JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

CW

Forty-9er 7MHz CW トランシーバー・キット

今日来たばかりのQSTを読んでる(ARRL終身会員なので、ちゃんと毎号来るんですよ。JARLも終身会員だけど対応は大違いですねwww)と、Forty-9er 7MHz CW トランシーバー・キットの記事があった。

なんか昔どこかで見たような気がしたけど、とりあえずググってみた。

多分ご本家?
US国内だとアマゾンで買えるらしい
e-bayにも出てる
一応日本語サイトだけど、アリババみたいですね。

作ろうとか買おうとかすると、現在こういったところしかない感触。

海外での製作記事ブログみたいなのは沢山ありそうだけど、日本国内で見つけたのは多分ここだけ?

とまあ・・・ 元々海外で出た流れだから当然としても、なんというかこういうところにも日本の存在感の低下がひしひしと・・・な感じですね~。何しろ、日本語で買える唯一のサイトが中国系・・・っていうのがまさに2016年の世界情勢を反映しているかのような。

---

いろいろ他のことで忙しくて、今こういうCWトランシーバー・キットを作ることはないですけど、でも、楽しいですよね!こういうのを見るのは。

なんといってもいいのは、大昔のノスタルジックな部品と回路に甘んじることなく、ちゃんと現代テクノロジーレベルでモノを作っているところですね。こういうのは国境を越えて尊敬しますね。

Vadrum Speaks Morse Code (Drum Video) (モールス・ミュージック)5

モールス・ミュージックがあるのは昔から知ってたし、音楽にしてモールスを覚えるなんていうのは古い発想で珍しくもなんとも無いんだが、これはすごいですね~~~



ドラムがマジですごい。
何事も、極めると感動を呼ぶのだなと、改めて。

Morse Runner はじめてやってみる

今日も明日も今年は残念ながら、ハムフェアは行けないのだが・・・
ちょっとまえにダウンロードしてあった、Morse Runner をはじめてまともに60分間やってみた。その結果。

MorseRunner
ムズイ。もう15WPMでもアップアップ。
普段乱数で90文字で欧文・和文の送受信練習をやってはいるものの、こういう実際のコンテスト形式みたいな場面になると全然取れないことが判明。

やはり、最終的にはオンエアしてQSOするのが目的ならば、こういう実際のコンテストみたいなソフトで練習しないと・・・という感じ。

相変わらずなかなか電波出すほうは、諸事情あってアクティビティ上げられてないので、せめてこういうCW練習だけは継続してやりたいものですよね~。

和文モールスの時代がやってきた (^o^)/5

どうですか~。 モールス女子 とかいろいろ書いてたけど、ついにあの Google も和文モールスを正式に採用。

モールス符号で思いどおりの日本語入力

あ~ 今日中に見ないとなくなっちゃいますよ。w 多分。 

モールス女子の上を行く素晴らしさ!5

ここで書いた、モールス女子の件。

昨日のQRLを聞いていたら、あのわかるひとにはわかる、蒲田の日本電子工学院の濃い話題wの前に、既に「和文女子トン・ツー倶楽部」様が存在していて、まさにその方からの驚愕の情報が紹介されていた。

これはすごい。元自衛官のプロの方がやっておられると、和文のベテランでおられると・・・・
もう想像を絶する素晴らしさ。 (((( ;゚д゚)))

73 & 88 のほかに、33 というのもあったのですか。初めて知ったす。

いやーさすが、世の中は広い。 
上には上が居るものだ、と、いたく感動した次第。 

和文モールスの時代が到来するのか???(^o^)/

別ブログのここに書いたんですけど、女子オーディオがブームらしいですね~。
女の子とは一番縁遠い?みたいな雰囲気満載な、HiFiオーディオの世界に大異変が?みたいな?

そのうち、アマチュア無線が女の子に大ブームwとか、

   もうケータイとかスマホなんてダサ~~~イ。w
           これからは、和文モールスだわ


な~~~んていう時代が来る第一歩かも。???
という気がするので、こっちにも書いてみましたよ。

CW関連コンテスト結果を見てみる5

またまたJARL NEWSネタ。

電通大コンテストの結果が出たらしい。
そういえば、結局今年はCWのコンテストに3つ参加したので、結果がどうなったか見てみようということに。


電通大コンテスト 第30回結果
50MHz部門の栄光の最下位にあったよ~。

2011 6m AND DOWN コンテスト書類提出局全リスト
電信部門シングルオペQRP CPの栄光の最下位にありました~。

第7回ハムランドサマーコンテスト
これはまだ結果は出てないみたいな?


3つも参加して、うち2つもちゃんと結果リストにコールサインが載っていたらそれだけで満足という。

CW認定試験を見てみる2

JARL NEWSの最新号が来た。

このところ、なんかいろいろ忙しくなってしまって、電波を出すことがほとんどなくなってしまったのは寂しい限りだけど、地味にPCソフトでのCW欧文・和文送受信練習だけは継続している。でも、週に1回ペースでしか出来ないのでなかなか上達しないけど・・・

で、JARL NEWSによれば、2012.2.11の土曜日にCW認定試験をやるそうなので、詳しくはWebでとあったのでみてみると~

モールス電信技能認定

(_´Д`)  え~ 去年から全然変わって無いじゃん。
         こんなことだからダメなんだよ JARL

【NEWS】 2011年2月12日(土)に連盟事務局内で「モールス電信技能認定の実技試験」を実施します(終了) (2010.12.24付) とか今頃出してて、恥ずかしくないのかね?

アマチュア無線衰退の原因は、こういうところにもあるんじゃないのか?とか?

CQ誌別冊のTurboHAMLOGの記事の副作用を回避する5

最新号のCQ誌、2011.10月号はまだ見てないけど、先に別冊付録を読んだ。「一歩先のハムログ活用」っていう。
おー、これはためになるな~。はっきり言って使いこなしてないから知らないことが多いよ。で、ムズい機能は全然使わないけれど、JA0QRZとかいう場合の「ゼロ」のフォントがちゃんと斜線が入るようにするという記事。そう、12ページにあったやつだ。

早速Osakaフォントをダウンロードして入れてみる。実は、1987-1995年まではMACを使ってたから、Osakaフォントって懐かしいんですよね~。なにしろ、漢字Talkが出てすぐの頃、まだ日本語化も始まったばかりの頃買ったから、大昔・・・・。
と、昔話は相変わらずキリがないのでやめる。www

で、記事のとおりにやってみるとちゃんとうまく行って一安心。ついでに、いつも使ってるCW練習ソフトもOsakaフォントを指定してやって、これもちゃんと「オー」と「ゼロ」がはっきり出るようにしてみる。両方ともうまく行って言うことなし・・・・

 な~んて、甘いわけないだろう。 所詮この世
                   ですよ。 

実は、またまたお得意の、世界で一人だけ?かもしれないけど、SBI証券のサイトを開くと・・・HTMLのデフォルトフォントがOsakaになってしまうという副作用が発生していた。

要するに、SBI証券のサイト側で、Windows / Mac に対応して代表的なフォント名をCSSか何かで指定してあって(多分。だってソースコード見ても、Osakaフォント指定は発見できなかった。)、単純にOsakaのフォント指定の優先度がMSゴシックよりも上になっていたっぽいけど、一応SBI証券に問い合わせているけれどまだ今のところ返事待ちな状態。

まあ、ダウンロードするOsakaフォントを、ジャギーの少ないのにするという方法で、幾分ショックは軽減できるのだけど、でも、何の関係も無いSBI証券のサイトが影響を受けるなんてとても気に食わない。

当然ながら、そういういい加減なフォント指定をしてるSBI証券のサイトの作りがイモなのが原因なのだが、できればそういう相手任せじゃない方法で回避したいのが人情。
なのでちょっと調べてみることに・・・・・

-------

まずは、TTEditみたいなソフトで、Osakaフォント自体をいじってファイル名じゃなくてフォント名を別の名前に出来ないかを模索。でも、ダメみたいね。まあ当然なのだが。人様の著作物の名前を勝手に変更できるような仕様になってないのが逆に安心材料なわけだけど。でも、この手は使えない。

なので、Osakaフォント以外で「ゼロ」に斜線が入ってるフォントはないものか?という観点で検索した。
その結果、

[Font]0(ゼロ)に斜線が入るフォント(日本語可)
もう、すばらしすぎて涙が出るようなサイト様。 

まさに天の助け。なので、ここに書いてあるフォントを全部試してみる。その結果、
● TAKAOゴシック --- ちゃんと動くけど12ポイントでは品質落ちる。
● VLゴシック --- ちゃんと動くし、12ポイントでもまあ綺麗。
● IPAゴシック --- なんか、ダウンロード先が発見できなかった・・・

というわけで、
Osakaフォントを削除してから、VLゴシックを入れて、Turbo
HAMLOGとCWTWproの2つのソフトでVLゴシックを指定する
。」という方法を実行した。

こうすれば、SBI証券のサイトのほうはそもそもOsakaフォント自体が存在しないのだから従来どおりのWindows標準指定のMSゴシックが自動的に選ばれて問題なし。そしてハムログもCWソフトも直にVLゴシックを指定してるからこっちも問題なしというわけ。

一応絵を出してみる。

VLゴシック、これだ。
これがVLゴシックを入れる準備なところ。この赤い丸で囲ったやつだ。Pゴシックでは「ゼロ」に斜線が入らないのでNG。


CWTWproに入れてみる
まずは、CWTWpro。これはゴキゲンでしょ~。
今まで見にくかった、「ゼロ」と「オー」の判別がもう一目瞭然。和文にしても大丈夫だ。ここには出てないけど、ヰやヱもOKだ。


ハムログに入れてみる
お次はハムログ。こんな感じ。
まあ、Osakaを入れたときと大体同じような印象。ちょっと文字が薄い感触なのが今一だけど、でも見れないほどひどくはない。そこそこ使えてちゃんと、「ゼロ」と「オー」が<ムセン・クオリティー>なので、こっちも大丈夫みたい。

という感じで、なんとか回避できたのであった。

→ なんかこう、毎度ながら・・・電波出すよりも、こういうことばかりやってるみたいな。w 



(2011.9.20追記)
SBI証券から回答が来た。結果は、「わかんない」と。
多分、Webサイトを具体的に作る作業はソフト業者にどうせ丸投げだろうから、そこにまで問い合わせして追求する気は無いということだな。当然ながら、ユーザーが勝手にOsakaフォントなんか入れたのが原因で、別に「通常の利用」の範囲ではSBI証券に非はないわけで。
やはり自分で調べてみてよかったよ。とりあえず解決してるので。

ハムランドサマーコンテスト参加

はじめて、ハムランドサマーコンテスト参加してみた。

いや~ 相変わらず、CWはドキドキですよ。 
当然、CQなんか怖くて出せない & コンテストナンバーは予めワッチしておいてコピーしてからでないと怖くて呼べない。www という情けなさは変わらず。

まあでも、一応継続して細々と電波を出すということに意義を見いだしているわけですが・・・・

なぜか、今まで参加したコンテスト(CWのみだけど・・・)は全部
50MHzだという。なんかこう、開局当時の潜在的ホームグラウンド感覚?みたいなのがあるんでしょうね多分。

何度も、
● 速くて取れない。
● 呼んでもこっちが弱すぎて向こうに聞こえない。
● 強い局を呼んでもパイルに負けて取れない。
● 取ってもらっても、怖くて送信ビビって符号をミスる。
   というお得意のパターンの連続だけど~、まあそれで、今日はもう 4局も やったので、お腹一杯になったす~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ