JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

ベランダ

アンテナ工事完了(^^♪

前回の続きですよ。

まずは、3.5MHz帯のアンテナを組み立てて、取り付けてみる。
こんな感じ。
03_R
給電部は特性以前に事故が怖いので、ベランダ内部。なので、アンテナの取り付け取り外しは精神的負荷が無く気楽に出来るのはメリット。

で、これが外から見てどれくらい目立つのか?が知りたいところなので、外に出て写真撮ってみた。
30_R

46_R
どうでしょう?
最大限目立つように写真を撮ってみてこれくらいなので、肉眼で見るともっと目立たないす。
予想以上に目立たないという感じがしたですよ。
これはいいな~見た目的にはVYFBですな~。


そして、肝心の、アンテナ接続試験。各バンド毎に、アンテナを接続し、SWRを調整し、実際に受信してみる。
3.5~10までは、アンテナチューナー必須だったけど、14から上は、ほとんどチューナ無しで大丈夫な感じ。なので、アンテナの整合的にも良い感触。

しかし・・・実際の受信テストは厳しい結果だった。結局、実際の交信を受信できたのは、14MHz帯のみ。こんな感じですよ。
17_R
なので、14だけ受信出来て、他はダメ・・・っていうのは、町田のほうのロケーション最低の家での受信状況とほとんど変わらず。

・・・これだけで見ると、わざわざこの最上階マンションにリグとアンテナを移転したメリットはあまり感じられないという。 まあでも、各バンド10分弱くらい平日昼間にスキャンしただけなので、まだわかんないですけどね。


そしてこれが、144/430のアンテナの状況。
03_R
144/430については、同軸の配線が綺麗になるように、アンテナチューナーにも144/430の信号が入るような配線になってるけど、このアンテナチューナーはTHRUにしてもメーターが振れてしまうので、430あたりではメーターが振りきれて機材が痛む感じで今一。でも、430なんかやらないかもしれないのでしばらくはこのまま放置ですな。w やるときになってから考えるということで。


そして最後に、全部のアンテナを収納した様子が次の2枚。
これって、アンテナファームって言えるのかな~w(^^♪
39_R

53_R
この収納については、当初の目論見通りに運んでFBですよ。穴を開けて工作したタッパーへのアンテナの収納具合は絶妙だし、しかもアンテナ長さが2.2mという、マンションのベランダの高さにぴったり合わせた素晴らしい設計!になっているし(本来モービル用なのに )。

--

というわけで、運用以前の工事のフェーズは全て終了しましたよ。
さてこれからどうなるのか??意外と、工事するまでがモチベーションが高くて、実際完成してみると特性が今一であまりモチベーションが上がらないというのが今までのパターンだったけど、今回もそうなるのかどうか・・・・

アンテナ工事進捗(^^♪

これの続き。

まず、室内で、こういうのものを作ったんですよ。
38_R
後で外に出すんですけどね。

で、この穴に入るものは・・・・これだす。
10_R





一方、外のほうの工事は、まず、基台部分はこんな感じ。
40_R
ちゃんと、エフコテープを巻いた上からビニールテープを巻いてみたものの・・・本来なら、モービル用のL型のMコネのメスのコネクタが付くのがモービル用アンテナの世界では標準らしいのに、それをあまり知らなくて、普通に固定用のMコネオスのコネクタで同軸を配線し、M型のメスメス・コネクタで基台に付けたので、なんかテープを巻くのに一苦労wという、情けないことに。(^◇^)
まあ、なんとかなった??ので良かったですけどね。

表側はこんな感じ。
26_R
ここで書いたアンテナシステムを実現化するわけですね。 なので、ラジアルケーブルセットは必須。これでカウンターポイズを取りまくって、高周波的にGNDを・・・・という。電気は目に見えないというか、特に高周波はもっと目に見えないwwwので、まるで、
氣の世界を扱っているような感覚になりますな~。
意外と、そっちの世界と無線の世界は近かったりして・・・w 


はい、これがその、カウンターポイズ。
01_R

その反対側の、隙間ケーブルと同軸の接続部分。こっちも自己融着テープとビニールテープ2段重ねですよ。
40_R


そして最後に、このラジアルケーブルはとにかく見た目がサイテーなので、単にそれを隠すためだけに、人工芝。
36_R

01_R
というわけですね。

今日のところはここまで。
ここまでやれば、めんどくさい工事の段階は峠を越した感触ですよね。
しかも、雨が降っても大丈夫なように接続部分は処理済みなのでしばらく中断しても安心。
あとは、電気的な配線の段階にようやく入れるわけで。ここからの作業のほうが楽しいですよね~ ムセンやってる人はみなさんそうだと思いますが~(^^♪

to be continued.

ベランダアンテナを考える(まだ妄想段階w)5

(前の記事のつづき)

というわけで、まだ部屋も決まってないのに、中古ワンルームマンションの高層階のベランダに、いかにして

楽に & 目立たなく & 効果的に

アンテナシステムを構築するかを早速考えてみたんですよ。

本当に、妄想だけは早いなwwww (^◇^)

普通に思いつくのは・・・
オートアンテナチューナ(ATU)にワイヤーアンテナと釣竿でやる。→釣竿が目立ち過ぎ&でかすぎる&もしいちいち収納しようとするととても面倒、
MLAでやる。→これは散々実験したが、重い&値段が高い&結構条件がシビア(チューニング等)&長くは無いけど別の意味で目立つ
ですね。この2つについてはこのブログでも散々検討and/or実験した。

さらに、自分の過去の経験からすると、
【実用になったアンテナ】・・・6m4エレ八木、今の14MHz自作室内ベントダイポール。
【今一だったアンテナ】・・・HFのマルチバンドGP、高価なMLA、小さいだけが取り柄なマルチバンドホイップ。
なんですよ。もう、どう転んでみても、
モノバンドアンテナの優秀さは否定できない。ですよね。あとは両方ともダイポールの原理から成る共振型アンテナ・・・なわけですけど。

*************

で、結論。
さすがにマンションのベランダではダイポールベースなアンテナは諦める。しかし、モノバンドはこだわりたい。
そして・・・こういうのを発見。

ラジアルケーブルセット

原理的には全然新しくないですが、モービル用のアンテナが全部使用可能になるというメリットはものすごく大きいと、個人的には感じましたよ。

で、さらに妄想・・・

モノバンドでさらに、・・・ローディングコイルを入れるならセンターローディングがいいというのはよく聞く話。一般に長さが長いほど高性能。なので・・・

コメットのHRシリーズ HR3.5~HR50
コメットのCSB7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

または、

第一電波工業の HF80CL~HF6CL
第一電波工業のSG7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

で、3.5~50をやるときには、いちいちエレメントをバンド毎に付け替える。(でもモービルホイップだから楽)
できればアンテナチューナーは不使用としたい・・・(付けてもいいけど手動の今のMFJ-945E)

さらに、無線をやらないときは、3.5~50も144/430も、エレメント自体を取り外しておくから、目立たなさという観点ではこれ以上は無し!

という、最重要な理由も。 だってそもそも、マンションのベランダって、個人で使うけれど所有権的には共用部分ですよ。これを肝に銘じないと、イザという場合には困りますよね。特に無線以外の普通の人生を送る上で わりとネット上のブログとか、アマチュア無線雑誌のような世界には全くなじまない論点ではあるものの、実生活上は一番重要ではないですかね~w

というわけで、一応、妄想だけは完了しますた。w 

VX1000ベランダ移動運用と片側脱着Mコネ2

20mの同軸ケーブルを買ったので、ついにはじめて、VX1000を室内じゃない場所に移動した! って、自宅のベランダだけどね。

001
洗濯物の脇に悲壮感満点で漂う、
MFJ-1918。

002
その先端に取り付けられた、
VX1000。
ご覧の通り、ななめよ。洗濯物に無造作に立てかけてある。こうしないと屋根にぶつかってNG。
なので、斜めにすることによってかろうじて先端部分だけは屋根から上に出たかもしれない?


---

003そしてこれが、誰も見たくない
IC-7000Mセパレート設置と電源部とマイク。同軸もつないだ。
004机の上になんとかPCのキーボードやエレキーと一緒に収めた、
IC-7000M操作部。
ご覧の通り、机に貼り付けてはおらず、液晶ディスプレイの足にかませて、ディスプレイの重量でかろうじて固定。さらに、それだけだと操作時にぶかぶか動くので、左下のところに厚紙を挟んだりしてなんとかいじれる状態にしてみる。


50/144/430を早速ワッチ。・・・・・・・
全然聞こえないす。はっきり言って室内アンテナと全く変わらず。ベランダ運用のメリットは全く感じられず。


005しかも、まだあって、実はコレを買ったのよ。
5DF20MB ダイヤモンド 固定局用同軸ケーブル(片側脱着式) 5D-FB MP-MP 20m

問題は、片側脱着式M型コネクタっていうやつ。
これのどこが脱着するの?全然わからない件。なんかこう、スリーブのところが後ろに下がるのは普通のコネクタで当たり前だし、むしろ逆に、この変な黒いプラスチックのフードのせいで、スリーブのところが後ろに下がらなくて不便なんですけど。

さらにもっとひどいのは、コネクタをつけるときにネジをメス側のほうにつけて回すと、途中で空回りして接続がはずれるじゃん。
なにこれ!電気製品的には「完全に不良品」なんですけど?いいのかこんなんで・・・???

だれもこういうことを書いている人はいないみたいだが、また世界で一人だけNG現象なのか?またまた相談できる仲間とかは当然ゼロなので一切不明というすばらしい環境だよ。w

わりとこう・・・くだらないもの発明しやがって!

っていうのが現時点での感想。
仮に、もし自分だけのアフォな勘違いじゃなくて、「本当にこんなもん」だったら、この片側脱着コネクタをニッパーで首からぶった切って、普通のMコネをはんだづけし直すかな~。なんかこう非常に虚しいよね。
そもそも、60Wのコテがすぐ出ないから、面倒を嫌って完成品の同軸を買ったのにコノザマだよ。。(´Д`)

なんかこう、時代が変わると逆に退化することも数多い(もし自分だけアフォだったら自分の脳が退化したことになるが・・・)ような気もしてきたところで今回は終わりにする。

ゲリラ的ベランダアンテナにするか?

こんな感じで、とにかく全然聞こえない。

しかし、リグもアンテナもそんなに皆様に引けを取るほどは悪くないはず。やはりどう考えても、「室内アンテナ」っていうのがメチャメチャにダメダメなのは明白。

しかし・・・・普通のアマチュア無線やってる人みたいな感覚でアンテナを上げるのはここでは不可能。

実は・・・これを買ってあるのよ。MFJ-1918だ。今アンテナ関係であるのは、これとVX1000と短い室内用の同軸だけ。HFのアンテナはまだ無い。

ならばこういうのは?

ベランダ?アンテナ?

黒丸がリグの位置。黒い四角は自分の家とか隣家だ。建て込んでてどうしようもない。緑色と青の点線は、現在やってみたVX1000を室内アンテナで使用するというパターン。
そして計画してみたのが、赤と青の実線だ。赤は、MFJ-1918にVX1000を取り付けたところ、青が長めの同軸。赤のある場所は唯一のベランダだ。

しかし、リグの位置からベランダへアクセスするには、室内のドアを2枚越えなくてはいけない。さらにベランダに出るには穴など開いておらず、網戸の脇を少し開けて同軸を出すしかない。当然、ベランダには洗濯物が常駐。アンテナなど出してるのが見つかろうものならば生きて帰れない・・・よな やはり。www

なので、
自分の家に人がいない時間帯 & 天気は雨じゃない & (隣家に人がいなそうな時間帯 or アンテナが外から見えにくい夜間)という条件に合致した時のみ、同軸をだらんと這わせてベランダにMFJ-1918を出して、自分の家のベランダに「移動運用」w  っていうのは~?

これならば、アンテナ近傍の家具や壁の影響は回避できるし、地上高も室内よりは上げられる。(でもせいぜい2mh位だが)経費的にも同軸20m?分位の出費でそれ以上はなしになりそう。あと副次効果として、洗濯物が干してある時に出せば、洗濯物にアンテナが少し隠されてカモフラージュ効果も。

う~~~ん。 なんとかこれでやってみようかな~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ