これをやってみた。

まず第一関門は、筐体のバラし。マイナスドライバーで強引に開けるしかなくて結構大変。でも、なんとかクリアした。こんな感じ。

ばらし

で、どうやら、秋月のACアダプタも旧タイプじゃない新タイプなようで、前に調べたサイトのうちあまり該当しないページも多かった。
どうも、ここここの記載ならばこれにも当てはまるような感触。しかし両方とも写真が死んでるから、あまり当てにはならない。

で、写真を撮ってみて、この辺では?と当たりをつけた。

改造したものの・・・

この写真でいう、R19の11kΩを取って、その代わりに22kΩを付けてみる。
その結果、一切の電圧が出なくなる。どうやらパターンショートなどがあって、その際に素子を破壊した可能性が大。一切の電圧が出なくては、どうしようもない。なんか出てれば直しようもあるが。というわけで、完全に失敗

あと、補足説明すると、どうやらこの回路は、普通にWeb上にある
LM431がただ入っているような回路じゃない感じ。
各部の電圧は書き込んだとおり。やる気がある人は参考になるかもしれない。このZD3のツェナーが曲者かも?

Web上の記載を参考にしたのもあって、最初これがツェナーだとは気づかずに、いきなりR19を交換してみたけど、もしかすると電圧を決めているのはR20,R20Aのほうで、R20Aの27kΩを10~15kΩ位にすればよかったのかもしれない・・・が、全ては後の祭り。
もう一回同じのを買って同じようにバラす気は無い。

「新品で買った電源を、一回も使わずに廃棄」するのはイヤな気分なものだな。まあバラす時点でそのリスクは覚悟の上なものの・・・。

今後どうするかは未定。
同じのを買って、ばらさないで外部回路でダイオード2~3本直列に入れるとか、Rで落とすとかいう手も考えられるし、いっそのこと時間がムダなのでカネで解決?という可能性も?
まあ、時間は非常に貴重な資源だから、それも有意義なのは十分承知の上ではあるのだが。そもそも、秋月のACアダプタを買って済まそうとした時点で完全自作はしないというスタンスだったわけで~
あ、そういう心がけが悪いwという感じもしてくる昨今。。。 



(追記)
結局、性能・コスト・時間・信頼性...等をトータルで考えてみると、
DIAMOND DSP500 というのが最良の選択肢なような。それでこの件は終了としたいところ。