なんかこう、磁気ループアンテナの設計をExcelファイルでやってたら、ついでにMMANA-GALをいじりはじめて、はじめわからなかったけど結局LCの集中定数の入れ方も理解して、結局磁気ループアンテナのデータを自分でゼロから作って入れてみた。
MFJ-1786_88の条件をそのまま入れた。とりあえずこれ。
MMANAで遊ぶ
しかしシミュレーションしてみると、SWRが数百とか数万とか・・・なにしろインピーダンスがmΩ単位なので~
給電用のループを作ってみたりしたけどあまり芳しい結果にはならず。まあ実際に.maaファイルを置いてみたのでちょっと見てくださいよ。

MFJ-1786_88.maa

これをFTPでupしようとしたら、またまたトラブったというおまけまで付いているよ。

どうも個人的に思うに、こういう普通の原理で動いていないMLAみたいなアンテナを、本当にMMANAのような真っ当なシミュレーションソフトで計算できるのか?いろいろ検索して他の方がMLAのシミュレーションをMMANAでやったのを拝見したりもしたけれど、かなり給電部分のマッチングをマニアックにいじってある感じも?
なので本当にシミュレーションになっているのかは疑問。
大体、上の絵にあるような電圧電流の分布をしてないんではないのか?磁気ループなんだし?

なんかますます謎は深まるのであった。