JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

思考実験

どっちがいいんだろう?思考実験

木造家屋で屋外型アンテナチューナーと釣り竿アンテナでQRVすることになったとする。

それで、具体的にはこの図の左の絵が上面図。

思考実験

つまり、四方が木造家屋に囲まれている悪いロケーション。

それで、断面図が右の2つで、

A. 2階のベランダに釣り竿アンテナを立てるけど、良好なアースは無理なので、ベランダの床にアース線スパゲティ状態。

B. 1階の地面に釣り竿アンテナを立てるので地上高は低い上、建物に吸収されるだろうけど、周囲もやはり木造家屋。しかし、アースはまともに取れそうな感じ。

と、両方とも悪いことには変わらないものの、どっちがいい?となったら A, B のうちどちらがいいのだろう?

 という。 どうなんだろう???

MLA屋外設置思考実験

何度いろんな条件で受信してみても、室内アンテナではダメダメなことは明白だ。しかし、タワーを建てるなどもってのほか。屋根馬もほとんど可能性はゼロに近い。ならば・・・ということで、ベランダからどのくらい上げられるか?を思考実験。

MLA屋外設置案
この絵は、現状の現在地の様子をほぼ描いた模式図。
中央が自分の家で、左右がとても近くに建てられている隣家。
この前「移動運用」したベランダに、もし2mの長さの鉄製のマストを立てたら?という仮定。

赤い線は、2mのマストを1本立てた場合の想定高さ。なので、この絵では仮に4本連結したら?という仮定になっている。先端にはMFJ-1788磁気ループアンテナを水平偏波で取り付けて、その先端にVX1000を付ける。
実にこれ以外の選択肢は無い。だって、この丸いループを垂直偏波で取り付けたら目立ちすぎる! なので却下。VX1000のために2本マストを立てるなんていうのもありえない。従ってどう考えてもこの絵で言う青い線の配置になるのは明白。あ~30年位前だったら、SONYのFMラジオ用のルーピックアンテナが全盛だったから、MLAを水平偏波で上げればちょうどこのルーピックの親戚みたいで目立たなかったのにな~とか言ってみる。
実は・・・こちらの家から歩いて5分くらいのところには、2010年現在でもそのSONYのルーピックアンテナが使ってなさそうだけどちゃんと上がっている家があるというのが驚愕ではあるのだが・・・w

---------

本論に戻って、まずは

・マスト1本の場合---アンテナの高さがまさに2階の居住空間になってしまう。で、アンテナの指向性は水平方向だ。なので、TVIを発生させるためにアンテナを外に出しているかのような状態になってしまい最悪。何しろ、ベランダのこの位置にアンテナを上げると、アンテナからリグまでの距離よりも、アンテナから隣家の居室までの距離の方が多分近いという恐ろしさ。

・マスト2本---なんとか屋根の下端よりは上に出られる。ので、一応上げた効果はあるだろう。しかし、そこらじゅうの屋根に反射されて指向性は上空に曲げられてしまい、飛び具合は最低な予感。でもそんな贅沢は言ってられない。

・マスト3本---この絵がどのくらい正確か?疑問なものの、仮に高さ方向の縮尺が正確だとすれば、なんかこう、隣家のテレビアンテナに向かってわざわざ電波を放射してるという・・・やはりTVIを起こすために上げてるような最低な感じが・・・

・マスト4本---一応これなら理想的かも?つまり、隣家のテレビアンテナよりも高くなり、かつ屋根より高いので、水平方向の伝播は申し分ない。しかも、磁気ループアンテナのヌルポイントが真下に来るので、ごく近傍へのインターフェアが発生しにくくなるという効果も期待できる。

とまあ、こういう感じだけど。しかしマスト4本を繋ぎ金具でつないで上げるなんて、強度的にも施工的にもまず100%不可能だよな~。大体そんなアンテナ見たら不安定で怖すぎる。。。。

----------

なんかこう、クランクアップタワーみたいな仰々しいのではなくて、無線やるときだけマスト4本分手動クランクアップで、終わったら手動で下げて、アンテナ部分だけ取り外してベランダ内に隠蔽。っていう機構はできないものか。

仮にそれができれば、大躍進なんだけど。非常~~~に難しそうなことは確か。

--------------

なので、屋外常設&固定はもう免れないと「覚悟」を決めれば、上記のマスト2本ならばそこそこいけそうな感じも。こういう感じだ。

MLA屋外設置案2

まあ、この状態をもって、小さくて目立たないと見るか?変なアンテナがあってイヤだと見るか?は、100%見る人の主観によるわけだが・・・当然一般人が見て・・・だけど。

あとはあれだな~。仮にどんな状態でも外に一旦アンテナを固定で出してしまえば、万一電波障害の場合、というかそれ以前にその冤罪の場合だったとしても、いろんなマッチング上の観点から停波は勿論
 即、アンテナ撤去 の覚悟はしておかないとダメだな。

あとそれ以前に、アンテナ固定となれば、当然同軸ケーブル配線も固定となるわけで、壁に穴あけ3箇所が不可避。(幸い近所に、何でも工事やってくれそうなアットホームな電気屋さんはある。)
さらにこう、 家庭内のSWRが上がるという恐怖 も避けて通れないという。
勿論移動運用だけやるという選択肢もある。しか~し、既に何十年もムセンやってて、QSOのノウハウとかを身につけた人が移動運用やるのと、それが無くて、いろんな練習から今からやらなくてはいけない立場の人間がやるのとでは、非常~に困難さが異なるんだけど。単なる「毎日の練習」をするだけのために、車に荷物を積んで、渋滞の中運転して、現地でセッティングしてetc...というのは現実的にはものすごい犠牲な気がするけど。練習の成果を披露する「実運用」のために移動運用するのは最高なのは理解できる。海外のレンタルシャックとかも含めて。変な喩えをすれば、ミュージシャンが、ライブの本場じゃなくて毎日の練習のために都心の大ホールとかの場所を借りるか?っていうみたいな。ちょっと極端すぎるけど。
まあ、何十年もいろんな物事の犠牲になって、その練習ができなかった人間は、結局いろいろと犠牲になるんだよな~。まあいいやw。

でも見方を変えれば、やりたいことを「ちゃんと自分のためにやる」というのも実はすごく重要だったりする。そのあたりの話は、こことかこことかこことかこことかこことか・・・いろいろ書いた。ていうか、このブログでこういう話題に深入りすると、またまた誰も来なくなっちゃうので止めるけど、こことかこことかに全部書いたので(変人狂人廃人全開~)、一応ご参考までということで~。

------------

なんというか、たかが趣味のムセンの話でも、いろんな困難があるとそれは単なる技術の向上だけでなく、人生論につながるんだよね~。まあそれも趣味のすばらしさ!と解釈することにしよう。(^_^)

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ