というわけで、SWR=5 という数値が出てしまっては、ちょっとリグが不憫で。
実際、IC-7000M側のSWRの見かけ上の数値では、2Wではほぼ1なものの、5Wではいきなり∞。勿論実際の値とはかけ離れているだろうけれど、気分悪いことこの上なし。無駄になっている45%の電力は、不要輻射はもとより、リグの半導体その他の部品を確実に劣化させるためだけの熱になって浪費されている・・・(この節電のご時勢に!)なんて考えると、5Wにしてもいいことは一つもなし

なので、現状の設置でMFJ-1788を使っている限りでは、送信電力は2W以外にはありえない。ということになってきた。