JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。
14MHz JT65 で22年4ヶ月ぶりにオンエア復活後、CW練習や移動運用は中断、自作ダイポール室内アンテナでJT65、あとはウクレレQRLをやったりw(^^♪という感じでしたが、マンションの最上階ロケーションが手に入ったことから、新たな展開をゆる~く模索中(^◇^)

2011年02月

広島WASコンテスト

またまたワッチ。なんか猛烈に眠いけど。。

CQ WAS TEST ってやってますね。広島WASコンテストですか。こうやって、1回ワッチするごとに、1つコンテストの名前を覚えていくという。(またまた7MHz CW)

あーこの局長さん、頭いいな!レポート交換の 5NN のところだけ、猛烈に速いスピードで打ってる。これはいいな~

でもまだまだ肝心の内容は、CW速いのは全然取れないけど・・・

はたして実際に送信できるレベルに到達するのはいつの日か???

はじめて聞こえた14MHz、DX局

なんかもう、低次元過ぎるけど、はじめて14MHzで1局受信できた。
しかも海外。BA4DLというコールサインだけは取れた。あとは速過ぎて全く取れないうちに向こうがCLした。
上海の有名な局みたいね~。本当にWebで検索すると一発で出るのでいろいろと勉強になってありがたいものだな~。と、ただそれだけ。

なんか今日はコンテストやってるみたいね。

The 2011 ARRL DX CW contest の期間中だったのか・・・と、こっちのロケーションとかからすると全く関係ないイベントでもなんとかワッチに成功したというだけで驚異だな!

Quality Management System

Quality Management Systemか~。
こういうのとか、こことか。

昔は全然メジャーな略語じゃなかったけど、あの有名なISO9000がらみで、2000年から大々的に"QMS"が言われだしたみたいな?

まあそのうち、時期が来れば、JE1QMS がメジャーになるときもくるかもしれないよ。

・・・・・ということにしておく。

C級出版社とアマチュア無線界の現状?

なんか、某C級出版社の雑誌の関係者の方がこちらのブログを見て、
IC-7000を使ってる人を検索したら真っ先にこちらがヒットしたということで、それでこちらの連絡先が不明だったのでコールブックで調べていきなり宅急便で手紙を送ってきた。

で、IC-7000を使ってる人に使用感を伺い記事にするという。

こっちとしては、このブログ程度の範囲ならばいいものの、なにしろ「送信・交信もままならず十分リグを使用しているとは言い難い」ことや、あと、向こうが執拗に顔写真つきにこだわるので、「すばらしい製作記事や交信記録」を出したわけでもないのにプライバシーを全公開してそういうのを出すには抵抗あるという趣旨で返答。

向こうは締め切りがあって急ぐというので、こっちも仕方なくメールで即答したのだが・・・
   
   その後、なにも返事は無し。  
     (訂正)その後、ご挨拶頂いた。

向こうのそういう一方的な執拗な執着の条件を一切変える気配も無く、条件に合わなければ即「用済み」たいな。 (訂正)なので、ここのところについては、ノーコメントが妥当なような?

---------------

まああまり書くのはイヤだけど、まずはこちら。

IC-7000でググってみた

はい。このマイナーなブログが真っ先に検索されたんですか?????
いったいどういう検索条件で。wwwww

なんかこう、手当たり次第に検索してヒットした相手全員に同じ文面で手紙送ってるんじゃないの??という疑惑ありまくり。

40年も50年も前じゃあるまいし、マスゴミとかテレビとかに顔が出るだけで無邪気に喜ぶ人間が今時いると思ってるのかな~?まあ思うのは勝手だけど。

あと、最新機種ならともかくIC-7000みたいに昔出たリグの使用感を今更・・・なんですか?という感じも・・・

あと、ここのところのC級誌って、何十年も前から無線やろうとして
NGで、年取ったのでようやく復活wwwっていう(まさに当局そのもの )人間をターゲットにした記事がとても多いのだけれど、そういう趣旨の記事を書くと売れる → いつまで経っても若い人は入ってこない・・・の負の無限ループに陥ってる感がありまくりなんだけど。

-----

まさに ここにしっかり書いた とおり、真のフロンティアに果敢に挑む人について特集を組んで取り上げればいいのに。

今までアマチュア無線に興味が無かった人が、ふと本屋で記事を見て、「あっ!!」と思う内容の記事があればこそ、若い人が入ってきて活性化するんじゃないの?

あとはあれだ。確かにお子様向けのマンガや、子供が免許を取ってすばらしいっていう記事もいいけれど、そういうのって結局お子様向け。

つまり、老害的コミュニティの人間が、自分たちの優位性を保てる内容と相手だけを選んで、若い人を啓蒙していると勘違いしている社会そのもの。
自分たちのわからない分野を何で無視するかね。そんなに視野が狭いのか?本当に知らないでそうならば仕方ないけど、知っててそれをやるのは、合法的犯罪行為???みたいな?
勿論古いものの良さは否定しないし、尊敬に値する。何度も書いてる
「CW道」はその極致だな~。でも、FPGAとかマイコンがこれだけ当たり前になっている現代の状況とか、OFDMとかマイクロ波とか・・・をやってる人だって現実にいるわけだし・・・まあ文字でこんなことを書くのはイヤだ。
本来なら、ここでこんな情けない文を書いてないで、無言で「FPGA・マイコンをOFDM等に応用した製作記事を投稿」すべきなんだろうな~ 情けないことに、できないけどな~ 

あと、一言。
「ニコニコ動画や初音ミク・・・etc.」 界隈の世界を見てみるといいよ。文章など書かずとも、おのずと答えは出ているよな~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ