PSK-31とかの受信実験の次は、変更申請かな~。
ただ、この時の作戦からして、2回目の申請ではリグ本体は全くいじらずに総通直通にしたいし、かつ免許状の記載事項(一括記載コード)の変更もなしにして、申請ではなくて届にして簡素化を図りたいもの。

まずは参考サイト様から。5箇所ほどピックアップ。
1,2,3,4,5
それで、一括記載コードについては次の2箇所。
1,2

PSK-31とRTTYは最低限やるとして、他のモードも加えられるのならば加えておいたほうが何かと便利なのでそれを検討してみる。
なので、各通信方式の電波形式と一括記載コードとの対応表を個人的な覚書として作ってみる。

RTTY---------F1B,F2B---3HA,2HC,2HAにはF1Bのみ。
            3HD(3.8M)には含まれない。
            3VAにはF1B,F2B両方含まれる。
PSK31--------G1B--------3HA,2HC,2HA,3VAに含まれる。
            3HD(3.8M)には含まれない。
アナログSSTV--F3F------3HA,2HA,3VAに含まれる。
            3HD(3.8M),2HC(10M)には含まれない。
デジタルSSTV--F1D,F1E,G1D,G1E(*1Eはデジタル音声付の場合)
         -------3HA,2HC,2HAには*1Dのみ。
            3HD(3.8M)には含まれない。
            3VAには*1D,*1E両方含まれる。
JT44/JT65/JT6M/FSK441/MT63/WSPR
      ---F1D-------3HA,2HC,2HA,3VAに含まれる。
            3HD(3.8M)には含まれない。
パケット通信--F1D,F2D--3HA,2HC,2HAにはF1Dのみ。
            3HD(3.8M)には含まれない。
            3VAにはF1D,F2D両方含まれる。
FAX-------------F3C------3HA,3HD,2HA,3VAに含まれる。
            2HC(10M)には含まれない。

なるほど~ 煩雑だけどこうやって書いてみれば、ここに書いた電波形式を全部附属装置諸元に書いても、それはすべて一括記載コードのどれかに含まれているから、免許状の記載変更は「なし」ということが担保されるな。申請ではなくて「届」にするための重要な確認な気がするけど~。

そうと決まれば、特に素晴らしいこちらのサイト様の記載を参考にして電波りよう子ちゃんのところに行ってみるだけだな?多分。(^∀^)