JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRLを弾いたりの後、マンション最上階からJT65/FT8などをゆる~く模索中(^◇^)

妄想

なんと!、妄想が現実化!(^O^)/

先日書いたこの件、先月に契約は終了し、先週くらいから使用開始しているという。 仕事で昼間使うのみならず、夜も宿泊できる体制を整えたんですよ。

神奈川県大和市の某所、駅近物件のみならず、6階の最上階という・・・。
隣にもマンションはあるけど、可視光線ではなくてもっと長い波長の電磁波的に見れば、ほぼ見通し可能?な感じでしょう・・・。 この証拠写真的には・・・なので、一応下のほうはモザイクしてみましたが。w
BlogPaint
この写真のとおり、一応遠くの山も可視光線で見通し可能という、過去の自分の人生からみれば、まるで天国に生まれ変わったかのような?ロケーション。(^^♪

まあでも、冷静ですけどね。十分に狭いし・・・・(^◇^)

そして、こっちの記事の妄想もこのように具体化してみましたよ。

某所ムセンシステム
このように見ての通りなわけですけど、MX-62MとMFJ-945Eから下のブツは既にあるので、今の家から運ぶだけですな。
なので、ついさっき、MGC50の隙間ケーブルから上のブツを既にポチったですよ。全部到着したらいろいろと具体的に活動開始予定。



(2016.4.26追記)
さあいよいよ、ブツは揃った。なので車でそのマンションにアンテナとかリグとかを運んで、久しぶりにM型コネクタを半田付けして作って(なんとかウデは落ちてなかったww(^◇^)しばらくやってなかったもので・・・)、お次はマンションの部屋の現場作業か・・・・と思っていたのだが・・・・

マンションの掲示板に、
5月連休明け~8月まで、大規模修繕を行います。

はい、8月末までベランダ作業は中止ですね。
無理してアンテナを付けても、外部を覆う鉄骨とかが自動的に8月まではあるわけで、電波が出入りできるわけはないという・・・(´・ω・`)

まあ、の~んびりとやりますか。(^^♪


(2016.5.6追記)
マンションの掲示板をよ~くみると・・・
先日の大規模修繕の紙、その一番上には、「近隣のみなさまへ」そしてマンション名と住所も・・・自分のところじゃないじゃんwww
という、うれしい?ような情けない?ようなw情報を発見。
結果的には、すぐにでもベランダ作業してOKになったのでよかったということで。

ベランダアンテナを考える(まだ妄想段階w)5

(前の記事のつづき)

というわけで、まだ部屋も決まってないのに、中古ワンルームマンションの高層階のベランダに、いかにして

楽に & 目立たなく & 効果的に

アンテナシステムを構築するかを早速考えてみたんですよ。

本当に、妄想だけは早いなwwww (^◇^)

普通に思いつくのは・・・
オートアンテナチューナ(ATU)にワイヤーアンテナと釣竿でやる。→釣竿が目立ち過ぎ&でかすぎる&もしいちいち収納しようとするととても面倒、
MLAでやる。→これは散々実験したが、重い&値段が高い&結構条件がシビア(チューニング等)&長くは無いけど別の意味で目立つ
ですね。この2つについてはこのブログでも散々検討and/or実験した。

さらに、自分の過去の経験からすると、
【実用になったアンテナ】・・・6m4エレ八木、今の14MHz自作室内ベントダイポール。
【今一だったアンテナ】・・・HFのマルチバンドGP、高価なMLA、小さいだけが取り柄なマルチバンドホイップ。
なんですよ。もう、どう転んでみても、
モノバンドアンテナの優秀さは否定できない。ですよね。あとは両方ともダイポールの原理から成る共振型アンテナ・・・なわけですけど。

*************

で、結論。
さすがにマンションのベランダではダイポールベースなアンテナは諦める。しかし、モノバンドはこだわりたい。
そして・・・こういうのを発見。

ラジアルケーブルセット

原理的には全然新しくないですが、モービル用のアンテナが全部使用可能になるというメリットはものすごく大きいと、個人的には感じましたよ。

で、さらに妄想・・・

モノバンドでさらに、・・・ローディングコイルを入れるならセンターローディングがいいというのはよく聞く話。一般に長さが長いほど高性能。なので・・・

コメットのHRシリーズ HR3.5~HR50
コメットのCSB7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

または、

第一電波工業の HF80CL~HF6CL
第一電波工業のSG7900 (144/430はDual Bandでも良しとする)

で、3.5~50をやるときには、いちいちエレメントをバンド毎に付け替える。(でもモービルホイップだから楽)
できればアンテナチューナーは不使用としたい・・・(付けてもいいけど手動の今のMFJ-945E)

さらに、無線をやらないときは、3.5~50も144/430も、エレメント自体を取り外しておくから、目立たなさという観点ではこれ以上は無し!

という、最重要な理由も。 だってそもそも、マンションのベランダって、個人で使うけれど所有権的には共用部分ですよ。これを肝に銘じないと、イザという場合には困りますよね。特に無線以外の普通の人生を送る上で わりとネット上のブログとか、アマチュア無線雑誌のような世界には全くなじまない論点ではあるものの、実生活上は一番重要ではないですかね~w

というわけで、一応、妄想だけは完了しますた。w 

ノートPCにJT65-HFを入れる

ノートでJT65
こんな感じ。
たまたまほとんど使ってないXPのノートがあったので、JT65-HFをインストールしてみた。ちょっと画面が小さいのでJT65-HFの表示が苦しいんだけど・・・
しかし動作自体は CQ SSTV USB もUSBサウンド・ドライバも非常に順調。やはり、ダメだったPCはまさにソフトが原因みたいな。

というか・・・

この部屋で別のノートPCにインストールしても、従来と同じようにまた無線ができるというメリットはあるものの(でもCQ出しても無反応。さらにはノートPCにインストール後は受信できた局数すらゼロ。)、それ以上のことはない。

実は・・・・QRLで読まれたメールwwwにも書いたのだけれど、原付2種移動運用よりも、ちゃんとマトモに四輪車で移動運用が実現できるかもしれないという展開になる可能性があるんですよ。
ということは、IC-7000 + CQ SSTV USB + ノートPC を軽々と車に積めば、JT65で移動運用が出来るじゃんwという。

まだまだ練習段階のCWや、あまりやる気のないSSBや、もっともっとやる気の無いFMで電波を出すよりも、JT65ならば一番慣れ親しんだ電波形式(www (^o^)/ って、やっぱり変人だな。)なので、即交信可能?かも??とか期待してみる。

そうそう、さらには、故障してずっと放置しまくっているMFJ-1788を直して、これもコントローラごと車に積めば、あまり目立たないアンテナでHF移動運用という期待も高まってくるな。

と・・・・ 計画 妄想してる段階が一番楽しいという、いつもの展開www 

ロケーションPoorな限界が・・・・

ここから唯一まとも?(でも無いけれど・・・)に聞こえる
14MHz, JT65。時々ワッチしていると、ちゃんとどなたか出ておられるのが聞こえることもあるけれど、

DX=弱すぎて呼んでも取れない。
取れそうな強い局=もう全てQSO済み。

という状況になってきた。しかし・・・JT65で2nd QSOでラグチュー?なんてやらないだろうし・・・みなさん、こちらからは聞こえない本当のDX狙いでCQを出してるだろうのに邪魔?するみたいで悪いし・・・みたいな。

まあそういう状態の原因は、99.9999%くらい?ロケーションにあることは言うまでもないわけで。・゚・(ノД`) 、やはり移動運用に活路を見いだす以外に選択肢はないみたいなのが現状ですね。

運用以前に、いろいろ作ってみる(それ以前に妄想してみるw)のも楽しいけれど、妄想したり作ったりした作品が99.99999%ムダになって終わる....という現状を何とかしないと、人生も99.99999%ムダになって終わるみたいで。かなり改善の余地有りという有様ですな~。

FT-817移動運用システム

というわけで、いろいろ検討したので、例によってFT-817移動運用システムの絵を描いてみた。一部は発注済み、一部は妄想段階。

FT-817移動運用システム

まず、BNCには本体直付けアンテナを付ける事を想定。ダイヤモンドの
RH770がかなり良さそうだから、例えば山岳徒歩移動で、せっかく山なのでHFじゃなくて144/430とか上のほうでやろうとすることを想定して書いてみた。
Mについては既に妄想済みの、MP-1とT-1+釣り竿アンテナの組み合わせ。これも、余裕がある場所では釣り竿、ちょっと遠慮が必要な場所で
HFをやりたい場合はMP-1という使い分けができるから両方ともそれぞれ有用な気がするし。そうそう、アンテナは収納時寸法が原付2種に収まることが大前提条件。だから、車で移動しようと考えている人には多分参考にはならないと思う。
左下の色が付いているところは外部電源関係。
例の、自作12→13.8DC/DCを書いてみたのを筆頭に、そこに単1・単2乾電池や鉛蓄電池をつなぐというのもそのまま。あと、どうやら秋月で買った鉛蓄電池に限って回収もやってくれるみたいなので、秋月のバッテリーを買うという方向でも大丈夫になりそうな感触。
そうなると、充電器キットでも作るかな~?
ACアダプタというのは、広義の移動運用で、電車とかで行って泊まりで旅行したときに、ホテルの部屋でムセンをやることを想定した場合の措置。・・・ と、妄想だけは膨らむという。

それが一番楽しいわけなんだけどね~。
まあいいや。こういう絵を描くのは楽しいので、今回はここまで。

釣り竿とバーチカル

いろいろと妄想中なものの・・・こういう記事があった。

確かに、アンテナチューナーでとにかくマッチングだけは取れるようにした釣り竿ロングワイヤーと、そもそもちゃんとそれ用の寸法で設計してあるバーチカルだったら、後者の方がいいアンテナなんだろうな?とか。
まあ、どちらにしてもこういう系統のアンテナは、良好なアースが取れるのが大前提なわけだが。

----

妄想というのは、もちろんここの環境ではなく、たとえば
妄想
こういう土地と家があって、それでこの絵の青がエレメントで緑がアースで紫が同軸だとすると、この青のエレメントをATU+ロングワイヤーにした場合と、ちゃんと設計されたバーチカルにした場合?という話。

さらに妄想が進んで、仮に固定局にして200W出すとしたら、もう日本製のバーチカルじゃなくて、例えばHy-GainDX-88みたいなのになるのかな?日本製では200W CW入れるのは無理だろう。
しかしDX-88でググってみると、あまり日本のサイトはヒットしないようで、多分200Wも出せるような人はそもそもバーチカルなんか使わなくてタワーにビームなんだろうな?という。

ああ、妄想ですら、メジャーな皆様のレベルに追いついてないという悲しさよ。

一般的な公園で移動運用すると仮定すると?

CQ誌とかカッコいいサイト様とかをみると、綺麗な風景の公園でスマートに運用~みたいな写真があって、しかも、オペレータ周辺だけがアップになっていてアンテナの全景がわからないような写真ばかりだ。

なので、一般人からみて果たして目を覆うような風景になっているのかいないのか?というところがわからない。

なので、そういう観点で、ごく一般的な全然有名じゃない公園の写真を撮ってみた。


ありがちな公園1
ありがちな公園でしょ~。
緑の矢印の方向は景色が良くて、晴れてれば富士山が見えるかな~とか期待してみんな集まってくるような場所。
そんななか、赤い矢印のベンチを占有してムセンなんかやってたら明らかに顰蹙だな。さらに、もしピンク矢印の柵かなんかに釣り竿アンテナを固定して、ベンチまで同軸ケーブル・・・な~んてやってたら論外だ。(スピーカーとかだとさらに論外wwwだけど。)

こういう状況だと、青い矢印の椅子だったら何とか許されるレベルみたいな?でも勿論、人によって感覚は違うから一概には言えない。ただ、そう簡単に釣り竿を固定できる構造にはなっていないし、仮に固定できたとしても、公共の建造物(立ち木も含む)にみだりに個人の物を仮固定でもいいから固定したら、かなりマズいだろう。

なにしろ、雑草?みたいな花1輪でも採ってはダメ!という場所が現在ではほとんど全てだ。

あと、夏場はまた違ってくるかも? 青い矢印のところは日陰になるから、お子様連れで日陰のテーブルでお弁当・・・を当てにしてきたのに、怪しい奴が釣り竿を伸ばして怪しいことを・・・というのは非常にマズい状況www。

そうそう、左側の青い矢印の下の白い看板には、
不審者は通報してください。」とはっきり書いてあるよ。

まあ、移動運用は別に怪しくもないし、球技のボールとかを人にぶつけて迷惑をかけたり、散歩に連れてきた犬が迷惑をかけたりするよりもずっとマシなのに、一般人的には アマチュア無線=不審者www みたいになっちゃってる現状のこの社会自体にも問題がある気はするけど、でも「それが現実」なのだから仕方がない。

----

ありがちな公園2
これは、さらに極端な例。
やはり、緑の矢印の方向が、景色がいい。なので、みんな苦労して坂を上ってきて、頂上で一息つくのがこのあたり。そこにあるのが赤い矢印のベンチ。
なのだから、ここでゆっくり食事とか・・・でもあまりいい顔はされないだろうな~。例えばこのベンチのある場所自体、かなり山をバックに写真を撮れそうな場所なわけだし。ピンクの矢印の柵もさっきと同様。特に赤いベンチに座ってピンクの柵に釣り竿アンテナを固定して騒音を出したうえで釣り竿で富士山への視界の真ん中に障害物。
な~んて、さすがにそこまでやる馬鹿者は居ないだろうけど・・・しかも、SSBでCQコンテストを叫びまくるとか、発電機も持ってきてとかwww
まあ冗談はさておき。

そう考えると、現実的にはかなり限定されるな。理想的にはアンテナ用三脚持参、折りたたみ椅子持参で、誰も居ないところでやる。というのがいいけど、公園とか登山道では途中のマイナーな場所は人がすれ違うくらいの広さしかなかったりする。ちょっと広い場所は全部こういう一般向けお食事用ベンチだし。

やはり、公園は却下で、バイクの機動性を最大限に生かして、誰も居ないマイナーな林道を登っていくのが正解かも?
「落石注意」とか「通行止め」とか「熊出没注意」(さすがに関東では大丈夫か??)とかの標識があるような場所で移動運用とか・・・やりたくないけどな~~~。 (´A`)

まあいいや、とりあえずの妄想ではそんなところ。



(追記)
結局、ATAS-25みたいなトライポッド・アンテナにする以外になかったりして。なんかもとの木阿弥に戻ってきたぞ。www
そうか~ KX1指定のロングワイヤーの代わりに、もっと短いVCHアンテナを自作して写真の三脚と一緒に移動すればいいんだなと。
ますます妄想が膨らみますね~。

勇気ある??撤退 2

今日は外部条件は絶好調。なので、アンテナ工事をしてみたんだけど、結果的にあのマッカーサーのように??、勇気ある?撤退をすることとなった。

とにかくベランダは狭い。洗濯物が無くても、作業をするには狭すぎる。磁気ループの直径方向をベランダ内に置くことは元から不可能だ。

ベランダあまりに狭いので、ここの赤い矢印のところのボルトの端に頭をぶつけて、血を流しながら作業したよ。
この写真は、VX1000とMFJ-1788をマスト2本に取り付けて、亜鉛塗料も塗布して、いよいよ垂直引き上げにかかろうかというところ。
しかし、ここからが大変であった。

箇条書きすると、

・アンテナとマストの総重量が体感的に想像以上に重すぎて、作業に支障がある上、その後の保守や台風による倒壊等の懸念がある。
・物干し台のベランダ取り付け部の固定は頑丈なものの、この取り付け部と、アンテナマスト固定に使用するアルミパイプ間の固定が頼りなすぎて強度に不安が残る。
・工事で最難関の、磁気ループアンテナのループが屋根を越えた後でそれを垂直に上げるまでの重量がかなり厳しいのと、マストが斜めになることによりその先端が隣の家に接触しそうで危険すぎる。
・そういう状況なので、万一倒壊した場合には、隣の家の建物への直撃の危険性がかなり高そう。

という状況であった。

重量だけの問題ならば、磁気ループはあきらめて、VX1000だけ上げるという選択肢もあるかもしれないが、144のラグチューをメインにやりたい人ならともかく、こちらは全く逆だし、第一それをやったとしても、アンテナを屋外=「周囲の目」にさらすことによる冤罪リスクは同等と考えられるため、その線の選択はありえない。

---------------

なので、ベランダからは全ての部材を撤去して、家族が戻ってくるまでに原状復帰しておかないと「恐怖」なので、まずはそれを全力で行う。
しかし問題は降ろした後のアンテナだ。全く最初に戻してしまえば元の木阿弥。しかも自己融着テープとビニールテープで完璧に防水処理までしたのに。さらに磁気ループは上げる前から置き場所に困っていた。

ということから、一気に「部屋の中、大掃除かたずけモード」に変更。

実は、いろいろあって、何年も古いガラクタを置いて放置になっていた出窓があるのよ。この機会にその出窓のガラクタを全部掃除する。そして、その出窓にアンテナを2つとも置いてしまおうという作戦。
勿論ただ仕舞っておくのではなくて、同軸ケーブルつきで室内アンテナモードとしてだ。

----

室内1

室内2
というわけで、
結局「室内アンテナ」だよ。

上&左の写真が全てを物語っているだろう。もう悲惨な状態の説明文など書かない。

電波が飛ぼうが飛ばなかろうが、そんなこと言ってられる状況ではない。

<全ての努力が外部環境によって報われずに終わる>=人生の定義
というのは、超慣れっこ。こっちに散々書いているとおりだけど~。

しかしこう・・・・
単に「狭い」というだけで、こんなにも不幸になれるんだね。w 血まで流してるし (^o^)/ という。まあ、首都圏の地獄の通勤ラッシュも体験したからよ~くわかるけどね。「狭い」世界の地獄の意味は。


まあ逆に言えば、そういう狭い地獄の人生経験も無く、ただ偶然に理想的環境にある人間が、カネにモノを言わせてすごい設備をただ購入してそれで無線でパイルアップとかで優位に立ったって、そんなのは何の価値も無い。(勿論、仕事としてやるなら別よ。「趣味」としてやるという意味で。)・・・価値は無くても、カネが余ってるならその使い道を提供するという程度の価値はあるかもね~。wwww

あくまでも、自己鍛錬という意味からすれば、今回の撤退も想定の範囲内なわけだし、妄想がますます膨らむというプラス?の側面もあるという~w。

タワーを上げるとしたら?

現実にここで自分がタワーなど上げることは100%不可能だが、ネットでいろんなサイトを見ながら妄想する分にはタダだ。

なんかもう、目も眩むような大アンテナを支える巨大タワー!なサイトばっかりで、すごいよね~。

ところで・・・
そうじゃない人のほうが勿論多いだろうけど、中には、一般人の感覚からしたら、こんなの怖すぎ・・・とか、もし事故とかで近隣に被害が出たらどうするんだろう・・・とか、見るだけで怖くなるサイトもチラホラある。

それで、一般論的に考えるに(あくまでも妄想よ、自分でやったことないから。)、普通の住宅地に建てると仮定すれば、まずはJARLのタワー損害保険に入るのは極初歩的に当然として、台風や落雷時のことを考えれば、多少費用がかかったってクランクアップにするのも必須。当然法律的にも、上空領空侵犯しないのも当たり前。と考えると、こういうふうになるのか?
1
下は道路、真ん中は自分の家とその敷地、左右が隣家の絵だ。このように、理想的に敷地のど真ん中にタワーを建ててちゃんと領空厳守したってこういう具合になるわけで・・・
この絵をみて圧迫感を感じないようでは既に神経がムセン病だろうな?一般人的にはもしこの家の隣に住んでてしかも15m位の高さの鉄塔があれば、あまり安心して眠れない気がするけど。
もしこの絵の青い〇の半径がもう少し小さければ、周囲に対する威圧感は少々減るだろうとは考えられるけどね~。
あとさらに・・・逆のパターンで、隣家がムセンやっててタワーを建ててれば自分が自分の敷地にタワーを後から建てるのは事実上不可能だ。さらに、やたら目立つことからくる弊害も。電波障害の可能性・さらにその冤罪?の可能性やら・・・
あと、ちゃんと建設後撤去するまでのうん十年間完璧にメンテナンスできるのか?仮に仕事で忙しくて1ヶ月残業休出出張ばかりで家に帰って無くても、台風が来てタワーの上のアンテナが半分折れたとしたら、近隣の眼は「単に怠慢で1ヶ月危険を放置してる」としか見ないわけで。


ならば、理想的な場合を考えると、
2
同じく下が道路、真ん中が自分の家と敷地で、家に比べて敷地が広大なので、家とアンテナの縮尺が全然上の絵とは違う。さらに、隣家どころか、隣の土地は全て農地か森林か山。国有地か共有地で将来も家が建たない環境なら理想的だ。
でもまあ、こんなに土地が広ければ、何も無理して高さを稼ぐタワーを高いカネ払って建てなくても、それこそビバレージアンテナみたいな広大な敷地にぴったりな進行波アンテナをだらっと張るだけでDXが59+20dB...みたいな気もするけどね。

つまり、タワーを建てるに理想的な場所なら逆に、タワーなんか必要ない?という?まあいいや、どうせ妄想だし。

・・・・・・・・・と室内アンテナを見ながらこんなマイナーなブログを書いてみるという。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ