JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。
14MHz JT65 で22年4ヶ月ぶりにオンエア復活後、CW練習や移動運用は中断、自作ダイポール室内アンテナでJT65、あとはウクレレQRLをやったりw(^^♪という感じでしたが、マンションの最上階ロケーションが手に入ったことから、新たな展開をゆる~く模索中(^◇^)

アンテナチューナ

アンテナチューナって本当に必要なの?

とまあ、MFJの安いアンテナチューナを既にいろいろ買ってから考えるのもアフォなのだが。www 買う前に考えろって。(^o^)/

というか、例えば任意のインピーダンスを持つワイヤーに強引に整合回路をつけてインピーダンスを合わせまくるためのアンテナチューナーという考え方がある。つまり、屋外型でかつワイヤーアンテナ用という名目で発売されているような物だ。

次に、屋内のリグのそばに置いて調整するようなアンテナチューナーもある。あと、動作原理的には最近の高級リグのようにリグに内蔵されてるのも同じ範疇だろう。

さらにそれとは違うけれど、本当の意味でアンテナの調整という作業もある。

ところで、アンテナチューナの原理などを調べると、やはりWeb上ではあまり資料は無い。本をいろいろ物色中なので本来それを全部読んでからなわけだが。
そんな中で、わかりやすくてかつ本質をついた資料がこちら

さすがはJAIAの資料。ただ売るための美点ばかりを並べた宣伝資料になっていないところがすばらしい。

---

要するに、屋内型のアンテナチューナって、リグとチューナ間の整合は完璧に取れるけれど、チューナーとアンテナ間の整合なんか知ったことじゃない!っていう機械だよね。

さらに、同軸ケーブルからの輻射という観点では、チューナーを使用したことによるデメリットの方が大きくなるわけだ。

ということは、リグの保護以外の目的で、屋内型アンテナチューナのメリットってあるの?リグ筐体からの輻射は減らせるかも?その代わり同軸からの輻射は増えるわけだよね。

ということは、インターフェア防止という観点だけに絞って考えると、リグからの輻射と同軸からの輻射の切換機?みたいな??
それに、大体基本波輻射が原因だったら、理想的なマッチングを取ったアンテナからの輻射でもアウトなわけだし。。。

そうするとやはり・・・SWRが見かけ上1に見えるという「精神衛生のためのお守り」というのが実は本質なのか???
まあでも、精神衛生というのは大事だから決して否定はしないわけだけれども。-----しかし、こんな考察をしてしまった人間にとっては精神衛生にならないわけで~ 「考えたら負けの世界」だったのか・・・

なかなか奥が深いな、屋内型アンテナチューナーwww
技術論だけでは説明できないその動作とメリット。。。とか。 



(追記)
そうそう、さらに考えるに、この2つの絵のような状況を想定すると、
屋内なのに屋外用屋外なのに屋内用
屋内で運用する場合、同軸からインターフェア的に輻射して欲しくない上どうしてもリグとアンテナ間の距離が長くなってしまうから使うのは屋外用アンテナチューナで、
屋外で運用する場合、インターフェアの心配は無い上アンテナチューナとアンテナ間の距離は短くできるから使うのは屋内用アンテナチューナがいいのでは?という。

アンテナ準備作戦

まずはこれの続き。
ミリ・インチ共用コネクタだそうだから、世界に輸出する企業としては多分、日本でのMコネの使用感を犠牲にして欧米のUHFコネクタでの使用感を良くした設計なんだろうと想像した。

なので、この共用コネクタはMFJの装置につなげばいいんじゃない?って言う発想で、実際やってみた。すると・・・・・

全然はまらないじゃん。

なんと、日本製品のMコネメスには不機嫌ながらも嵌るのに、アメリカ製品のUHFコネクタメスには全く嵌らないという。

厳密にいえばやはり、実は不良?だったのかもしれないけど、なんかもうイヤだっていう感じなので、ついに・・・
奥のほうをいろいろあざいて大きい半田ごてを出してくる。
おお!なんと150Wのコテだったですよ。これは強力だ。

なので、こう、

すっきりした

ああ、すっきりした。やってみれば速いんだけどね、やるまでの決断の閾値が結構高かった。このMコネオスは、一般世間で評判の悪い、秋月の実はUHFコネらしいM型コネクタ。
でも、これをMFJ製品につなぐと、もう 快適に はまるじゃん。
なんという快適なコネクタ使用感。なんかこう、みなさん(とはいってもごく一部の人だが)が言っている不快な症状って、個人的には全然気にならないレベル。それよりもあの「共用」コネクタのほうが遥かにひどかった。

仮に共用コネクタが不良だったにしろそうではなかったにしろ、
やはり最終兵器はニッパーに半田ごてだよな~。

まあそれも、ソフトウェアとかが一切絡まない平和な分野だから言えるわけで。そういう議論には、あまり深入りしないことにしよう。

----------------------------

次はこちら
たとえアンテナを外に出すにせよ、それ以前にMFJ-1788は本当にHi-Qなので、FINE TUNEで同調点を調整しても、かなり調整が厳しかった。もうボタンのほんの一押しで、調整箇所がずれまくりみたいな。
なので、マニュアルを真面目に読んで、R26の半固定抵抗を調整してみる。
R26
この赤いのなんですけど。
アルミシャーシのタップがつぶれないように、そーっと開閉してなんとか調整終了。従来は、ボタンの一押しでアンテナ調整最適点はあっという間に通り過ぎる感じだったけど、調整後はボタンを10回くらい押して普通に動くくらいに動作が改善された。
SWRを極限まで下げることは、送受信性能は勿論、一番大事な「インターフェアを出さない」という目的にとっても最重要課題。
なので、このR26の調整は非常に重要だ。

----------------------------

スパイ大作戦?次は、実はいろいろ買ってある、MFJの安いアンテナチューナ。全部SWRメータつき。
MFJ-1788の磁気ループアンテナ以外のアンテナを使用する場合(とはいっても現状はVX1000しかないけど)、アンテナチューナは当然必須だろう。
あ、勿論アンテナの仕様自体は無調整だけど、SWRを極限まで下げるというスタンスという意味で。
普段は緑のブラインドで隠してある。無線をやるときだけブラインドを上げるというwwwスパイ大作戦みたいな。
下から順番に、HFと50,
144と220, 430用というモデルだけど、ここで使う際には、それぞれVX1000のためにいちいち裏の同軸を配線しなおして、
50/144/430で使うことになる。

こう感じで今日は3つのアンテナ準備作戦を遂行した。
少しずつ進めていきますよ~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ