やはり熱は馬鹿にできない。何しろ、この地震・津波・原発事故で、
一番危機の原因になっているのが原子炉の冷却系が壊れたこと。

というわけで、なんか夜中の1時過ぎてから急遽配置換えをやってるんですが何か???
まあ、「睡眠で人生の時間を無駄に浪費しない!」という、お釈迦様の尊い教えを実行しているんだよ。ということにする。

まずこれが以前の配置。写真はないけど、右側のIC-7000Mの上にもろにCQ SSTV USBを置いてた。確かに熱的には厳しい。(でも受信だけなんだけど・・・)

そしてこれが配置換えの後。
急遽配置換え
もうお得意の・・・磁気ループのコントローラと、リグの電源と、
IC-7000Mを3階建て高層建築という。
そして右の地面に、CQ SSTV USBを直置き。下はメッシュだから下も上も空気で熱的環境は一気に最高になった
一応今のところ、30分くらいつけっぱなしだけど異常はなし。
そうそう、CQ SSTV USBを冷ましたらちゃんと症状が治っていた。まさに典型的な熱による動作不良だった。いろいろ勉強になるよ。

ついでに、表示部を公開。まあアレだけどね~

操作部とか・・・
こんな感じで、あまりカッコイイものじゃないんだけど
画面上に、JT65-HFとMMVARIダブル表示でJT65でもPSK-31でもドンと来い!という気合?なのに、何も信号が無いという空しさ。
リグの表示部は、さっきの7036kHz(USB)を示している。
時計はなぜか、ニューヨーク時間(でも冬時間だけど・・・)
画面の右下のは、前に自作した、JST/UTC時計のソフトだ。でも海外と交信しないから全然UTC役に立ってないよ。(^∀^)