JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

コンテスト

CW関連コンテスト結果を見てみる5

またまたJARL NEWSネタ。

電通大コンテストの結果が出たらしい。
そういえば、結局今年はCWのコンテストに3つ参加したので、結果がどうなったか見てみようということに。


電通大コンテスト 第30回結果
50MHz部門の栄光の最下位にあったよ~。

2011 6m AND DOWN コンテスト書類提出局全リスト
電信部門シングルオペQRP CPの栄光の最下位にありました~。

第7回ハムランドサマーコンテスト
これはまだ結果は出てないみたいな?


3つも参加して、うち2つもちゃんと結果リストにコールサインが載っていたらそれだけで満足という。

ハムランドサマーコンテスト参加

はじめて、ハムランドサマーコンテスト参加してみた。

いや~ 相変わらず、CWはドキドキですよ。 
当然、CQなんか怖くて出せない & コンテストナンバーは予めワッチしておいてコピーしてからでないと怖くて呼べない。www という情けなさは変わらず。

まあでも、一応継続して細々と電波を出すということに意義を見いだしているわけですが・・・・

なぜか、今まで参加したコンテスト(CWのみだけど・・・)は全部
50MHzだという。なんかこう、開局当時の潜在的ホームグラウンド感覚?みたいなのがあるんでしょうね多分。

何度も、
● 速くて取れない。
● 呼んでもこっちが弱すぎて向こうに聞こえない。
● 強い局を呼んでもパイルに負けて取れない。
● 取ってもらっても、怖くて送信ビビって符号をミスる。
   というお得意のパターンの連続だけど~、まあそれで、今日はもう 4局も やったので、お腹一杯になったす~。

電通大コンテスト、29年ぶりで参加

とにかく、最初にCWで交信したのが第1回電通大コンテストだから、今回は第30回だそうで、29年ぶり2回目の参加ということになりますね。

あ~やはり、CQ出すのは怖くて不可能。取れないし・・・
あらかじめ相手局のコンテストナンバーを他局との交信をワッチしてコピーしてからでないと、怖くて呼べないという情けなさよ。

E-LOG MAKERで作ってみるのも2回目。結構戸惑った。それをさらに、手で修正。どうやら、42点みたいな。?
50MHz部門に既に提出済み。

局数は4局。でも、今までの何も出来なかった期間に比べれば、格段の進歩ですよ。 

E-LOGでコンテストログを作って初提出5

そういえば、まともにJARL主催のコンテストに出て、ちゃんとログを提出するって初めてか!Σ(゚д゚;)

あまりのやってなさに唖然。まあいいや。これからやってみればいいだけのこと。
で、もう世の中進んでるから、紙で出す必要は無いわけで。

JARLのサイトだと、こことかここか?

でも、せっかくTurbo HAMLOGに入れたデータがあるのだから・・・と、調べると、E-LOG MAKERがあるのね。これはすばらしい。
JARLはこういうところは実にしっかりしていてすばらしいな。って、実際に運用されている方々の英知の結集。こちらみたいに実運用が決定的に不足していると、いろいろわからない事だらけだ。
その分、辛酸だけは舐めまくったけど、何十年も。

まあ置いておいて、こういう感じでログが立派に仕上がる。すばらしい~。ログインポートすると、なんかカッコイイ。
elog
たった12局だけど、でも多分、1局の交信で終わっていたら、こういうログインポートしようというモチベーションはわかなかったと思う。なのでいろんな意味で有意義なコンテストであったな~。

で、E-LOG MAKERから直にテストメール送信をやってみると、OutlookExpressを立ち上げられそうになるけど、こちらはThunderbirdを使ってるのでそこはキャンセルしてそこからは手動でコピペして、テストメールを送る。OKだったのでそのまま、本番提出メールも送った。

そしてここから、JARLで受理したことが確認できるのね。

おお、あったよ まあ当たり前だけど。
でも、現時点で総計190人のなかにちゃんと入っているというのは、ある意味名誉なことだな~とか自己満足。w したりして。 (^o^)/

6m AND DOWN コンテスト、CWで参加5

あ~ついに、CWでコンテスト参加。

ログを調べたら、CWで交信したのは1982年7月の、第1回電通大コンテストのとき1回だけだったという。
つまり、ようやく、無線を20年以上ぶりで再開してから、はじめての
CW送信&交信が、CWの2回目のQSOだったという。しかもコンテスト以外、ビビッて怖くてまだ出来ないし。w 

でもまだ、FMとかSSBとかは無交信。ここのロケーションでマイクを使ってしゃべるのは、RFIのリスクが大きすぎ&住環境的にかなり厳しいし、あまりやる気ないので移動運用以外ではやらない可能性が大。

何局交信したかって? はい、まだ1局だけ。 それだけで、かなりお腹いっぱいなったという。

とりあえず、目出度いのでQSLカードでも書いてくるかな~ w



(追記)
数局やったら、なんか、やはりビビッて、単純なコンテストナンバーでさえ打ち間違える有様。
なので、これくらいで止めることにする。

東京コンテストをワッチ

久しぶりでコンテストをワッチ。東京コンテストのCWのみ。
う~ん。相変わらず、21/50/144共に、コンテストのときだけ局がいるみたいな。しかし、21/50はどの局もS1で相手は聞こえず。せいぜい2~3局か。
しかし、144は違った。本当に沢山聞こえるじゃん。ここで無線機の電源をオンにしてからは初めての経験だな~これは。しかもたまに、S5位振る局もいる。

しかし・・・ 弱い・速い・取れない・・・ の三重苦で、内容はコールサイン位しかわからない場合が90%。

またまた、しばらく受信オンリーになりそうな感じですな~。

JARLコンテスト参加証廃止とは・・・・

これも、Webをぶらついていて知ったのだが、JARLコンテスト参加証廃止だそうな。

こういう、底辺にだけ関係しそうなことは、全く予告無く突然不透明に決めるな~、さすがJARL。

これでますますコンテストなんて、"Hobby of King" になるだろうことは想像に難くない。
ていうか、上位参加者に表彰の盾みたいのを贈るなら、そういう人からカネ取ればいいのに?って現状取ってるの?どうせ関係ないから興味ないのでそんなことすら知らない。

まあ、どうでもいいけど。

但し、今後チャンスがあればはじめて(厳密に言えば2回目位か?)
JARLのコンテストでも出てみるかとか思っていたけれど、そういう気が失せたのは紛れも無い事実。邪念が消えて良かった?ということにしておこう。w

さあ、予定表カレンダーから、ALL JA コンテストを抹消してきたぜ。
すっきりした。

広島WASコンテスト

またまたワッチ。なんか猛烈に眠いけど。。

CQ WAS TEST ってやってますね。広島WASコンテストですか。こうやって、1回ワッチするごとに、1つコンテストの名前を覚えていくという。(またまた7MHz CW)

あーこの局長さん、頭いいな!レポート交換の 5NN のところだけ、猛烈に速いスピードで打ってる。これはいいな~

でもまだまだ肝心の内容は、CW速いのは全然取れないけど・・・

はたして実際に送信できるレベルに到達するのはいつの日か???

はじめて聞こえた14MHz、DX局

なんかもう、低次元過ぎるけど、はじめて14MHzで1局受信できた。
しかも海外。BA4DLというコールサインだけは取れた。あとは速過ぎて全く取れないうちに向こうがCLした。
上海の有名な局みたいね~。本当にWebで検索すると一発で出るのでいろいろと勉強になってありがたいものだな~。と、ただそれだけ。

なんか今日はコンテストやってるみたいね。

The 2011 ARRL DX CW contest の期間中だったのか・・・と、こっちのロケーションとかからすると全く関係ないイベントでもなんとかワッチに成功したというだけで驚異だな!

年末コンテストですか?

久しぶりに、7MHzを聞いてもちゃんとCW, PSK-31, RTTYが3つとも受信できるという状況に遭遇した。

検索すると、第10回年末コンテストみたいですね。
(RTTYは関係ないけど)

今回はわりと、聞こえている局の相手局もなんとか聞こえる場合が多いみたいな?しかし、フルに全部解読するのは至難の業。。。

なので、送信するのはまだまだ先・・・になりそうな状況はあまり変化なしという。
まあ、継続していれば、なにかいいことあるだろうということで!

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ