が広大なので、家とアンテナの縮尺が全然上の絵とは違う。さらに、隣家どころか、隣の土地は全て農地か森林か山。国有地か共有地で将来も家が建たない環境なら理想的だ。
でもまあ、こんなに土地が広ければ、何も無理して高さを稼ぐタワーを高いカネ払って建てなくても、それこそビバレージアンテナみたいな広大な敷地にぴったりな進行波アンテナをだらっと張るだけでDXが59+20dB...みたいな気もするけどね。

つまり、タワーを建てるに理想的な場所なら逆に、タワーなんか必要ない?という?まあいいや、どうせ妄想だし。

・・・・・・・・・と室内アンテナを見ながらこんなマイナーなブログを書いてみるという。