ここで故障した、MFJ-1788磁気ループアンテナ。
その後完全に晴れた日を経過して、通常ならば全部乾いたことが期待される状態で通電しても症状は変わらず。

・・・・ということは、
一番イヤな、アンテナ降ろし工事  だ。
面倒なうえに気分が全く晴れないイヤな類の工事だけど、放置していても何も解決しない上に、ただアンテナがそこにあるというだけで、
「RFI冤罪リスク」に多少なりとも晒されるわけだから、そこは気分に
ムチ打って、万難を排してもやらないと。・・・

----

しかもここの構造上、まずは何の罪も無いVX1000を降ろしてからでないとMFJ-1788を降ろせないという問題が。
なので仕方なく降ろす。幸いVX1000は軽くて小さいので、それ自体は全く問題なし。

そして問題の、MFJ-1788。
磁気ループ本体の固定ネジをはずして徐々に位置を上下させてみると、なんと、水がダラダラ滴り落ちるでないの。 あ~。もう全く、
MFJ-1788自体の排水機構が機能してないみたいな症状。

次はもう、仕方ないので完全に降ろすわけだが、この磁気ループという構造上、一旦ループを上に上げてマストの高さを超えてからでないと降ろせないという。
---- マストを降ろすのはもっと大変なので、それは避けたかったという事情から。。。

で、降ろしてみるともう、大洪水のようにアンテナ本体から水がだばだば流れ落ちるという。
これはひどい。・・・・・
もう完全に内部の機構は水没状態にあったと言っていいほどの水量だ。コレ。
MFJ-1788敗退
完全に乾いていたベランダがこんな風に水浸しになるくらいに沢山排水された。

磁気ループを降ろしてからとりあえずは、VX1000を復帰。
VX1000
あーこれで一応、50/144/430については従前の状態に復帰した。(でもまだ、144/430では一回もQSOしたことがないという。w)

まあ良く解釈すれば、マストにかかる重量モーメントの量が劇的に減ったので、見た目的にも物理的にも、安全性は高まったと解釈できるのが唯一の救い。

-------------

そして問題のMFJ-1788。ベランダにただ置いた状態で同軸をつないで通電してみると、まずは同調周波数がずれている。最低が7150kHz、最高が24500kHz程度。なので、7MHz帯は使えなくなったし、でも24MHz帯はやはり使えないままだ。
一応14MHzのJT65の場所の14.076MHzに同調はするものの、裸の
SWRはほぼ無限大。前は3くらいだったのに。アンテナカップラーをつなげば見かけ上SWR1になるけど、そんなことしたって元のSWRが無限大なのだから、アンテナを撤去して同軸ケーブルだけから放射してるのと同じだから何の意味も無い。
まあ確かに、アンテナをベランダ直置きだと雨戸の戸袋の隣だから、金属板の隣で電波を出してるのと同じで最悪なのは当たり前ではあるものの、でも明らかに、昔このアンテナを室内アンテナで使ってたときよりも遥かに劣る性能。ここまでひどいと、戸袋だけのせいにするにはムリがあるだろう。

めんどくさいので箇条書きにすると、
● もしこのまま上げても、内部が死んでるみたいなので従来の性能は出ないだろう。
● 完全にバラしてもし完全に修理できればいいけど、それが出来る保証はないし、仮に出来たとしても、従来と同じ性能が出るのが精一杯。
● つまり、「どう頑張っても従来以上の性能は絶対に出ない」わけで、ここの壊滅的環境でそれをやる価値があるかは甚だ疑問。
というわけで、
● 仮に別の場所に引っ越すか、または四輪で移動運用するような事態になる場合以外は、このアンテナを使うメリットは無いだろう。
というふうに思ったので、同軸を外して「とりあえずはベランダに放置」ということにした。置く場所すら無いのが現状だし・・・・勿論、洗濯物干しに支障の無い場所まで寄せて放置は大前提だが。

---

実働(実QSO---14/21のJT65だけ。)で、約5ヶ月の命だったか。当初からいきなりコントローラーの異常で自分でバラして修理したのを筆頭に、いろいろメーカー製とは思えないクオリティの製品ではあったものの、ここの最悪の環境で、14MHz/JT65とはいえ海外とまでQSOできたという功績は大きいものがあるので、こういう感じのアンテナだけど「悪い」と決め付ける気には到底なれないわけで。多少というよりも、
「かなり」癖のある(製造メーカー的に)アンテナなのはガチだが・・・

-----

となると、現状HFに出られるのは、自作室内ダイポールだけ。
10-50MHzまで電波は出せるけど、ノイズは多いし性能は悪いし・・・なので当然ながらあまり期待は出来ず。でも無いよりはマシか。

あと・・・・例の総務省の件でダメダメになっているFT-817移動運用用の小さ目のアンテナを、室内アンテナで試しまくるwwwというお得意のパターンをやってみることになるのかも?