JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRLを弾いたりの後、マンション最上階からJT65/FT8などをゆる~く模索中(^◇^)

移動運用

究極の移動運用5

まだまだFT-817移動運用は現実化していないものの、いろいろやっている最中。

そんななか、FT-817で究極の天国の移動運用動画発見。



ハワイのマウイ島のビーチで、お気楽FT-817。釣り竿どころか、ただのランダム・ワイヤー運用。
別に豪華なタワーとかアンテナとか、パイルアップに勝つとか、そういう戦闘まがいな状況じゃなくて、本当にリッチな、究極のアマチュア無線の楽しみ方だな~という。

あ~ 真似できる御身分になるには、生まれなおさないとNGか??

FT-817移動運用システム

というわけで、いろいろ検討したので、例によってFT-817移動運用システムの絵を描いてみた。一部は発注済み、一部は妄想段階。

FT-817移動運用システム

まず、BNCには本体直付けアンテナを付ける事を想定。ダイヤモンドの
RH770がかなり良さそうだから、例えば山岳徒歩移動で、せっかく山なのでHFじゃなくて144/430とか上のほうでやろうとすることを想定して書いてみた。
Mについては既に妄想済みの、MP-1とT-1+釣り竿アンテナの組み合わせ。これも、余裕がある場所では釣り竿、ちょっと遠慮が必要な場所で
HFをやりたい場合はMP-1という使い分けができるから両方ともそれぞれ有用な気がするし。そうそう、アンテナは収納時寸法が原付2種に収まることが大前提条件。だから、車で移動しようと考えている人には多分参考にはならないと思う。
左下の色が付いているところは外部電源関係。
例の、自作12→13.8DC/DCを書いてみたのを筆頭に、そこに単1・単2乾電池や鉛蓄電池をつなぐというのもそのまま。あと、どうやら秋月で買った鉛蓄電池に限って回収もやってくれるみたいなので、秋月のバッテリーを買うという方向でも大丈夫になりそうな感触。
そうなると、充電器キットでも作るかな~?
ACアダプタというのは、広義の移動運用で、電車とかで行って泊まりで旅行したときに、ホテルの部屋でムセンをやることを想定した場合の措置。・・・ と、妄想だけは膨らむという。

それが一番楽しいわけなんだけどね~。
まあいいや。こういう絵を描くのは楽しいので、今回はここまで。

KX3がすごい!

今頃やっとCQ誌のデイトン・ハムベンションの記事を見て、
Elecraft KX3を知ったという。
噂では聞いていたけれど、当時はデマでは?ということだったのに。

KX3 Transceiver (Preliminary)
Elecraftがデイトンハムベンションで「KX3」を発表

これほどすごい内容で、$799ですか?
これはすごいな~。今年の秋冬みたいですね~。しかし既に、FT-817プロジェクトの方向で進んでるので、KX3に飛びつくことは無いものの、今後移動運用をメインにせざるを得ないという現状からすると、要注目のすばらしいリグになることは確実みたいな。

現状、HF~50でオールモードでポータブル・・・となると、事実上
FT-817の1機種しかなかったのがここ10年くらいの情勢らしい?けど、それが10年ぶりに崩れるニュースという解釈でいいのか?

 散財  楽しみ  の要素がまた増えたと解釈しておこう。

・・・・ただ、そういう10年ぶりのエポックの新製品が、完全に日本メーカーが蚊帳の外・・・で発表されるというのも、時代の流れを感じるな~というか。

FT-817のバッテリーを考える

前回の続き。

FT-817を買ったとして、さらにバイク移動用に、ダイワ タフバッテリーでもいいし他のバッテリーでもいいので12Vの外部電源を得たとする。

でもどうやら、FT-817の外部電源電圧のスペックは13.8Vらしい。
ああ、TR-1200と同じじゃないの。
なんという懐かしさよ。単2電池だったら9本コースだな。w
はい、こちらですよ。(^o^)/

TR-1200とFT-817といえば、こういうすばらしい写真を載せたサイト様がある。
をを、まさに昔やってたことと、これからやろうとしてることが1枚の写真になっているよ。 実にすばらしい。

ところで、こちらのサイト様にあるように、FT-817の外部電源電圧は、ちゃんと13.8Vあるのとないのとではパフォーマンスにかなり差があるみたいな?

なので、こういうDC/DCコンバータを自作された方もいらっしゃるよ。
バッテリーを2個直列にして24Vにして、そこから降圧コンバータで13.8Vにするならば、そういう製品も沢山あるし全然珍しくない。でも、やはりスマートさには欠ける。そこへいくと、12→13.8Vに昇圧するというのはスマートだな。製品では唯一 DC-DCアップバーター UP-1230A があるみたいだけど、25,000円くらいして高い。しかも、FT-817で使うには電流がオーバースペックでもったいない。

なので、仮に12→13.8V昇圧DC/DCを採用するとしたら自作がいいだろうな~?当然ながら、12Vの鉛電池を使うのが前提で12→13.8V昇圧DC/DCを採用するわけだから、原付2種のバイクの場所だけで運用するのが大前提だ。

--

では徒歩運用の場合は?
鉛系電池はちょっとイヤだな。重くて。リチウムは高いし怖いし。でも、徒歩運用をやる頻度は多分低いだろうということで、ならば普通の使い捨てのアルカリ乾電池でいいじゃん。
それこそ、単1・単2電池9本の世界だよ。ww (^o^)/ ほぼジャスト13.5Vで何の悩みも無いみたいな。
単1が9本でも、2kgよりは軽いとどこかのサイトにあったから、鉛バッテリーよりは確実に軽いわけで、まさに鉛電池と内蔵電池との中間の条件で運用できるというメリットがある。

いろいろ条件が変わると装備も変わって大変?みたいだけど、「それが楽しい」のがまさに趣味の世界の特権だということで。

整理すると、

● 原付2種の場所で運用
 外部電源はシール型鉛電池(+12→13.8V自作コンバータ)

● 徒歩運用
 外部電源は、単1電池9本、または単2電池9本。(両方あれば使い分けられるという利点も。)(両方持っていけばさらに有利という考え方も??)

バイク(原付2種)移動運用の検討

前回の続き。
CQ誌2011.7月号によれば、MP-1の収納時の寸法は32cmだそうである。このあたり、ネット上では数値は発見できなかったので、これを信じることにする。
一方、いろいろと過去に調べまくってアンテナ用の釣り竿を地味に買ったりしたのだが、その中で収納時の長さが一番短いのを調べると、40cmだった(渓流Ⅲ450白滝というグラスロッド)(まさに、こちらのサイト様の記載そのもの・・・)。

なので、実際の原付2種(ヤマハ グランドアクシス100)で現物あわせ。MP-1は勿論無いので、新聞広告を長さ32cmに丸めた筒を自作。そして実験。

32cm → 座席下の収納部に余裕で入る。後部の物入れにも余裕で入る。
40cm → 座席下に入れようとするとギリギリでアウトのように見えるが、その状態で座席を閉めると、ちゃんと蓋が閉まるので結果的にはギリギリセーフ。後部の物入れも対角線上の長さでギリギリセーフ。
という結果だった。

40cm はかなり危ない橋を渡る感じになる。まあ、MP-1で行くことにすれば悩みはなくなるのだが。

すばらしいコメントを頂いたので、T1を調べてみる。

T1 Miniature 20W Autotuner
Elecraft T1 小型オートアンテナチューナ
これはすばらしいな!。超小型・高性能・低消費電力、かつFT-817に最適化された機能。と、文句なしだ。SSBのままでもチューンできるとか、すごい。あと多分、常識的に考えて、エレメント長の長いT1+釣り竿アンテナの組み合わせの方が、MP-1よりは性能が上なことが予想される。(予想のみだが。)

どうも、コンパクトさと144/430MHz運用を取るならMP-1、
HF&50のみで性能をとるならT1+釣り竿というところか?

徒歩運用と違い、バイクの場合収納可能かというのが最重要ポイントになる。多少重いのは関係ない。両方ともそれぞれ利点と欠点が拮抗しているからますます悩ましいな~。 うれしいほうの悩みだけど。
また、徒歩の場合、仮に都心を電車移動してビルの屋上(でも当然コネがないと入れないけど)あたりでこっそり運用・・・みたいな場合には絶対的にMP-1でないと無理だな。逆に山奥や海岸のような広い場所なら釣り竿のほうがいいだろうし。
なんかこう、この流れだと、FT-817はもう決定事項?みたいな雰囲気になってるのが予算的に怖いよ。w

あとは電源。
釣具用のリチウムイオン(あのガンガンを筆頭に)は、高性能だけどとにかく値段が高い。あと、リチウムなのでなんか充電が怖い。一方秋月の鉛蓄電池は激安で、充電器の自作もキットを買えばすごく簡単みたいだけど、問題は「バッテリーの廃棄」。秋月のサイトのどこにも書いてないのがかなりマイナスポイント。だって、こういうタイプのバッテリーは、リサイクルボックスで回収もしてないし、自治体でも引き取ってくれない。販売店や製造会社が回収することになってるものの、秋月の対応は不明かつ製造は台湾メーカーとなると、回収は絶望的。産業廃棄物処理業者に個人がコンタクトして1個処理・・・なんてちょっとアレだし。不法投棄などはもっての外なのは言うまでもないわけで。

ダイワ タフバッテリー 12000Ⅲっていうのはどうだろう?充電器つきで1万円かかるけれど、容量は12Ah。秋月の手ごろなバッテリーと同等だ。ケースもある。明らかに国内メーカー品&国内釣具販売店扱いなので、廃棄の心配は無いだろう。今の世の中、物を買うよりもそれを廃棄する方が大変なのはもはや常識だから、廃棄料金つきで1万円ならば高くない?という計算も成り立つかも?それに、充電器がしょぼかったらそこだけ秋月キットとかで自作すれば楽しみも広がる?かもしれないし。

---------

なので、予算の計算をしてみると~

FT-817 約8万円。

MP-1 約100ドル。

T-1(FT-817アダプタも) 約200ドル。
釣り竿は既に購入済み。

バッテリー ダイワ タフバッテリー 12000Ⅲ約1万円。

となると、MP-1の場合総計10万、T-1の場合11万。あまり変わらない。両方買っちゃうと12万。そうなればいろんな場所で対応できるという。う~ん。。。。FT-817が大きいのが痛いな~これが安ければ文句なしなのだが・・・・

p.s. おっと・・・
まだCWもできてないくせに、一応移動運用用パドルを調べると、GHD GM701/707 あたりがいいのか?う~ん。製品はすばらしいのはわかるけど、やはりいろいろと予算が。 

今後の方向をどうするか考える

今まで、ここの最悪なロケーションと最悪なアンテナ環境(注※アンテナ自体は良いとは思うのだが。)で、なんとか
14MHz, JT65だけで出るということでやってきたわけだが、こういう
AH-4+釣り竿アンテナの妄想をしたりした。
あと、残念ながら14MHz / 50MHz 室内ベント・ダイポールは性能的にNGだった。
また、広い別の場所に固定局・・・という妄想もした。
なのでちょっと絵に描いて整理してみる。

運用選択肢
まず現状は一番上、青で書いた1番だ。そしてAH-4+釣り竿アンテナの妄想は2番。固定局の妄想は6番だ。

勿論、すぐに6番が実現できれば何の悩みも無い。しかし世の中そんなに甘いわけないよ。

さらには2番。これは周辺部品の一部は既に買ってあったりするのだが、でも、たとえこれをやったにしたって悪いロケーションと悪いアンテナ環境自体は不変。さらには目立たないように隠密運用 & RFIのリスクに24時間怯えながらの運用・・・になることは避けられない。
というわけで、どうもこの2番は不毛な選択肢なような気がかなりしてきたのが現状。

それで今読んでるCQ誌2011.7月号は移動運用特集だ。なので、現状と理想の間を埋める策として移動運用を考えてみることに。
CQ誌のバイクでの運用の説明に期待したんだけど、ほとんど詳しい記載が無くて今月号は期待はずれ。でも、たとえ載ってたとしても、こちらはしょぼい原付2種だし、原付バイクにリグとアンテナを固定して「モービル」はやる気ないから関係ない。
選択肢3の徒歩・4の原付2種・5の車ともに、歩行走行時にムセンをやることは考えておらず、あくまでもそれを使って移動して、どこか人の居ない場所に落ち着いて運用するというパターンのみだ。

3の徒歩。これは公園あたりに移動するのを含むけれど、実運用を考えると人目的に厳しそう。
そうなると、4・5のいずれか。ただし、4・5で移動したあとで、そこからかなりの距離を歩いて別の場所でやるという場合には、3ということになる。あと、現実的に、4の場合、長物の持ち運びは絶対無理!。背中にパイプをしょって運ぶことも理論的には可能だけど、バイクで事故とかあった場合に致命傷になりそうでリスクが大きすぎるので、あくまでもちゃんと荷物入れに入る範囲に納めることにする。

あと、1~6までで想定される and/or 現状使用しているリグ(とアンテナ)は次のとおり。

1/2  IC-7000M
3/4  FT-817 or KX-1 / ATAS-25 or MP-1
5   IC-7000M / MFJ-1788 or ダイポール or AH-4+釣り竿LW
6   FT-9000?? ? / DX-88

仮に5をやるとなると、経費は最小で済むけれど、事実上現在常置場所に置いてあるリグとアンテナは、車の中に置きっぱなしになる可能性が大。IC-7000Mのパネルを分離してようやく現在の机の上に苦労しまくって過密実装(本当に、アンテナもリグ周りも、狭すぎて不幸の塊みたいな)してるので、簡単に着脱して・・・なんて不可能だ。でも5をやるとなると、電源周りの整備が不可欠。車のバッテリーをそのまま使うつもりは全く無いので。

3と4を比べると、4ならば原付2種のそばでしか運用しないから、バッテリー周りとかリグの大きさについての制限は若干緩和される。ならば無理に小型のKX-1だけに制限しなくても、FT-817でやってSSB/FMで運用するのも悪くないかも。せっかく誰も居ない山奥?に行くわけだし、家ではRFIが怖くてできないモードでやるというのも一興。値段的にはMP-1が約100ドル、FT-817が約8万円くらい?まあ、やはり10万円くらいはかかるのか?
KX-1関連を揃えると、約400-500ドル位か?約半額?
でも5の四輪だって、ふみたて君関連みたいなのとか、アンテナとか電源とか発電機?とか・・・それなりにいろいろかかるので、リグを流用したにしても数万円以上かかるのは当然だろうし。
まあ、2番だって、AH-4買うので4~5万くらいかかってしまうわけだが。

う~ん。。。やはり何かをやろうとすると、順当にカネがかかるな。当たり前だけど。
ちょっとまた悩んでみることに。


(追記)
こちらのサイト様。えええ、こんな綺麗に1つの荷物になるんですか?これなら電車移動でもいいかも?意外と良い組み合わせみたいですね~、FT-817とMP-1。

パケット通信の類を調べる

今まで全然興味なかったけど、CQ誌5月号の付録がAPRS。
なので、謙虚に読んでみる。

いや~しかし、昔からこういうパケット関係の方式っていっぱいあって、何がなんだかよくわからない。ので、少々検索してみると・・・

パケット通信 (アマチュア無線)

ナビトラ
APRS

Echolink
D-STAR
WiRES-II

なんかもう沢山あっていやだよ。www

とにかく、GPSで現在位置表示をやるのがナビトラとAPRSで、事実上日本ローカル規格なナビトラはAPRSに吸収合併?されつつあるのか?

下の3つは、VoIPとかレピータとかの類なの??20年以上前にもあったレピータをデジタル化したものなのか?そもそも、20年前にあったようなレピータって今でもあるのか?

何しろ、144から上のしかもFMモードは、全く興味なしの分野だったため全く分からないというのが現状。

どうやら、日本オリジンの規格や、メーカー提唱のローカル規格ではない規格は、APRSとEcholinkみたいな?
こういう世の中の現状では日本発祥の規格が世界的に普及する可能性は非常に低いと言わざるを得ないので、この2つ以外は将来性的には・・・なんだろう多分。・・・

APRSとEcholinkか~
やる可能性は高くないものの、一応少しだけ勉強してみるか??

一般的な公園で移動運用すると仮定すると?

CQ誌とかカッコいいサイト様とかをみると、綺麗な風景の公園でスマートに運用~みたいな写真があって、しかも、オペレータ周辺だけがアップになっていてアンテナの全景がわからないような写真ばかりだ。

なので、一般人からみて果たして目を覆うような風景になっているのかいないのか?というところがわからない。

なので、そういう観点で、ごく一般的な全然有名じゃない公園の写真を撮ってみた。


ありがちな公園1
ありがちな公園でしょ~。
緑の矢印の方向は景色が良くて、晴れてれば富士山が見えるかな~とか期待してみんな集まってくるような場所。
そんななか、赤い矢印のベンチを占有してムセンなんかやってたら明らかに顰蹙だな。さらに、もしピンク矢印の柵かなんかに釣り竿アンテナを固定して、ベンチまで同軸ケーブル・・・な~んてやってたら論外だ。(スピーカーとかだとさらに論外wwwだけど。)

こういう状況だと、青い矢印の椅子だったら何とか許されるレベルみたいな?でも勿論、人によって感覚は違うから一概には言えない。ただ、そう簡単に釣り竿を固定できる構造にはなっていないし、仮に固定できたとしても、公共の建造物(立ち木も含む)にみだりに個人の物を仮固定でもいいから固定したら、かなりマズいだろう。

なにしろ、雑草?みたいな花1輪でも採ってはダメ!という場所が現在ではほとんど全てだ。

あと、夏場はまた違ってくるかも? 青い矢印のところは日陰になるから、お子様連れで日陰のテーブルでお弁当・・・を当てにしてきたのに、怪しい奴が釣り竿を伸ばして怪しいことを・・・というのは非常にマズい状況www。

そうそう、左側の青い矢印の下の白い看板には、
不審者は通報してください。」とはっきり書いてあるよ。

まあ、移動運用は別に怪しくもないし、球技のボールとかを人にぶつけて迷惑をかけたり、散歩に連れてきた犬が迷惑をかけたりするよりもずっとマシなのに、一般人的には アマチュア無線=不審者www みたいになっちゃってる現状のこの社会自体にも問題がある気はするけど、でも「それが現実」なのだから仕方がない。

----

ありがちな公園2
これは、さらに極端な例。
やはり、緑の矢印の方向が、景色がいい。なので、みんな苦労して坂を上ってきて、頂上で一息つくのがこのあたり。そこにあるのが赤い矢印のベンチ。
なのだから、ここでゆっくり食事とか・・・でもあまりいい顔はされないだろうな~。例えばこのベンチのある場所自体、かなり山をバックに写真を撮れそうな場所なわけだし。ピンクの矢印の柵もさっきと同様。特に赤いベンチに座ってピンクの柵に釣り竿アンテナを固定して騒音を出したうえで釣り竿で富士山への視界の真ん中に障害物。
な~んて、さすがにそこまでやる馬鹿者は居ないだろうけど・・・しかも、SSBでCQコンテストを叫びまくるとか、発電機も持ってきてとかwww
まあ冗談はさておき。

そう考えると、現実的にはかなり限定されるな。理想的にはアンテナ用三脚持参、折りたたみ椅子持参で、誰も居ないところでやる。というのがいいけど、公園とか登山道では途中のマイナーな場所は人がすれ違うくらいの広さしかなかったりする。ちょっと広い場所は全部こういう一般向けお食事用ベンチだし。

やはり、公園は却下で、バイクの機動性を最大限に生かして、誰も居ないマイナーな林道を登っていくのが正解かも?
「落石注意」とか「通行止め」とか「熊出没注意」(さすがに関東では大丈夫か??)とかの標識があるような場所で移動運用とか・・・やりたくないけどな~~~。 (´A`)

まあいいや、とりあえずの妄想ではそんなところ。



(追記)
結局、ATAS-25みたいなトライポッド・アンテナにする以外になかったりして。なんかもとの木阿弥に戻ってきたぞ。www
そうか~ KX1指定のロングワイヤーの代わりに、もっと短いVCHアンテナを自作して写真の三脚と一緒に移動すればいいんだなと。
ますます妄想が膨らみますね~。

VCHアンテナを考えてみる

CQ誌2011.4月号に影響された記事<第3回>

前にも書いたけれど、VCHアンテナについてのリンク先を列挙する。

VCH-ANTに関する私の考え
VCH式移動用釣竿アンテナ
VCHアンテナ製作の手引き
QRP移動用アンテナの詳細(4)VCH式移動用アンテナ
ワイヤーアンテナ/VCH
VCHアンテナを作ってみた(その1 材料編)
ベランダ隠密VCHアンテナ製作
VCH式移動用アンテナの製作と調整について

とにかく、釣り竿アンテナにするという大前提がある。さらに、CQ誌のp.76の記事にあった室内アンテナは、VCHアンテナの全長を、記事やサイトで紹介されているものよりも短くしたものだろう。14MHzだけならばそれで充分みたいな?

なので、

1. 紹介された寸法通り作り、全長5m弱の7/10/14MHz対応を狙う。
2. 室内に入る寸法に作り、14MHzモノバンドを狙う。

というのもあるし、上記1,2の中間を狙ってみることも可能だろう。
また、KX1と組み合わせてアンテナチューナを使う場合もあれば、仮に安定して調整が可能ならば、調整後チューナーなしで使うという場合もあるだろう。勿論、常置場所でIC-7000Mと組み合わせて使う場合もあるだろう。

というわけで、かなりの応用範囲が考えられるので、腰を入れてVCHアンテナを作ってみるというのも一興かもしれない。そういうのがハムの自作の醍醐味みたいな気がするよね。

釣り竿アンテナを考えてみる

CQ誌2011.4月号に影響された記事<第2回>

第1回のつづき。なので、KX1でCW移動運用をした場合に、アンテナをどうするかだ。

KX1のサイトを調べてみると、内蔵アンテナチューナーKXAT1の推奨アンテナは次のとおりだ。

7/10/14MHz  7.3m推奨 最低6m
10/14MHz        最低4.8m
14MHz         最低3.7m
(ground radial     最低4.8m)

これは、単に1本のワイヤーをつないだ場合が前提になっているんだろう。しかし、エレメントをこんな長さに伸ばしてしかも空中に立てるには、釣り竿アンテナにする以外の解決策は到底浮かばない。移動運用ならなおさらのこと。

----

なので、そこらじゅう検索しまくって、具体的にどういう釣り竿があるのか調べまくる。
その結果、現在売っているものに限定すると、ここここのサイト様の記載により、(ここで紹介されている釣り竿は発見できなかった。)

Guts グラス万能竿 剛 630 / 仕舞長 102cm
タカミヤ(TAKAMIYA) 白滝渓流3 450H / 仕舞長 40cm

の2つが最適なことがわかった。
そうそう、後で書くけど、VCHアンテナをやるには後者がいいみたいね。さらに、移動運用という点では仕舞長が重要になる。車を使わない徒歩やバイクの場合は特に。

なので、KX1につけるという観点では前者が、移動するという観点では後者が、それぞれ候補になるわけで、しかしさらに言えば、こちらの常置場所で臨時アンテナとして使うことを考えれば前者のほうが良い感じがする。
というわけで、その3種類のシチュエーションに全部対応すべく、2つともポチって来たよ。(^o^)/

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ