JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

平衡

バランを真面目に考えてみる

ここで書いたダイポールを作る件。
ただ、本当に作るとなると、単に「バランは面倒だから、平衡不平衡は無視・・・」な~んていうわけにはいかないでしょう多分。

なので、少々真面目に調べてみる。
アマチュア無線の世界ではバラン、一般的にはバルン、または高周波トランス。いろいろ検索してみても、まとまった資料って無いんだよね。次の3箇所のサイト様は具体的でためになったけど。(1,2,3)
あと、こちらのサイト様が実に詳しくてまさにその通りなんですけど、ネット上ではほとんどわからないっていうのと、「トロイダル・コア活用百科」が参考になったというのがまさに同意。

改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科 —トロイダル・コイルの理論・製作と応用回路
改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科 —トロイダル・コイルの理論・製作と応用回路

改訂新版が出てたんですね。これより前のバージョンを買ってあったんだけど、本棚の奥の方にしまってあって、久しぶりで出して読んでみたら、実にためになる内容だこと。この本1冊で、全てのWebを検索するよりもずっとためになるすばらしさ。
でもこの本の全てを読んで全てを理解するのはえらく大変みたいな。
しかし、もしこの本を全部マスターしたら、究極のトロイダル・ヲタクに成れそうでカッコいいな!

とにかく、「平衡不平衡を無視して同軸をダイポールに直付けすると、電力効率は最悪 44 % 」ですよ。

これはもう、ちゃんと真面目に作るしかないな。「SWRを下げるのに気を使うくらいなら、平衡不平衡変換を真面目にやった方が余程効果的」というのにいたく感じ入ったな~。

さらに、こちらみたいな悪環境では、もうフロートバランをやるしかないみたいな。

----

もう、この3行だけでもこの本のすばらしい価値は明白なわけだが、それではトロイダルコアはどこで買うの?っていう話になる。秋葉原に行って適当にハムショップを回ったり、ラジオデパート3階の斉藤電気に行ってみるのも悪くないけど、わざわざそれだけのために時間と労力とカネをかけて遠くのアキバまでいくなんて、非常にムダ。
このご時勢の節電にも大いに反するわけで。

Webで調べると、マルツにはトロイダルコアあるけど、全部アミドンのTシリーズだけ。ちょっと高周波帯で使うにはアレだ。
あとはサトー電気。勿論それでもいいんだけど、どうせなら、
Amidon御本家
いろいろ参考になるデータシートもあるし、(ここのサイトも参考になる。)、確かにUSからの送料はかかるけど、何しろ単価が安いので、ちょっとこの機会にここからまとめ買いするという手もあるかも?(まだ未定。)

ということで、いろいろ検討中。

Windom。 平衡 or 不平衡 ?

前回の追記を書いていて、ふと疑問。

???

ダイポールアンテナ。見るからに平衡給電アンテナ。ホイップアンテナ。見るからに不平衡給電アンテナ。
ならば、その中間みたいに見えるWindomアンテナはどっち?

・・・・・・・・・・

バランスが取れているのが平衡だから、明らかに平衡以外は全部不平衡なので不平衡っていう考え方がある。

また、アイコムのアンテナチューナーAH-4は、明らかに不平衡アンテナのためのアンテナチューナーで、平衡アンテナをつないではまずいらしい。ということは、ここでわざわざコモンモードチョークを入れているということは、これは平衡アンテナということに。


う~~~~~~~~ん。


悩ましいな。仮に不平衡とみなせてコモンモードチョークも不要になれば、ますますお手軽簡単アンテナでいいんだが。

  --------------------- そのまえに、土地と家が前提。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ