JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

JT65

CQ SSTV USB 動作しなくなった1

JT65などをやるために、CQ SSTV USBを使ってUSBでサウンド入出力・COMポート制御をしているものの・・・
実はこの前全く別のWindowsのトラブルで、XPのBoot.iniとかが突然消滅して、いろいろと手動で復旧作業などをした。
その後・・・JT65が受信不能に。

CQ SSTV USBのマニュアルを見直して、ドライバもインストールしなおした結果、USB経由でCOMポートの制御は復活したのだが、USBサウンド入出力が不可能に。

送信も受信もできない。つまり、USBサウンド機能自体が死んでいる。(しかし、別のスピーカーを普段聞くための別ドライバのUSBサウンド機能は全く不変で正常動作している。)
コントロールパネルのサウンドのところなどを見ても、全部設定は正常なのに、送受信が全く不可能。

う~ん。わからない。
もうこのWinXP自体全部まっさらにして交換するべきなのかも?
メインマシンをWindows8が出たら買い換えて、それで全部一新するかな~?

というわけで、JT65も全く送受信不能という、ますます無線環境が悪化しまくっております。

ついに、室内アンテナでハワイと交信!5

ついにハワイが!
これですよこれ!
こちらの、悲惨さ極まる自作室内ベント・ダイポールアンテナで、先日のインドネシア、その後のウラジオストクに続き、ついに念願のハワイと交信。ハワイ、ホノルルの局ですよ!
14MHz / JT65 出力5Wで、-14dB / -21dB という。

ハワイといえば、何年も行ってないのは勿論、あのMFJ-1788磁気ループアンテナでも結局交信できなかった場所。それがこのしょぼいアンテナでついに成功。

まさに神の思し召しwww というか 

何度でも何度でもやってみるというのが大事みたいですね。多分、JAの強い局がいなそうな時間帯を選んでコソーリQRVしてみたのが勝因かも??? 

自作室内ダイポールでインドネシア交信!5

こんな感じで、磁気ループアンテナ撤去で盛り下がっていたものの、「こんなこともあろうかと」作っておいた14MHzをターゲットにした
自作室内ベント・ダイポールアンテナを早速使用。

確かにかなり苦しいが、一応電波状態がいいときには14MHz/JT65の信号は受信可能だ。
そして、CQを出している局を呼んでみると・・・

なんとインドネシア
おお、なんとこのアンテナで初めて交信。しかもDX。しかもインドネシアなんて初めて。

これは記念すべきことだな~。なにしろ誰が見てもしょぼいこのアンテナ。自作なのでMFJ-1788とは対照的に経費的には限りなくゼロに近いわけで。でも、測定器ちゃんと買って調整したのだが。

いや~でも、自作のしかもものすごくしょぼいこういうアンテナでDXが取れるとうれしいですよね。 

ロケーションPoorな限界が・・・・

ここから唯一まとも?(でも無いけれど・・・)に聞こえる
14MHz, JT65。時々ワッチしていると、ちゃんとどなたか出ておられるのが聞こえることもあるけれど、

DX=弱すぎて呼んでも取れない。
取れそうな強い局=もう全てQSO済み。

という状況になってきた。しかし・・・JT65で2nd QSOでラグチュー?なんてやらないだろうし・・・みなさん、こちらからは聞こえない本当のDX狙いでCQを出してるだろうのに邪魔?するみたいで悪いし・・・みたいな。

まあそういう状態の原因は、99.9999%くらい?ロケーションにあることは言うまでもないわけで。・゚・(ノД`) 、やはり移動運用に活路を見いだす以外に選択肢はないみたいなのが現状ですね。

運用以前に、いろいろ作ってみる(それ以前に妄想してみるw)のも楽しいけれど、妄想したり作ったりした作品が99.99999%ムダになって終わる....という現状を何とかしないと、人生も99.99999%ムダになって終わるみたいで。かなり改善の余地有りという有様ですな~。

ヨーロッパが開けている

おおおおお・・・ 
相変わらず14MHz, JT65だけど、ヨーロッパが聞こえているよ。
なんと、自分のリグでヨーロッパからの電波を聞くのは生まれて初めて。このまえブラジルも初めて聞いたけれど。

本日日本時間午前6時くらいに、

YO5OHY ルーマニア
UR3CTB ウクライナ
IK5UIM イタリア

の3局を受信したので全部呼んでみる。シグナルは-15~-20dBくらい振ってるので、向こうにも聞こえていても不思議は無いレベル。

しかし、結果は全敗。
パイルで負けたとかではなく、呼んでも全く無視される。向こうはCQを出し続けているのみ。
あ~全く聞こえていないということだけはよくわかったす。

----- まあ、このロケーションとこのアンテナで、ヨーロッパが聞こえた & 生まれて初めて自分のリグで聞いたという2つの特記事項だけでも御の字ということにしよう。

50MHzでJT65のCQを出す

14MHz帯以外では、ほとんど交信出来ないというより聞こえもしない
JT65。あ、でも、他のモードでもほとんど何も聞こえないけど。ここでは。 ・゚・(ノД`)

ところで、50MHz帯でJT65やるにはどこで出るんだろう?
ちょっと検索すると、EMEやる人とかは、50MHz以上ではJT65Bとかでやる人も居るらしいけど、そんなのは当然ここでは無関係。JARLバンドプランの狭帯域データのところでやるんだろうからそれも遵守しないと。

というわけで、なんとなく雰囲気で(独断で?)、
     50.310MHz で JT65 のCQを出してみる。
ソフトはそのままのJT65-HFなので、モードは多分JT65Aなのだろう。

→ というより、ワッチしても検索しても何もわからないので、ここのブログで
50.310MHz で JT65... と書いて、50MHzでのJT65の周波数の
デファクトを作ろう?という。・・・・変な?試みだったりする。
でも、誰も呼んでこないんだよな~ここのロケーションでは。(´A`)

CQ SSTV USB を修理する

前に書いたように、リグとPCとをつなぐインターフェースは、AUDIO
IN/OUT を使用せず、USBのみでインターフェースが完了する、
CQ SSTV USB を使っている。
機能・性能共に満足なのだが・・・最近時々様子がおかしい。

具体的には、受信レベルを設定してしばらくすると、突然レベルが20dBくらい下がってしまう。一旦そうなると、どこをいじっても治らないけれど、JT65-HFを一旦終了してもう一回立ち上げたり、CQ SSTV USB からUSBケーブルを抜いて再度差し込むと治る場合がたまにある。

またまたお得意の、
「世界で一人だけNG現象」かつ「故障再現性無し」のダブルで不幸
が襲ってくる、いつもの慣れまくったパターンだよ。

--

ケーブルの接触不良か?ソフトのハングアップか?温度による部品の劣化か?などなど、いくらでも原因は考えられるわけだが・・・ (このときは温度が原因だったが。)

    まずは、バラす

1
これだ。
う~ん。結構過密実装だな。特に自動車のエンジンルームで過去にいろいろ経験したけれど、過密実装な機械は、ただそれだけで故障確率が上がるんだよ。そうそう、こちらの磁気ループアンテナを狭いベランダに上げるときに、ただ狭いだけでこんなにも不幸になるって書いたとおり。

「狭いのは、あらゆる不幸の元凶。」

なんか、書初めにでもしてもいいくらいだ!まあ、首都圏で地獄の通勤電車に乗ったことがある人なら 100% 異論はないわな?。

で、写真の右上あたりにあるこの部分に着目。
2
このように、ここのコネクタ2つが、なぜか周囲よりも高さが高い。なので、蓋と干渉しないまでもかなりギリギリの位置みたい。
しかも、この背の高い2つのコネクタを手でいじってみると、かなり「ぐらぐら」するじゃん。

なので、ひっこぬいてみた。
3
こんな感じ。

------

一方、手持ち部品をあさると・・・
4
無理やりカッターやペンチで切断したんだけど、なんとかこういう背の低い2ピンのメスコネクタを2個調達してきた。

というわけで・・・
5
相変わらず汚い配線 & 熱収縮チューブとか一切無し!だけど、ハンダで配線しましたよ。
コネクタのぐらつきは、かなり改善された!さらに、コネクタ上部とケースとの干渉は高さが下がったので絶対的に皆無。

6
これが切断して除去したコネクタ。


まあわりと、電気系の人が作った装置っていうのは、電気的動作は完璧でも、メカ的or実装的に脆弱でそこから故障するというパターンが多いな。人の事いえないけれど。そこへいくと、ネットでいろいろ拝見する、機械系の方々が作った作品を見ると、おお!というばかりに頑丈だ。まあ、自分でやる場合、インフラが不足している上に作業場も狭いので、そこまでやる気が起きない・・・というのもあって・・・とてもNGだ。
あ~ ここでも狭いのが不幸の原因だよ。

--------------------------

とりあえず、組み直して様子を見ているけれど、今のところ順調。
まだ完全に治ったかは検証できないが、どうやらここが原因の可能性が高い。あ、あと、動作させるときは一旦JT65-HFを終了して再起動させないとダメだ。それをサボってつないだら、いきなり無反応になって、マジで壊したかと思って非常にあせった・・・・。

しばらくこれで、様子見ということにする。



(追記)
どうやら、配線しなおした左側の白と黒の線のコネクタが受信信号、右側の赤と黒の線のコネクタが送信信号がそれぞれ通っている線みたいで、ガタガタゆるかった白黒の線のコネクタと、ややゆるかった赤黒の線のコネクタを直したら、それぞれレベルが変わりまくっていた受信・やや不安定だった送信のレベルが共に上昇した上で完全に安定。
今のところ、完全に狙ったとおりの動作でしかも安定している。幸先のよいスタートみたいな。
でも相変わらず、KH6とかUS本土とかは聞こえては来るけど、呼んでも応答はナシ。。。

KH6OO局、交信できず

結局ダメだが・・・

こんな感じで、QRZ, AGN, AGN.......と、非常に親切に対応していただいたのだが、ダメだったよ。

先方の信号は、-15dB。こちらの信号?(もしかすると他の局だったりして?)は、-28~-19dBの可能性あり?。

さっきの記事のJA1某局とは全く逆みたいなパターンだけど、
「人生の真の意味」とは、ああいう人間の生きてる世界じゃなくて、
こういう世界にあるんだよ。ということにしておく。

さらにしかも、-28dBでハワイまで届いただろう!っていうのも、
「単なる妄想」だし。


しかし・・・・
昔のローカル局を含めて、ムセンやってるみなさんというのは、ああいう「あっち側の世界」に属する人がとても多い気がするのは何でだ? やはり、"Hobby of King" だからだろうか? 
あ゙、でもムセン以外でもそう感じることが多いから、単にこっちが一人でマイナーなだけか~。やはり。

これはひどいJA11

なんと、こちらのへぼいロケーションとアンテナなのに、14MHz JT65で、KH6OO局が聞こえるじゃないの。ハワイ・ホノルルだぜ!あの天国の~。
というわけで、先方のCQを呼んでみると、当然ながら他の局に取られる。その局はVK5だ。

で、そのQSOが終わると、KH6OOがCQを出す前に、一方的にVK5K○Pを呼ぶ局が。・・・・
で、VK5K○Pが応答したのでQSO成立。KH6OOは無視されて追い出されてしまった。

その呼んだ奴は、JA1○○○ とか。調べると、ここからすごく近いじゃん。なのに、こっちみたいな最低のロケーションと最低のアンテナじゃなくて、マトモなアンテナを使ってる局だよ。
 こいつワッチしてないか?または確信犯?だな。
こちらで聞こえているKH6が、マトモなアンテナでしかもローカルのこの局に聞こえてない訳が無い。

しばらくワッチすると、KH6OOが別の周波数でCQを出したので、それはチャンスとばかりに呼んでみる。

・・・・・でも全く感知されないのがマイナーな悲しさよ。
QSOできなくてこんな誰も見ないブログ書いてるんだから、マイナーここに極まれりという感ひとしおだな~。

JA1○○○ の奴は、終わったらさっさと引っ込んだよ。盗人は逃げるのも早いな。w しかし・・・Web上で顔を晒してるほどの太い神経だから、お空でやることも神経太すぎなのか?まあ、いい人生だろうな。やりたい放題?みたいだし。民間企業で辛酸なめたことも無いみたいだし、国立某機関とコネがあることを威張りまくっていらっしゃるみたいだが。

しかし・・・・ JA●● なんて、国民の税金で成立してるんだぜ。それを忘れる無かれ。という。
あ~ 北関東の別荘の内部まで・・・ いいのか?こんなプライベートまで・・・と、余りの無神経さに、逆に心配になってくるよ。w 

ついにはじめて、14MHz以外でQSO成立

とはいうものの、相変わらずJT65オンリーなんですけどね。
今まで、聞こえてはいても呼んでも応答はなかった21MHzのJT65で、初めてQSO成功。国内の局長さんですけど、とても目出度いす。

なので、それだけだけど記事にしたというレベル。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ