JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

移動運用

CQ ham radio 2011.4月号がすばらしすぎる件

こういうわけで、CQ誌の最新号2011.4月号を早速買って読んでいるわけだが、もう予想以上のすばらしさに感動中。

はっきり言って、何十年も前からたま~に買って読んでたりしたけど、今回のこの巻が一番感動したよ。

多分、いろいろこの変なブログに書いたとおり、いろんなことをマイナーながら体験しまくって、ようやくCQ誌に書いてあるような皆様のレベルに遅まきながら近づいてきたのが原因だと思うけど。

--------

まずは、YAESUの広告にあったATAS-25に感動して、調べまくって早速記事を書いたし。
次には、野尻先生の小説と実際に移動運用している体験記事。さらには皆様のQRPの記事。その中で、特に、野尻先生のPFR-3の話と、KX1の記事はためになった。
SW40+やRock-Miteもその勢いで調べたけど、個人的に感じるには、それらはやはりRITやVXOをみなさん自作されているように、そのままでは実用上は不十分な気がする。
まあ、こっちの現状は、まだまだCW修行中で全然QSOできる段階には達していないものの、PFR-3, KX1あたりを見てみると、これなら移動運用できる!っていうやる気がふつふつと湧いてきて楽しい!。

ATAS-25のところで書いたように、もしオールバンドでしかも市街地という場合ならば、ATAS-25と、ガンガンのバッテリーの組み合わせは最強だ。
でも、SSB/FMははじめからやらないと決めてれば話は違う。
特に、HF-CWしか移動運用しないと決めれば、俄然PFR-3, KX1の価値が高まってくるな~。これらならば、もうバッテリーの心配は皆無。しかもリグの大きさも小さいから、車で移動する必然性も皆無。

実は、こっちの環境では、原付2種のバイクをサッと出せるんですよ。なので、バイクで気楽に出られる状況になれば、移動運用への参入障壁は飛躍的に下がるという

原付2種バイク

こんな感じですよ~~~。

さらに、移動運用用のアンテナがもし良好ならば、ここの家の最悪なロケーションはどんな移動運用での制限をも凌ぐような感じだから、ここの常置場所でのアンテナにも応用が効くかもしれない!という側面での期待も出てくる。

---

なので、PFR-3, KX1だけでなく、それに対応するアンテナの方面まで思考が広がってくる。
そんな中で読んだのが、このCQ誌のp.76にあった、バミューダVP9から運用した記事。KX-1とVCHアンテナの組み合わせで、ホテルの部屋に「室内アンテナ」を立てて運用したって!!!

「室内アンテナ」と聞いて、黙っていられるわけはないよな。w

もうこの記事で、KX-1とVCHアンテナへの期待は最高に高まった。


というわけで、まだここまでしかCQ誌読んでないけど、それでももう検討すべきことが山ほどできたので、ちょっと整理してみることにした。
なので、今書いているこの記事はその序章にすぎないわけですよ。

ATAS-25 か~

なぜか今まで調べていなかった、ATAS-25.
手動チューニングで7-430MHzまでオールバンドに出られて、しかも小型なので移動運用に最適という。
Web上を調べると、こちらこちらこちら様などが参考になる。

ごく個人的にまとめると、
・High Q アンテナみたいなのでMFJ-1788みたいなテイスト?があるのか?
・でも原理はどう見ても磁気ループではないだろう。GPだろうな。
・どうやら、良好な接地ができる場所で使うというのがこのアンテナの性能を出すキモみたいな?
・やはりどんなアンテナでもロケーションが悪いとダメだ。
というわけで、具体的には、先程のリンク先にもあるように、

● 天王洲アイルみたいなものすごく海に近い場所、河原などの川のそば、で、地上高0mに設置すればベストみたいな。

で、さらに、やはりリンク先にあった、ガンガンのリチウムイオンバッテリーを電源にすれば最強みたいな。
ここからだと、相模川の河原あたりが候補になるのか?
確かに都心に住んでいる人ならば臨海地区は最高な気がするな。

--

現実問題として、リグの設置・撤収の手間とか、現場でSSBとかFMじゃないモードでやりたいとなると、またそれなりのノウハウとかいろいろないとすぐにやってみるには敷居が高そうだけど(勿論値段的にも!)、移動運用時の候補としては検討に値する製品みたいですね。

ゲリラ的ベランダアンテナにするか?

こんな感じで、とにかく全然聞こえない。

しかし、リグもアンテナもそんなに皆様に引けを取るほどは悪くないはず。やはりどう考えても、「室内アンテナ」っていうのがメチャメチャにダメダメなのは明白。

しかし・・・・普通のアマチュア無線やってる人みたいな感覚でアンテナを上げるのはここでは不可能。

実は・・・これを買ってあるのよ。MFJ-1918だ。今アンテナ関係であるのは、これとVX1000と短い室内用の同軸だけ。HFのアンテナはまだ無い。

ならばこういうのは?

ベランダ?アンテナ?

黒丸がリグの位置。黒い四角は自分の家とか隣家だ。建て込んでてどうしようもない。緑色と青の点線は、現在やってみたVX1000を室内アンテナで使用するというパターン。
そして計画してみたのが、赤と青の実線だ。赤は、MFJ-1918にVX1000を取り付けたところ、青が長めの同軸。赤のある場所は唯一のベランダだ。

しかし、リグの位置からベランダへアクセスするには、室内のドアを2枚越えなくてはいけない。さらにベランダに出るには穴など開いておらず、網戸の脇を少し開けて同軸を出すしかない。当然、ベランダには洗濯物が常駐。アンテナなど出してるのが見つかろうものならば生きて帰れない・・・よな やはり。www

なので、
自分の家に人がいない時間帯 & 天気は雨じゃない & (隣家に人がいなそうな時間帯 or アンテナが外から見えにくい夜間)という条件に合致した時のみ、同軸をだらんと這わせてベランダにMFJ-1918を出して、自分の家のベランダに「移動運用」w  っていうのは~?

これならば、アンテナ近傍の家具や壁の影響は回避できるし、地上高も室内よりは上げられる。(でもせいぜい2mh位だが)経費的にも同軸20m?分位の出費でそれ以上はなしになりそう。あと副次効果として、洗濯物が干してある時に出せば、洗濯物にアンテナが少し隠されてカモフラージュ効果も。

う~~~ん。 なんとかこれでやってみようかな~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ