JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRLを弾いたりの後、マンション最上階からJT65/FT8などをゆる~く模索中(^◇^)

アンテナ

突如、大規模修繕をやるということに~2

大規模修繕準備1大規模修繕準備2ふと、マンションのお知らせを見たら・・・「大規模修繕を行います」ということで~

バルコニーに置いてあるものを全て撤去してください。

と・・・

いうわけで、自動的に、全アンテナシステムが一時的に強制撤去となりました。

このところ、東京近郊は雨ばかりで、久しぶりの晴れ間をなんとか都合をつけて利用して、1日で全部撤去してそれでなくても狭いワンルームの、狭い玄関に強制的に押し込むという作業ですよ。なんというか、全然ムセンやってないのにこういうのばっかりwww( ^ω^ )

写真、上 --- アンテナファーム。全部そのまま移動。土間に置こうとすると、天井の梁に引っ掛かって置けないのでここしか場所がない。

写真、下 --- 同軸とカウンターポイズ用電線と、一番邪魔な人工芝・・・。

狭くて居住性が悪化する上に、無線も一切できないとは・・・踏んだり蹴ったりですな~。まあでも、他の事でいろいろ忙しいのでそっちをやりますけどね。

はじめて大和市からQSO5

スクリーンショット (4)

ついに、大和市のマンションから電波を送信して、初交信を行った。

周波数は7MHz, モードはJT65。

7MHzでは、自分がCQを出すとほぼ一回で呼んでもらえる&CQを出している局を呼ぶとほぼ一回でとってもらえる。という、多分みなさんには当たり前でも、当局の基準では滅多に起こらないまれな境遇を経験出来た。

こちらの基準では、それだけで画期的な事件で、それだけで大和市に機器を移した効果は十分にあったと評価できる感じですな~

一時間くらい交信して、QSLカードを四枚も発行した。それだけでも大事件ですね。当局的には。w 

-----

で、実際問題便利なのが、Dropbox。
大和市で運用してログを書いて、それを町田市に戻ってQSLカードを作る・・・などをやる際に、データを全部Dropboxに入れておけば場所を気にせず参照できますからね。

と、いろいろと工夫しながら、少しずつ進めていく予定ですよ。

アンテナ工事完了(^^♪

前回の続きですよ。

まずは、3.5MHz帯のアンテナを組み立てて、取り付けてみる。
こんな感じ。
03_R
給電部は特性以前に事故が怖いので、ベランダ内部。なので、アンテナの取り付け取り外しは精神的負荷が無く気楽に出来るのはメリット。

で、これが外から見てどれくらい目立つのか?が知りたいところなので、外に出て写真撮ってみた。
30_R

46_R
どうでしょう?
最大限目立つように写真を撮ってみてこれくらいなので、肉眼で見るともっと目立たないす。
予想以上に目立たないという感じがしたですよ。
これはいいな~見た目的にはVYFBですな~。


そして、肝心の、アンテナ接続試験。各バンド毎に、アンテナを接続し、SWRを調整し、実際に受信してみる。
3.5~10までは、アンテナチューナー必須だったけど、14から上は、ほとんどチューナ無しで大丈夫な感じ。なので、アンテナの整合的にも良い感触。

しかし・・・実際の受信テストは厳しい結果だった。結局、実際の交信を受信できたのは、14MHz帯のみ。こんな感じですよ。
17_R
なので、14だけ受信出来て、他はダメ・・・っていうのは、町田のほうのロケーション最低の家での受信状況とほとんど変わらず。

・・・これだけで見ると、わざわざこの最上階マンションにリグとアンテナを移転したメリットはあまり感じられないという。 まあでも、各バンド10分弱くらい平日昼間にスキャンしただけなので、まだわかんないですけどね。


そしてこれが、144/430のアンテナの状況。
03_R
144/430については、同軸の配線が綺麗になるように、アンテナチューナーにも144/430の信号が入るような配線になってるけど、このアンテナチューナーはTHRUにしてもメーターが振れてしまうので、430あたりではメーターが振りきれて機材が痛む感じで今一。でも、430なんかやらないかもしれないのでしばらくはこのまま放置ですな。w やるときになってから考えるということで。


そして最後に、全部のアンテナを収納した様子が次の2枚。
これって、アンテナファームって言えるのかな~w(^^♪
39_R

53_R
この収納については、当初の目論見通りに運んでFBですよ。穴を開けて工作したタッパーへのアンテナの収納具合は絶妙だし、しかもアンテナ長さが2.2mという、マンションのベランダの高さにぴったり合わせた素晴らしい設計!になっているし(本来モービル用なのに )。

--

というわけで、運用以前の工事のフェーズは全て終了しましたよ。
さてこれからどうなるのか??意外と、工事するまでがモチベーションが高くて、実際完成してみると特性が今一であまりモチベーションが上がらないというのが今までのパターンだったけど、今回もそうなるのかどうか・・・・

アンテナ工事進捗(^^♪

これの続き。

まず、室内で、こういうのものを作ったんですよ。
38_R
後で外に出すんですけどね。

で、この穴に入るものは・・・・これだす。
10_R





一方、外のほうの工事は、まず、基台部分はこんな感じ。
40_R
ちゃんと、エフコテープを巻いた上からビニールテープを巻いてみたものの・・・本来なら、モービル用のL型のMコネのメスのコネクタが付くのがモービル用アンテナの世界では標準らしいのに、それをあまり知らなくて、普通に固定用のMコネオスのコネクタで同軸を配線し、M型のメスメス・コネクタで基台に付けたので、なんかテープを巻くのに一苦労wという、情けないことに。(^◇^)
まあ、なんとかなった??ので良かったですけどね。

表側はこんな感じ。
26_R
ここで書いたアンテナシステムを実現化するわけですね。 なので、ラジアルケーブルセットは必須。これでカウンターポイズを取りまくって、高周波的にGNDを・・・・という。電気は目に見えないというか、特に高周波はもっと目に見えないwwwので、まるで、
氣の世界を扱っているような感覚になりますな~。
意外と、そっちの世界と無線の世界は近かったりして・・・w 


はい、これがその、カウンターポイズ。
01_R

その反対側の、隙間ケーブルと同軸の接続部分。こっちも自己融着テープとビニールテープ2段重ねですよ。
40_R


そして最後に、このラジアルケーブルはとにかく見た目がサイテーなので、単にそれを隠すためだけに、人工芝。
36_R

01_R
というわけですね。

今日のところはここまで。
ここまでやれば、めんどくさい工事の段階は峠を越した感触ですよね。
しかも、雨が降っても大丈夫なように接続部分は処理済みなのでしばらく中断しても安心。
あとは、電気的な配線の段階にようやく入れるわけで。ここからの作業のほうが楽しいですよね~ ムセンやってる人はみなさんそうだと思いますが~(^^♪

to be continued.

なんと!、妄想が現実化!(^O^)/

先日書いたこの件、先月に契約は終了し、先週くらいから使用開始しているという。 仕事で昼間使うのみならず、夜も宿泊できる体制を整えたんですよ。

神奈川県大和市の某所、駅近物件のみならず、6階の最上階という・・・。
隣にもマンションはあるけど、可視光線ではなくてもっと長い波長の電磁波的に見れば、ほぼ見通し可能?な感じでしょう・・・。 この証拠写真的には・・・なので、一応下のほうはモザイクしてみましたが。w
BlogPaint
この写真のとおり、一応遠くの山も可視光線で見通し可能という、過去の自分の人生からみれば、まるで天国に生まれ変わったかのような?ロケーション。(^^♪

まあでも、冷静ですけどね。十分に狭いし・・・・(^◇^)

そして、こっちの記事の妄想もこのように具体化してみましたよ。

某所ムセンシステム
このように見ての通りなわけですけど、MX-62MとMFJ-945Eから下のブツは既にあるので、今の家から運ぶだけですな。
なので、ついさっき、MGC50の隙間ケーブルから上のブツを既にポチったですよ。全部到着したらいろいろと具体的に活動開始予定。



(2016.4.26追記)
さあいよいよ、ブツは揃った。なので車でそのマンションにアンテナとかリグとかを運んで、久しぶりにM型コネクタを半田付けして作って(なんとかウデは落ちてなかったww(^◇^)しばらくやってなかったもので・・・)、お次はマンションの部屋の現場作業か・・・・と思っていたのだが・・・・

マンションの掲示板に、
5月連休明け~8月まで、大規模修繕を行います。

はい、8月末までベランダ作業は中止ですね。
無理してアンテナを付けても、外部を覆う鉄骨とかが自動的に8月まではあるわけで、電波が出入りできるわけはないという・・・(´・ω・`)

まあ、の~んびりとやりますか。(^^♪


(2016.5.6追記)
マンションの掲示板をよ~くみると・・・
先日の大規模修繕の紙、その一番上には、「近隣のみなさまへ」そしてマンション名と住所も・・・自分のところじゃないじゃんwww
という、うれしい?ような情けない?ようなw情報を発見。
結果的には、すぐにでもベランダ作業してOKになったのでよかったということで。

ベランダアンテナを考える(まだ妄想段階w)5

(前の記事のつづき)

というわけで、まだ部屋も決まってないのに、中古ワンルームマンションの高層階のベランダに、いかにして

楽に & 目立たなく & 効果的に

アンテナシステムを構築するかを早速考えてみたんですよ。

本当に、妄想だけは早いなwwww (^◇^)

普通に思いつくのは・・・
オートアンテナチューナ(ATU)にワイヤーアンテナと釣竿でやる。→釣竿が目立ち過ぎ&でかすぎる&もしいちいち収納しようとするととても面倒、
MLAでやる。→これは散々実験したが、重い&値段が高い&結構条件がシビア(チューニング等)&長くは無いけど別の意味で目立つ
ですね。この2つについてはこのブログでも散々検討and/or実験した。

さらに、自分の過去の経験からすると、
【実用になったアンテナ】・・・6m4エレ八木、今の14MHz自作室内ベントダイポール。
【今一だったアンテナ】・・・HFのマルチバンドGP、高価なMLA、小さいだけが取り柄なマルチバンドホイップ。
なんですよ。もう、どう転んでみても、
モノバンドアンテナの優秀さは否定できない。ですよね。あとは両方ともダイポールの原理から成る共振型アンテナ・・・なわけですけど。

*************

で、結論。
さすがにマンションのベランダではダイポールベースなアンテナは諦める。しかし、モノバンドはこだわりたい。
そして・・・こういうのを発見。

ラジアルケーブルセット

原理的には全然新しくないですが、モービル用のアンテナが全部使用可能になるというメリットはものすごく大きいと、個人的には感じましたよ。

で、さらに妄想・・・

モノバンドでさらに、・・・ローディングコイルを入れるならセンターローディングがいいというのはよく聞く話。一般に長さが長いほど高性能。なので・・・

コメットのHRシリーズ HR3.5~HR50
コメットのCSB7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

または、

第一電波工業の HF80CL~HF6CL
第一電波工業のSG7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

で、3.5~50をやるときには、いちいちエレメントをバンド毎に付け替える。(でもモービルホイップだから楽)
できればアンテナチューナーは不使用としたい・・・(付けてもいいけど手動の今のMFJ-945E)

さらに、無線をやらないときは、3.5~50も144/430も、エレメント自体を取り外しておくから、目立たなさという観点ではこれ以上は無し!

という、最重要な理由も。 だってそもそも、マンションのベランダって、個人で使うけれど所有権的には共用部分ですよ。これを肝に銘じないと、イザという場合には困りますよね。特に無線以外の普通の人生を送る上で わりとネット上のブログとか、アマチュア無線雑誌のような世界には全くなじまない論点ではあるものの、実生活上は一番重要ではないですかね~w

というわけで、一応、妄想だけは完了しますた。w 

発想の転換?

アマチュア無線を快適に出来るかどうかは、

1にロケーション、2にロケーション、3・4が無くて、5にアンテナ

だと個人的には思うわけですが、(移動運用という手もありますが、いろいろと別の制約がありますよね、やはり移動では・・・)

今までの自分の人生でのムセンに関するロケーションの経歴は・・・

・ ビルの谷間の木造住宅で開局。でも東方向は開けていた。屋根の上に屋根馬と50MHz 4エレ八木。
   ↓
・ ビルに囲まれた木造アパートの2階。そもそも時間的にムセンやる余裕は無し。
   ↓
・ 高圧線直下のSRC低層マンションの2階。そもそも時間的にムセンやる余裕は無し。
   ↓
・ 平地の木造住宅で、窓の外はいきなり隣の家の換気扇という環境。さらに、やはり周辺にはマンションのビルが。(現在)

というわけで、結局のところ、一番最初が一番良かったということに。

このブログに沢山書いたように、この現在の環境でいかにして無線に挑戦するか・・・というのを涙ぐましく書いたわけですけど・・・
ここで発想の転換。

人生、逆風の時にはそれに逆らわない。
なので、最近は、敢えて無線を無理してやろうとせず、無線以外のいろんなこと・・・・仕事・趣味含めて。・・・をしていたのですが。

*******************

全く無線とは関係ない理由で、中古ワンルームマンションをちょっと調べてみると・・・(主に仕事上の絡みで、駅に近い物件が必要になってきたというのが主な理由なんですけど)・・・中層~やや高層マンションのほぼ最上階の物件で、かつ、ベランダからの眺望が一応開けている物件を発見。(今ここ)

(^◇^) これって、単純に考えて、無線をやるという観点では人生初の順風なのでは・・・・?

というわけで、まだ全然部屋が決まっていないうちに妄想だけは膨らむwwwという。 (つづく)

簡易クランクアップタワーがすごい!5

ちょっとネットで巡り合った、すごいサイト様を自分用メモ。

アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 1」

(((( ;゚д゚)))

おおーーー! VYFB。

ここのサイト様で書いておられるように、ほぼ木造建築の2階ベランダにしかアンテナを建てられない状況からすると、ここにある欠点がまさに身に染みるわけで。(最近はベランダアンテナも諦めて室内ベント・ダイポールをベッドの横に張ってるだけな始末。さらにはそれすらめげて、最近ムセンやってないとか~~(´・ω・`) )

しかしながら、一般世間にあるクランクアップタワーは、なんとも大仰。。゜(´Д`)゜。

大きさがでかすぎる。
 設置のためのスペースが必要。
  値段が高過ぎる。
   工事が大変。
    周りに与える威圧感が異常。
     メンテナンスが大変。
      不要になった時の撤去も大変そう・・・

 etc.... で、到底検討の余地すらない。 

と、自信を持って言える!? 状態なわけですが・・・
さらには、ごく直感的にみて、地面から2階までの地上高がもったいないですよね。w 独立型タワーだと。

----------------

しかも、自作ですか! すごすぎる!

こういう発想で、さらにはローテーターも無しでいいので、「お安い・お手軽・安全・目立たない」簡易クランクアップタワーが発売されないかな~?と期待したいですね~。

ちょっと現状では自作する時間&勇気&状況に乏しいもので・・・ 

HFV5をちょっと考えてみる

第一電波工業の、HFV5。 某所にて、実際にJT65でこのアンテナを使用して良い結果を得ているという情報をゲット。

しかも、普通のHFのアンテナに比較して小型なのでちょっと検討してみようかな~というところ。

とにかく気になる大きさと重量は、●全長:4m●重量:1.95kgとのこと。
う~ん・・・給電部やアンテナエレメント本体を屋根の上に出すには、マスト2本接合が必須。そうすると、こういう悪夢が思い出されるな~。

ちなみに、MFJ-1788 の重量は、約5.3Kg。それよりは半分以下で、しかも円のような構造ではないから少しはマシかもしれないが、でも各バンドのエレメント部分は広がっているからVX1000を上げるようなわけにはいかない。
しかも、もし新しくアンテナを上げたら、今のVX1000はどうするよ?という疑問が生じる。

う~ん・・・・・・・・・・

 でもいろいろ考えたいところではありますが。www

-------

(追記) アンテナ固定用工作に、イレクターを使うという手があるらしい。イレクター初めて知ったので、とりあえず自分用メモをしておいて、後で検討ということにする。

ついに、室内アンテナでハワイと交信!5

ついにハワイが!
これですよこれ!
こちらの、悲惨さ極まる自作室内ベント・ダイポールアンテナで、先日のインドネシア、その後のウラジオストクに続き、ついに念願のハワイと交信。ハワイ、ホノルルの局ですよ!
14MHz / JT65 出力5Wで、-14dB / -21dB という。

ハワイといえば、何年も行ってないのは勿論、あのMFJ-1788磁気ループアンテナでも結局交信できなかった場所。それがこのしょぼいアンテナでついに成功。

まさに神の思し召しwww というか 

何度でも何度でもやってみるというのが大事みたいですね。多分、JAの強い局がいなそうな時間帯を選んでコソーリQRVしてみたのが勝因かも??? 

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ