JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

VX-3

30年ぶり?で音声でCQ出してみる

なんとか暇を見つけて、はじめて原付2種にVX-3入りのかばんを載せて、某丘陵地に移動運用してみた。
ロケーションはとても良く、天気がよければ肉眼で富士山が直接見える場所なのだが、VX-3で144/430をワッチしてみると、両方ともメインチャンはカラ。たまにラグチューしてるのが聞こえるだけ。
いささか拍子抜けだった。てっきりここの常置場所のロケーションが悪いせいで聞こえないという原因がほとんどだと思っていたのだが、そうでもないみたい。

東京郊外の144/430って、本当に人が居ないのか?

まあ、平日昼間だったのが大きいとは思うんだけど。でも、このときに平日昼間に都心の高層ビルの上のほうでワッチしたら沢山局がいたので、リグやアンテナのせいではないだろう。

--

まあ置いておいて、CQが聞こえないなら、自分でCQ出してみようと、
433.02でCQを出してみる。433.0のメインでCQ出すのは怖いのでやめた。ww

5分くらいCQ出したけれど、無反応。あと、移動運用場所はあまり人が来ない場所なのだが今日に限ってちょくちょく人が来たので、ビビッて早めに撤収したというのもあるけど。

とりあえず、多分30年ぶりくらいで、マイクにしゃべってCQ出したので、それだけでお腹いっぱいになった。w
なので、最初の第一歩としては価値があったということにする。

変更申請が通ってた

これの続き。
ついさっき総務省見てみたら、VX-3の審査もついに終了になっていた。
日付は、2011年9月16日。今度は半月しかかかってないじゃん。w

しかし・・・・ ムセンやってる暇がなくなると、逆に審査が速くなっててもう通ってる件。
まさに「この世」ですな~。 

まあいいや。とりあえず、例の証票のシールがあるだろうから、2件まとめてSASEを送ってみようか?それでどういう反応があるかを見てみる。

あ、そうだ。ついでに~今度は全然急がないけど、そもそもFT-817が遅れる原因になった、「付加装置」分を、付加装置だけで申請してみようかな?これだけならTSSにならないことは既にIC-7000Mのときで実験済みだし。

ムセンやってる暇があまり無いけど、でも着々と一歩ずつ進めることにしようか~。

VX-3変更申請開始

某販売店さんからネット経由でVX-3購入。入金確認後速攻で送ってきた。すばらしい速さ。
なので、さっそく電波りようこちゃんのところに行って変更申請してみる。これ。

VX-3申請
この悲惨な有様。
赤で書いたのがFT-817でトラぶって、お上がご立腹?になったので、もう一旦取り下げた件。そしてピンクがその後出しなおした件。そして、今日VX-3増設で出したのが青。
ようやくピンクの件が審査中にステータスが変わったみたい。審査開始まで約3週間弱という。
まあ、最初のフェーズから積算すれば、既に2ヶ月突破してるわけだが。

ここで書いたように、あまり期待せずに待つことにする。
しかし日本って、こういうすごいリグを作ったりこういうふうに速攻で店から送ってきたりと、民間部門は世界一なのに、役所とか政治って最悪なのは何でなの?まあ、それが「日本」の定義なのだから仕方ないのだよ。と、勝手に解釈することにする。

まあいいや。腹を立てても自分が損するだけ。そういうのもひっくるめて楽しまないと。w 

-------

しかし、IC-7000MもFT-817もそうだったけど、VX-3もその多機能・超小型・高性能なこと驚愕ですね~。本当にこういうところに本来感謝するべきなんだよな~。「偉いお役人様」に頭を下げるんではなくて・・・www

とまあ、受信関連の機能を一通りいじってみるだけでもしばらく時間がかかりそうなので、総務省が遅いのもそのための時間をお役人様から有難く頂いたwwwと解釈することにしよう。 

VX-3を検討してみる

ハムフェアに行っていろいろためになったけど、行く前には全然関心がなかったのに現場に行って感心したのが、VertexStandard の VX-3。

これは劇的に小さいな。往年のTR-1200あたりとは雲泥の差。w 
当たり前だが。 

というわけで、D-STARとかC4FMとかそういう面倒&ムズい&高い&疲れるのは置いておいて、とりあえず一番手軽にちょっと無線をやるにはこういう超小型ハンディ機はいいんじゃないかな~?と思い始めてきた。

で、やはり対抗機種と比較してみるのが常道。ICOM の、IC-P7が対抗機種なのね。
いろいろ調べてみると、VX-3の方は、外部電源を付ければ3WまでQRO可能とか、乾電池にも対応してるとか、CW学習機能まで入ってるとか・・・そういう「アマチュア」的遊び心をくすぐる内容が盛りだくさん。いい意味でオタッキーだな~と。

そして、個人的にこれはいいと思ったのが、FM放送受信の時はステレオ・ヘッドホン対応というあたり。せっかくこのような超小型リグでゼネカバ受信機つきなのだから、普段無線をやらないときに聴くFM放送がモノラルなんていうのは単純に悲しい。それこそ30年前じゃあるまいし、今時ステレオヘッドホンやカナル型イヤホンは当たり前なのに。

あと、YAESUの推奨しているWIRES-Ⅱって、どこのメーカーのリグだろうとDTMFさえ出ればすぐに使えるのね。なんと気前のいいことよ。こういうところに、利潤追求とか技術の囲い込みとかそういうキタナイ次元を超えた良心を感じるな~とか。まあ、まだまだあまり詳しく知らないので第一印象だけだけど。

---

そうそう。ここに書いたような「総務省対策」というのもある。しかも、一番経費的にも安いし。
そういえば、ハムフェアの総務省のブース。やたら沢山人(説明員のほう)が居て、ちゃんと女の子まで居て呼び込みしてた。敢えて「ちょっと急ぐから・・・」とか言って断ってきたけど。
女の子はいいとして、こういう総務省のブースで説明をダラダラ聞く気など到底なれないのは言うまでもないわけで。「わかりきった事を説明してる暇で、さっさと審査しろよ。」という。
さすがに電波りようこちゃんのコスプレイヤーは居なかったけど~。

と、またまたVX-3の話がコスプレの話になりそうなので、この辺で終わることにする。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ