ここの計画を粛々と進行中。秋月のバッテリーと充電器キットはもう買ってあるので、充電器をこのキットを使ってまじめに作るという件。こういうふうに、ボール盤とか周辺工具を地味に揃えていた。

リーマーへたいきなりリーマーを35年ぶり?位で使ったら、下手で穴が綺麗にならない。
リーマーで最後まで穴を広げてはダメなのね。ちゃんとかなり小さめに広げておいてから、丁寧にヤスリで寸法合わせをしないと・・・

配線完了まあなんとか、配線終了までこぎつける。

Tr取り付け後ろのTr放熱器は、基板取付用の部品だから、それを強引に接着剤で自作してネジでシャーシに取り付けられるように改造。なので、仕上がりはいつものようにw汚い。

正面これで完成。
キットの説明書のとおり、充電電圧と充電電流を調整する。
こういうふうに圧着端子平型メスで、バッテリーに接続するようにした。バッテリーは12V 8Ahなので、充電電圧 13.8 V / 充電電流 0.8A に設定する。これも説明書のとおりにやってみただけ。
電源入力は、秋月のスイッチング電源 19.5V にした。電圧が高すぎて余裕ありすぎ。なので、Trの発熱はそれなりにありそう。一応放熱器はキット付属の物ではなくて一ランク大きいのを使ってはいるのだが。

しかし、ほぼ満充電の一回も使ってない新品のバッテリーしかないので、完全な充電試験は出来ないので、初期電圧・電流を計測・設定して終わることにする。

これが完成図。

充電器完成

データを書くだけ書いておけば、将来わからなくなって困る確率が少しでも減るだろうという趣旨でいろいろと書いた。

鉛蓄電池を使って、FT-817で全力出力の5W運用を終日楽しんでも余裕!・・・になる予定の計画のための充電器だが、肝心のリグ関連の方はまだまだゴールには遠いのが現状ですよ。