JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。
14MHz JT65 で22年4ヶ月ぶりにオンエア復活後、CW練習や移動運用は中断、自作ダイポール室内アンテナでJT65、あとはウクレレQRLをやったりw(^^♪という感じでしたが、マンションの最上階ロケーションが手に入ったことから、新たな展開をゆる~く模索中(^◇^)

JT65

FT8を調べてみる

ずっと細々とJT65をやってたのですが、どこのバンドを聞いてもこちらではJT9の信号は確認できず。
で、最近(とはいっても無線自体ほとんどやる時間が無いのでたま~~にだが・・・)ワッチしてみると、局数が多い7MHz帯あたりでは、変な信号が結構入る。
ちょっと調べると、FT8なんですね~ 今頃知ったよw。
手持ちのWSJT-Xはバージョンが古くて対応していないので、v1.9.1を入れて、受信してみた。こんな感じ。
WSJT_v191
アクティビティ的には、こちらの環境では、JT65とFT8がほぼ互角な局数、JT9はゼロ。たまにRTTYが入ってくる感覚。まあ、ロケーションとアンテナが、普通の局長さんよりもずっと悪い!のが大前提ですよ。今さら書くまでもないけど。w

ググってみると、FT8は、今の免許そのままでは出せなくて、なんか申請?届出?が必要みたいですね。相変わらずまだ包括免許になってないのね~。さすが、世界に取り残されたガラパゴス日本国。なんかどんな分野でも日本国のデフォになってるよねこういうの。ムセンなんかある意味どうでもいいけどwww、他の分野がそれでは本当にヤバいと思うけど・・・まあこのブログでは関係ないので省略~。

ちょっと調べて対応してみますかね。時代に取り残されると、またまた、交信してくださる相手の局長さんがゼロになってしまう・・・ので。

WSJT-Xに変更

スクリーンショット (6)
今までは、JT65-HFでずっとやってきた。何しろ使いやすいから。ていうか、わかりやすかったので。(^^♪

しかし、ネットで見てみると既にJT65-HFは開発終了しているそうだし、さらに、JT9とかをやる場合や、JT65でも最近海外局でよくみる、RRRと73を分けないで、RR73とかやるときには、どうやらWSJT-Xでないと無理らしい・・・ということをどこかで見たので、これを機会に乗り換えてみるか?と思った。

---

大和市の常置場所(しかしそれは再免許後なので、今は/1で移動場所のまま)では、モービルホイップを昼間取り付けてそれで一晩過ごして・・・また次回夜泊まるときには別のバンドのアンテナを・・・という感じで、細々と各バンドを運用開始していますよ。こういうスタンスで、3.5/7は1回やって、今回は初めて10MHz帯。

10.138で最初JT65-HFで交信して、それが終わってから、WSJT-Xを入れて、いろいろと調べて試行錯誤して、ようやくCQを出してみたり、相手のCQを呼んでみたり・・・したものの、今回は結局、WSJT-Xでは1局も交信できず。

なので、次回以降の課題というかお楽しみということで、のんびりやる予定ですよ。

この画像は、その、10.138でCQを出してみたけど応答なし・・・の時の様子。

はじめて大和市からQSO5

スクリーンショット (4)

ついに、大和市のマンションから電波を送信して、初交信を行った。

周波数は7MHz, モードはJT65。

7MHzでは、自分がCQを出すとほぼ一回で呼んでもらえる&CQを出している局を呼ぶとほぼ一回でとってもらえる。という、多分みなさんには当たり前でも、当局の基準では滅多に起こらないまれな境遇を経験出来た。

こちらの基準では、それだけで画期的な事件で、それだけで大和市に機器を移した効果は十分にあったと評価できる感じですな~

一時間くらい交信して、QSLカードを四枚も発行した。それだけでも大事件ですね。当局的には。w 

-----

で、実際問題便利なのが、Dropbox。
大和市で運用してログを書いて、それを町田市に戻ってQSLカードを作る・・・などをやる際に、データを全部Dropboxに入れておけば場所を気にせず参照できますからね。

と、いろいろと工夫しながら、少しずつ進めていく予定ですよ。

アンテナ工事完了(^^♪

前回の続きですよ。

まずは、3.5MHz帯のアンテナを組み立てて、取り付けてみる。
こんな感じ。
03_R
給電部は特性以前に事故が怖いので、ベランダ内部。なので、アンテナの取り付け取り外しは精神的負荷が無く気楽に出来るのはメリット。

で、これが外から見てどれくらい目立つのか?が知りたいところなので、外に出て写真撮ってみた。
30_R

46_R
どうでしょう?
最大限目立つように写真を撮ってみてこれくらいなので、肉眼で見るともっと目立たないす。
予想以上に目立たないという感じがしたですよ。
これはいいな~見た目的にはVYFBですな~。


そして、肝心の、アンテナ接続試験。各バンド毎に、アンテナを接続し、SWRを調整し、実際に受信してみる。
3.5~10までは、アンテナチューナー必須だったけど、14から上は、ほとんどチューナ無しで大丈夫な感じ。なので、アンテナの整合的にも良い感触。

しかし・・・実際の受信テストは厳しい結果だった。結局、実際の交信を受信できたのは、14MHz帯のみ。こんな感じですよ。
17_R
なので、14だけ受信出来て、他はダメ・・・っていうのは、町田のほうのロケーション最低の家での受信状況とほとんど変わらず。

・・・これだけで見ると、わざわざこの最上階マンションにリグとアンテナを移転したメリットはあまり感じられないという。 まあでも、各バンド10分弱くらい平日昼間にスキャンしただけなので、まだわかんないですけどね。


そしてこれが、144/430のアンテナの状況。
03_R
144/430については、同軸の配線が綺麗になるように、アンテナチューナーにも144/430の信号が入るような配線になってるけど、このアンテナチューナーはTHRUにしてもメーターが振れてしまうので、430あたりではメーターが振りきれて機材が痛む感じで今一。でも、430なんかやらないかもしれないのでしばらくはこのまま放置ですな。w やるときになってから考えるということで。


そして最後に、全部のアンテナを収納した様子が次の2枚。
これって、アンテナファームって言えるのかな~w(^^♪
39_R

53_R
この収納については、当初の目論見通りに運んでFBですよ。穴を開けて工作したタッパーへのアンテナの収納具合は絶妙だし、しかもアンテナ長さが2.2mという、マンションのベランダの高さにぴったり合わせた素晴らしい設計!になっているし(本来モービル用なのに )。

--

というわけで、運用以前の工事のフェーズは全て終了しましたよ。
さてこれからどうなるのか??意外と、工事するまでがモチベーションが高くて、実際完成してみると特性が今一であまりモチベーションが上がらないというのが今までのパターンだったけど、今回もそうなるのかどうか・・・・

IC-7300気になりますね。(^^♪

そこらじゅうで話題になりまくっていて、そして実際の性能や操作感が良く、値段も性能に比べて非常に安いという感じなIC-7300。あ、まだ買わないですよw IC-7000Mで頑張るしw

それ以前に、某所のマンションにアンテナを・・・が先ですよ。

しかし、いろいろ見てみると・・・
どうやら、IC-7100の時代から、PCとリグをUSBケーブルでつなぐだけで、ハードウェア的なインターフェース無しでJT-65出来るようになってるんですね。
あ~うらやましい・・・ ついこの前、Windows 8になったおかげで自作し直したばっかりだったですからね。

(^^♪

というわけで、買う予定はないものの、深層心理でIC-7300を検討することになりそうな予感。

1年ぶりJT65

スクリーンショット (1)
このように、年に一回だけ5月連休にJT65に出るのがここ2年の恒例になっている感じですね。(^^♪

JARLに送るカードが何年も溜まるwのは良くないので、こうやって少しずつでも発行しないと~。

JT65, JT9などを50から上で出る件

某所で情報を頂いた上でいろいろ調べたので、自分用メモ。

50-144-430でJT65を、ゆる~~~くやれないものか?と、前から思ってるわけですが、どうやら次の周波数が有望らしいので自分用メモですよ。でもちょっと忙しくてまだワッチしてみてはいないのですが・・・

50 --- 50.330MHz
144 --- 144.460MHz
430 --- 430.510MHz

時間をみつけて近日中に聞いてみる予定ですよ。(^^♪

CQ SSTV USBを windows 8 対応に改造して、JT-65復活!5

前回の続き。
バッファローのBSUSRC06シリーズが来たので実験してみた。というか、ドライバCDついてるけどwin7/8では不要で、いきなりUSBに挿すと
OSが自動認識してあっけなく正常動作するという。
すばらしいな!マイクロソフト。やはり世の中進歩してますね。

というわけで、ブツの動作確認はあっけなく済んだので、いよいろバラしの続きにかかる。
要するに、こういうことですよ。
説明図
この汚い絵は、ブロック図。で、デフォルトの製品はデフォルトと書いた点線が筐体の境界になっているところ、今回の改造では今回と書いた実線のように構成の一部を汚く外部に出そうということ。(正確には、デフォルトでは電源のためだけにUSBコネクタ一つ占有してるので、ハブは3ポートになっている。)
この構成のデメリットは、言うまでもなく汚い
せっかくきれいな筐体に開けられたUSBレセプタクル用の穴に、無造作に汚く電線を2組通すという。
そしてメリットは、なんといっても今後の歴史の変化にも対応が容易!たとえwindows9/10/11/12・・・な~んていう時代になっても、その未来の時点でまた、USB-RS232C変換コードを買ってくれば、無改造で簡単につなぎかえるだけで即動作OK。というわけですね。
さらに、このCQ SSTV USBはもともとかなりの高密度実装になってるので信頼性的に・・・な感じがあるけど、それが少し緩和されるかも??・・・みたいな。でも、実はちょっとまずい点があるんですよ。後で書きますが。

で、やってみたのがこれ。
全景1
ただ、この写真1枚ですべてがわかるわけですけど~ ( ^^)

で、使うケーブルまで全部写したのがこれ。
全景2
この中央の赤い矢印のところのUSBコネクタをつないで、筐体の中に押し込めるという。

そして、汚い作業公開。www
まずは、USB延長ケーブルを無残にぶった切って、切ったのをいいことに筐体の穴に通し、切った切り口を再度配線するとともにいつもの空中配線で、3つ又分岐して、強引に電源をここから取るという。
配線拡大2
というわけで、2013年、Windows 8 の時代になっても、やってることは真空管の時代の空中配線という。
もうお得意の十八番そのものですな~www

お次は、RS-232Cの4本の線の空中配線。これは単純にメスのコネクタに配線するだけ。端子番号わかんないので汚い字でボールペンでメモ用紙に書いて、それを見ながらやったという生々しい跡まで公開してるみたいな~w
配線拡大1


で、筐体に組んだのがこれ。
一見きれいに収まってるけど、実は、蓋を閉めると受信信号レベルがマイナス無限大dBになってしまうという症状が出たんですよ。
自作機ではもっともありがちな症状ですな。www (^^)/
よく見てみると、この写真の左上方の赤い矢印の奥に、USBサウンドのオーディオケーブル側が埋まってるのですが、そこが押されると微妙に接触不良が発生するのが原因みたい。
組んだところ
ここの、USB延長ケーブルのメスコネクタ~USB~USBサウンド~3.5mmピンプラグまでの経路って、直線になってるわけで、結構な長さになってしまう。実は、筐体の対角線の長さギリギリだったので、ピッタリ押し込むような形になったんですよ。なので、入れ方によっては無理な力がかかり接触不良になったという。
なので、ちょっと仕舞い方を変えて収納してなんとか動作するようにしたのですが・・・

まあ、こういう狭いところに物を入れると必ず誤動作の原因になりますね。前にCQ SSTV USBではこういうこともあったし。

言うまでもなく、狭いのは、あらゆる不幸の元凶であるとともに、コネクタに無理な力がかかった状態で使用すると、いつか必ず接触不良が起こるという、名言集wwwに書いてもいいくらいな事実がありますね~。

というわけで、本来ならば、例えば3.5mmピンプラグを市販品ではなくて長さが短い状態に改造?またはそれ用の部品を買ってきて収納する?みたいな対策をやるのが本来の姿なのだろうけど、今回はまあいいか・・・でとりあえずはこの状態で様子を見ることにした。w   まあ~ こういうところがアマチュアなわけですけども。

------

そして、この原因究明が終わったので、組んでみるとどうやら正常動作確認!

これが完成した、新シャックですよ。タオルで包んでるのがエレキーですよ。CWやるときはこれを出して使う予定ですが、まだやってないという。w 練習はこの新シャックでも開始したんですけどね。
新シャック完成


そして、前からある14MHzインドア・ベント・ダイポールでCQを出してみたら、なんと呼んでくださいました!
JG1の関東の局長さんありがとうございます!
この画面拡大するともしかしたらJT-65HFの画面でコールサインわかるかもしれませんが、とりあえずはここでは匿名でお礼まで。

Windows 8 で JT65-HF 復活を試してみる

いろいろ忙しくて無線関係は長い中断・・・だったけれど、まずは、部屋の抜本的模様替えをやってたんですよ。詳しくは恥ずかしいので省略wwwしますが。

それで、無線関係はこのようにまとめました。

無線環境一新
IC-7000Mのセパレート・パネルは止めて、普通に机の上に置く体制。
そして、メインPCでJT65やらCWの練習ソフトをやる体制も止めて、
無線関係は全部サブのノートPCに移行するというスタンスに変更
そしてノートPCも、Win8(64bit)に一新!

で、つないでみると、JT65の受信はできるみたい。このように。
Win8導入

しかし、送信というか、PTTテストをやっても無反応。
CQ SSTV USBについていたドライバCDからドライバをインストールしても今一。
なので、そのデバイス名から想像して、ProlificのPL-2303だろうと仮定していろいろ検索してドライバをダウンロードして入れてみたら・・・
ドライバが厳しい
Windows 8 is NOT supported......の文字が燦然と輝いていますな。w 

ProlificのPL-2303については検索するとこういうサイト様とかいろいろ出る。で、ここも見れるんだけど、肝心のドライバのリンクはもう死んでいる模様。   なので、検索してなんとかなる・・・という方向性は諦めることにした。

こういう場合、どうせ使われているのは古いバージョンのチップで、ディスコンでサポートも終了というパターンが最も有りがちかつ慣れているパターンだな。人生的に。w 

-------------------------

となると、残された道はただひとつ。 
        バラすか~。 
というわけで、ここでメンドクサイとか大変そう・・・とか考えてるようじゃ、自作派としては失格ですな。なので、本当は面倒・・・とか思ったけど真面目にばらしてみる。

CQ SSTV USB を、分解してみる。
CQ SSTV USBについては、作者様のサイトをみるともうサポートはとっくの昔に終了なさっているので、あえて問い合わせとか一切せずに、もう独力で改造?を試みることにする。
CQ SSTV USBばらし1
このように、左側にあるテープでぐるぐる巻きになっていた怪しい部材がいかにも怪しいのでそのテープを剥がしてみる。

CQ SSTV USBばらし2
さらに、基板下部にあるブツを出してみる。

で、全部仕掛けをバラしてみると・・・
CQ SSTV USBばらし3
USBハブで3分岐したあとで、そのうちの1つ目で電源、2つ目で音声送受信、3つ目でPTT制御みたいですな~。となるとやはりさっきの怪しい部材がターゲットみたい。

CQ SSTV USBばらし4
ちなみに見えているチップをアップしてみたけど、どうせこれはハブ用のMPXチップだろうから今回のテーマには関係ないのでスルーすることにする。

-----

このように、テープに巻かれた怪しい部材は要するにメーカー製のUSB-シリアル変換ケーブルだったんだろう多分。だから、型番わかんないようにこのように削ってあり、回路図とかの資料を見ても一切このあたりはウヤムヤにされているわけだ。まあ、売り物だとそのようにせざるを得ない・・・という事情はわからないでもないけれど・・・まあいいや。

ということは、一番安易に考えると、最新のメーカー製のUSB-シリアル変換ケーブルを買ってきて置き換えればそれで終わりじゃん。ということになる。
チップのメーカー調べて秋月・マルツあたりでチップかキットを買って・・・とか自分で半田ごて持っていろいろ作業するまでもない感じ。

なので、アマゾンとかで検索したりいろいろ他のサイトを見てみると、
win7 32bit までは動くけどそれ以降はダメとか、win7 64bitで動くけどwin8ではダメとかな製品がゴロゴロしている。
だから、win8で動作保障がある製品以外は不可ということになるな。

その結果、バッファローのBSUSRC06シリーズしかwin8完全サポートの製品は今のところ見当たらなかった。アマゾンで見てみると、2,036円か~。なので、ポチってみましたよ。
高い気もするけど、時間と労力のムダや機会喪失リスクを考えればある意味安いというふうに考えてみましたよ。

続きはブツが来てからのお楽しみということで。 

ノートPCにJT65-HFを入れる

ノートでJT65
こんな感じ。
たまたまほとんど使ってないXPのノートがあったので、JT65-HFをインストールしてみた。ちょっと画面が小さいのでJT65-HFの表示が苦しいんだけど・・・
しかし動作自体は CQ SSTV USB もUSBサウンド・ドライバも非常に順調。やはり、ダメだったPCはまさにソフトが原因みたいな。

というか・・・

この部屋で別のノートPCにインストールしても、従来と同じようにまた無線ができるというメリットはあるものの(でもCQ出しても無反応。さらにはノートPCにインストール後は受信できた局数すらゼロ。)、それ以上のことはない。

実は・・・・QRLで読まれたメールwwwにも書いたのだけれど、原付2種移動運用よりも、ちゃんとマトモに四輪車で移動運用が実現できるかもしれないという展開になる可能性があるんですよ。
ということは、IC-7000 + CQ SSTV USB + ノートPC を軽々と車に積めば、JT65で移動運用が出来るじゃんwという。

まだまだ練習段階のCWや、あまりやる気のないSSBや、もっともっとやる気の無いFMで電波を出すよりも、JT65ならば一番慣れ親しんだ電波形式(www (^o^)/ って、やっぱり変人だな。)なので、即交信可能?かも??とか期待してみる。

そうそう、さらには、故障してずっと放置しまくっているMFJ-1788を直して、これもコントローラごと車に積めば、あまり目立たないアンテナでHF移動運用という期待も高まってくるな。

と・・・・ 計画 妄想してる段階が一番楽しいという、いつもの展開www 

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ