JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

コネクタ

CQ SSTV USB を修理する

前に書いたように、リグとPCとをつなぐインターフェースは、AUDIO
IN/OUT を使用せず、USBのみでインターフェースが完了する、
CQ SSTV USB を使っている。
機能・性能共に満足なのだが・・・最近時々様子がおかしい。

具体的には、受信レベルを設定してしばらくすると、突然レベルが20dBくらい下がってしまう。一旦そうなると、どこをいじっても治らないけれど、JT65-HFを一旦終了してもう一回立ち上げたり、CQ SSTV USB からUSBケーブルを抜いて再度差し込むと治る場合がたまにある。

またまたお得意の、
「世界で一人だけNG現象」かつ「故障再現性無し」のダブルで不幸
が襲ってくる、いつもの慣れまくったパターンだよ。

--

ケーブルの接触不良か?ソフトのハングアップか?温度による部品の劣化か?などなど、いくらでも原因は考えられるわけだが・・・ (このときは温度が原因だったが。)

    まずは、バラす

1
これだ。
う~ん。結構過密実装だな。特に自動車のエンジンルームで過去にいろいろ経験したけれど、過密実装な機械は、ただそれだけで故障確率が上がるんだよ。そうそう、こちらの磁気ループアンテナを狭いベランダに上げるときに、ただ狭いだけでこんなにも不幸になるって書いたとおり。

「狭いのは、あらゆる不幸の元凶。」

なんか、書初めにでもしてもいいくらいだ!まあ、首都圏で地獄の通勤電車に乗ったことがある人なら 100% 異論はないわな?。

で、写真の右上あたりにあるこの部分に着目。
2
このように、ここのコネクタ2つが、なぜか周囲よりも高さが高い。なので、蓋と干渉しないまでもかなりギリギリの位置みたい。
しかも、この背の高い2つのコネクタを手でいじってみると、かなり「ぐらぐら」するじゃん。

なので、ひっこぬいてみた。
3
こんな感じ。

------

一方、手持ち部品をあさると・・・
4
無理やりカッターやペンチで切断したんだけど、なんとかこういう背の低い2ピンのメスコネクタを2個調達してきた。

というわけで・・・
5
相変わらず汚い配線 & 熱収縮チューブとか一切無し!だけど、ハンダで配線しましたよ。
コネクタのぐらつきは、かなり改善された!さらに、コネクタ上部とケースとの干渉は高さが下がったので絶対的に皆無。

6
これが切断して除去したコネクタ。


まあわりと、電気系の人が作った装置っていうのは、電気的動作は完璧でも、メカ的or実装的に脆弱でそこから故障するというパターンが多いな。人の事いえないけれど。そこへいくと、ネットでいろいろ拝見する、機械系の方々が作った作品を見ると、おお!というばかりに頑丈だ。まあ、自分でやる場合、インフラが不足している上に作業場も狭いので、そこまでやる気が起きない・・・というのもあって・・・とてもNGだ。
あ~ ここでも狭いのが不幸の原因だよ。

--------------------------

とりあえず、組み直して様子を見ているけれど、今のところ順調。
まだ完全に治ったかは検証できないが、どうやらここが原因の可能性が高い。あ、あと、動作させるときは一旦JT65-HFを終了して再起動させないとダメだ。それをサボってつないだら、いきなり無反応になって、マジで壊したかと思って非常にあせった・・・・。

しばらくこれで、様子見ということにする。



(追記)
どうやら、配線しなおした左側の白と黒の線のコネクタが受信信号、右側の赤と黒の線のコネクタが送信信号がそれぞれ通っている線みたいで、ガタガタゆるかった白黒の線のコネクタと、ややゆるかった赤黒の線のコネクタを直したら、それぞれレベルが変わりまくっていた受信・やや不安定だった送信のレベルが共に上昇した上で完全に安定。
今のところ、完全に狙ったとおりの動作でしかも安定している。幸先のよいスタートみたいな。
でも相変わらず、KH6とかUS本土とかは聞こえては来るけど、呼んでも応答はナシ。。。

アンテナ準備作戦

まずはこれの続き。
ミリ・インチ共用コネクタだそうだから、世界に輸出する企業としては多分、日本でのMコネの使用感を犠牲にして欧米のUHFコネクタでの使用感を良くした設計なんだろうと想像した。

なので、この共用コネクタはMFJの装置につなげばいいんじゃない?って言う発想で、実際やってみた。すると・・・・・

全然はまらないじゃん。

なんと、日本製品のMコネメスには不機嫌ながらも嵌るのに、アメリカ製品のUHFコネクタメスには全く嵌らないという。

厳密にいえばやはり、実は不良?だったのかもしれないけど、なんかもうイヤだっていう感じなので、ついに・・・
奥のほうをいろいろあざいて大きい半田ごてを出してくる。
おお!なんと150Wのコテだったですよ。これは強力だ。

なので、こう、

すっきりした

ああ、すっきりした。やってみれば速いんだけどね、やるまでの決断の閾値が結構高かった。このMコネオスは、一般世間で評判の悪い、秋月の実はUHFコネらしいM型コネクタ。
でも、これをMFJ製品につなぐと、もう 快適に はまるじゃん。
なんという快適なコネクタ使用感。なんかこう、みなさん(とはいってもごく一部の人だが)が言っている不快な症状って、個人的には全然気にならないレベル。それよりもあの「共用」コネクタのほうが遥かにひどかった。

仮に共用コネクタが不良だったにしろそうではなかったにしろ、
やはり最終兵器はニッパーに半田ごてだよな~。

まあそれも、ソフトウェアとかが一切絡まない平和な分野だから言えるわけで。そういう議論には、あまり深入りしないことにしよう。

----------------------------

次はこちら
たとえアンテナを外に出すにせよ、それ以前にMFJ-1788は本当にHi-Qなので、FINE TUNEで同調点を調整しても、かなり調整が厳しかった。もうボタンのほんの一押しで、調整箇所がずれまくりみたいな。
なので、マニュアルを真面目に読んで、R26の半固定抵抗を調整してみる。
R26
この赤いのなんですけど。
アルミシャーシのタップがつぶれないように、そーっと開閉してなんとか調整終了。従来は、ボタンの一押しでアンテナ調整最適点はあっという間に通り過ぎる感じだったけど、調整後はボタンを10回くらい押して普通に動くくらいに動作が改善された。
SWRを極限まで下げることは、送受信性能は勿論、一番大事な「インターフェアを出さない」という目的にとっても最重要課題。
なので、このR26の調整は非常に重要だ。

----------------------------

スパイ大作戦?次は、実はいろいろ買ってある、MFJの安いアンテナチューナ。全部SWRメータつき。
MFJ-1788の磁気ループアンテナ以外のアンテナを使用する場合(とはいっても現状はVX1000しかないけど)、アンテナチューナは当然必須だろう。
あ、勿論アンテナの仕様自体は無調整だけど、SWRを極限まで下げるというスタンスという意味で。
普段は緑のブラインドで隠してある。無線をやるときだけブラインドを上げるというwwwスパイ大作戦みたいな。
下から順番に、HFと50,
144と220, 430用というモデルだけど、ここで使う際には、それぞれVX1000のためにいちいち裏の同軸を配線しなおして、
50/144/430で使うことになる。

こう感じで今日は3つのアンテナ準備作戦を遂行した。
少しずつ進めていきますよ~。

VX1000ベランダ移動運用と片側脱着Mコネ2

20mの同軸ケーブルを買ったので、ついにはじめて、VX1000を室内じゃない場所に移動した! って、自宅のベランダだけどね。

001
洗濯物の脇に悲壮感満点で漂う、
MFJ-1918。

002
その先端に取り付けられた、
VX1000。
ご覧の通り、ななめよ。洗濯物に無造作に立てかけてある。こうしないと屋根にぶつかってNG。
なので、斜めにすることによってかろうじて先端部分だけは屋根から上に出たかもしれない?


---

003そしてこれが、誰も見たくない
IC-7000Mセパレート設置と電源部とマイク。同軸もつないだ。
004机の上になんとかPCのキーボードやエレキーと一緒に収めた、
IC-7000M操作部。
ご覧の通り、机に貼り付けてはおらず、液晶ディスプレイの足にかませて、ディスプレイの重量でかろうじて固定。さらに、それだけだと操作時にぶかぶか動くので、左下のところに厚紙を挟んだりしてなんとかいじれる状態にしてみる。


50/144/430を早速ワッチ。・・・・・・・
全然聞こえないす。はっきり言って室内アンテナと全く変わらず。ベランダ運用のメリットは全く感じられず。


005しかも、まだあって、実はコレを買ったのよ。
5DF20MB ダイヤモンド 固定局用同軸ケーブル(片側脱着式) 5D-FB MP-MP 20m

問題は、片側脱着式M型コネクタっていうやつ。
これのどこが脱着するの?全然わからない件。なんかこう、スリーブのところが後ろに下がるのは普通のコネクタで当たり前だし、むしろ逆に、この変な黒いプラスチックのフードのせいで、スリーブのところが後ろに下がらなくて不便なんですけど。

さらにもっとひどいのは、コネクタをつけるときにネジをメス側のほうにつけて回すと、途中で空回りして接続がはずれるじゃん。
なにこれ!電気製品的には「完全に不良品」なんですけど?いいのかこんなんで・・・???

だれもこういうことを書いている人はいないみたいだが、また世界で一人だけNG現象なのか?またまた相談できる仲間とかは当然ゼロなので一切不明というすばらしい環境だよ。w

わりとこう・・・くだらないもの発明しやがって!

っていうのが現時点での感想。
仮に、もし自分だけのアフォな勘違いじゃなくて、「本当にこんなもん」だったら、この片側脱着コネクタをニッパーで首からぶった切って、普通のMコネをはんだづけし直すかな~。なんかこう非常に虚しいよね。
そもそも、60Wのコテがすぐ出ないから、面倒を嫌って完成品の同軸を買ったのにコノザマだよ。。(´Д`)

なんかこう、時代が変わると逆に退化することも数多い(もし自分だけアフォだったら自分の脳が退化したことになるが・・・)ような気もしてきたところで今回は終わりにする。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ