まだまだ妄想段階だけど、これの続き。しかしもしAH-4とかを採用するとしたら、だいぶ配線が増えてくるので、同軸切換機とかをちゃんと入れてマトモに整備しないと・・・というわけで、こういうのをはじめ考えてみたけど・・・

切換機?
現に、VX1000の50MHz帯は、ケーブルつなぎかえるのが面倒でほとんど使えてないので、そういうのも無くしたいというのもある。

しかし、これだと左側のスイッチには50MHzは通らなかったりとか、微妙に問題がある。さらに、電波障害対策のコモンモードフィルタは無視できないだろう・・・というのも。

なので、こういうのを考えてみた。

無線アンテナシステム
なんと、HFのアンテナが3つも。さらに輪をかけて、50MHzの扱いが微妙に複雑だから困る。さらにいろんな部品の使用可能周波数を全部チェックしないといけない。さらに、リグから出る全部の線にコモンモード対策するのが理想だけど、現実的には太い線をトロイダルコアに巻くのはいろいろ大変だしとか。
電波吸収体とかフェライトシートとかいろいろ検索したけどあまり名案はなし。
AH-4制御線だけはトロイダルコア複数個に線を通して、144-430のケーブルはHF-50に出てるときは「リグから外す」というのが現実的解決方法か?まあ5W位ならばそこまで心配することはないとは思うけれど。
Duplexerを採用したことによって、操作の煩雑さは半減できるな。アンテナ切換スイッチが2つというのはイヤだから。

う~ん。。。 やはり、いろいろやろうとするとカネがかかることだけは間違いない。