JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

釣り竿アンテナ

CQ誌の記事と、IC-7000M + AH-4 システム計画

CQ誌、2011.5月号を読む。アパマン・アンテナ特集だ。
ここのところCQ誌の記事は好感が持てる物が多い。今回のアパマンアンテナもそう。一昔前のCQ誌の記事やCQ出版のアパマンアンテナの本とかを見ると、「こうやって実現した」という記載だけはあるものの、そこに隠れている負の側面が書いてない綺麗ごとみたいな記事も多かった。でも今月号のは違うという感想。

運用時には「ちょっとこれは・・・」という程、一般人から見たら受け入れられなそうな形態のアンテナでも、ちゃんと収納時にはこのように小さくなるとか、当然ながら常設は不可能なのが前提!とかの記載があり、これならば参考になる!という実感があるな。

なので、まだ全部読み終わっていないけど、途中までは各局さんのノウハウを、しっかり参考にさせて頂いた。

---

ただ、「磁気ループアンテナは周囲の影響を受けにくい」という記載には賛同しかねる。こちらの実験結果から言っても。

おそらく想像するに、これが磁気ループアンテナだとする。

磁気ループ電磁界
黒はループ本体、赤は磁力線、青はその磁力線に直交するべき電気力線。(だいぶ立体的にはヘタクソな絵だけど・・・

で、要するに、原理からしてループの内面は電気力線も磁力線もとても密になる。だから、たとえ近距離でもループの内面から外側の、緑で書いたA点にある障害物の影響は受けにくい。多分これが、皆さん言っているようなことだろうと思われる。
ところが、こちらの環境の場合、明らかにB点、つまり障害物の物干し竿は電気力線と磁力線の密度が高い場所だ。 

ああ、泣けてくるな・・・ダメな訳だよ。

むしろこの配置ならば、室内アンテナにした方がマシな可能性も?とか考えてみても、これとほぼ同じ条件で室内に設置できる可能性はゼロ。制約条件が厳しすぎて、磁気ループアンテナをどちらの方向に移設することも不可能だ。

だから磁気ループについては現状これ以上はいじれない。

----------------

なので本題の、この前から妄想中の、IC-7000M + AH-4 システムのほうの話。

結論から言うと、前回の図みないな、雨どいにエレメントを沿わせるという方法では、たとえ長さを稼いでローバンドで整合が取れたとしても、全バンドでのパフォーマンスはかなり低くなることは予想できる。さらに、家の側面の10m壁を利用する方式だと苦労が多い上に目立つ。

なので、いっそのこと横に這わせずに垂直方向のみ伸ばすことを考えた。そうなると、できるだけ長い釣り竿を使いたい。どうやら、10mのがあるらしい。ハムランドさんのPG-ANT-100だ。
大丈夫、ちゃんともうポチって来てからブログ書いてるので売り切れになる心配は無いよ。w (^o^)/

ただ、10mも垂直に伸ばしたら、荒天時の心配・常設にした場合に目立ちすぎる件・常設にした場合に釣り竿が徐々にずり落ちてくる可能性・・・・etc.があって、かなり無理そう。

ならば、運用時のみ伸ばして、普段は収納しておくことにすれば?という。まさに、今回のCQ誌の記事でも全く同様の考え方をされている著者の方がいらして、この考えの正当性が図らずも補強されることとなった。つまり、

<収納時>

20110417収納時

<運用時>

20110417運用時

ということだ。こうすれば、全長は13mとなり、AH-4を実際に使っている方々が採用している最低長12mはクリアできる。別に、3.5MHzのパフォーマンスが悪くても、それよりも7/14あたりの性能がいい方が遥かにうれしいからそっちを優先したいというのとも合致するかも?

--

さらに言えば、この計画図にあるとおり、14MHzモノバンド室内ダイポールを自作する案というのも続行中だ。
で、その室内アンテナの直近には2段ベッドがあるのよ。だから、そこで人間が寝ているときに送信なんかできるわけがない!!!
つまり、夜間は室内DPは使用不能

一方、AH-4用のこの釣り竿10mアンテナは目立つ。だから、特に休日の昼間とか、近所のおばさんとかお子様が道端で立ち話wwwをするような時間帯に運用するなんていうのは自殺行為。
つまり、昼間は釣り竿アンテナは使用不能


とまあ、ちゃんと両方アンテナを作ってもそれぞれ限られた時間帯で運用するということまで想定してのことなんですよ~。

と・・・・ちょっと悲しくなってくるけれど~。 


まあいいや、一歩一歩少しずつ進めていくことにしよう。

どっちがいいんだろう?思考実験

木造家屋で屋外型アンテナチューナーと釣り竿アンテナでQRVすることになったとする。

それで、具体的にはこの図の左の絵が上面図。

思考実験

つまり、四方が木造家屋に囲まれている悪いロケーション。

それで、断面図が右の2つで、

A. 2階のベランダに釣り竿アンテナを立てるけど、良好なアースは無理なので、ベランダの床にアース線スパゲティ状態。

B. 1階の地面に釣り竿アンテナを立てるので地上高は低い上、建物に吸収されるだろうけど、周囲もやはり木造家屋。しかし、アースはまともに取れそうな感じ。

と、両方とも悪いことには変わらないものの、どっちがいい?となったら A, B のうちどちらがいいのだろう?

 という。 どうなんだろう???

VCHアンテナを考えてみる

CQ誌2011.4月号に影響された記事<第3回>

前にも書いたけれど、VCHアンテナについてのリンク先を列挙する。

VCH-ANTに関する私の考え
VCH式移動用釣竿アンテナ
VCHアンテナ製作の手引き
QRP移動用アンテナの詳細(4)VCH式移動用アンテナ
ワイヤーアンテナ/VCH
VCHアンテナを作ってみた(その1 材料編)
ベランダ隠密VCHアンテナ製作
VCH式移動用アンテナの製作と調整について

とにかく、釣り竿アンテナにするという大前提がある。さらに、CQ誌のp.76の記事にあった室内アンテナは、VCHアンテナの全長を、記事やサイトで紹介されているものよりも短くしたものだろう。14MHzだけならばそれで充分みたいな?

なので、

1. 紹介された寸法通り作り、全長5m弱の7/10/14MHz対応を狙う。
2. 室内に入る寸法に作り、14MHzモノバンドを狙う。

というのもあるし、上記1,2の中間を狙ってみることも可能だろう。
また、KX1と組み合わせてアンテナチューナを使う場合もあれば、仮に安定して調整が可能ならば、調整後チューナーなしで使うという場合もあるだろう。勿論、常置場所でIC-7000Mと組み合わせて使う場合もあるだろう。

というわけで、かなりの応用範囲が考えられるので、腰を入れてVCHアンテナを作ってみるというのも一興かもしれない。そういうのがハムの自作の醍醐味みたいな気がするよね。

釣り竿アンテナを考えてみる

CQ誌2011.4月号に影響された記事<第2回>

第1回のつづき。なので、KX1でCW移動運用をした場合に、アンテナをどうするかだ。

KX1のサイトを調べてみると、内蔵アンテナチューナーKXAT1の推奨アンテナは次のとおりだ。

7/10/14MHz  7.3m推奨 最低6m
10/14MHz        最低4.8m
14MHz         最低3.7m
(ground radial     最低4.8m)

これは、単に1本のワイヤーをつないだ場合が前提になっているんだろう。しかし、エレメントをこんな長さに伸ばしてしかも空中に立てるには、釣り竿アンテナにする以外の解決策は到底浮かばない。移動運用ならなおさらのこと。

----

なので、そこらじゅう検索しまくって、具体的にどういう釣り竿があるのか調べまくる。
その結果、現在売っているものに限定すると、ここここのサイト様の記載により、(ここで紹介されている釣り竿は発見できなかった。)

Guts グラス万能竿 剛 630 / 仕舞長 102cm
タカミヤ(TAKAMIYA) 白滝渓流3 450H / 仕舞長 40cm

の2つが最適なことがわかった。
そうそう、後で書くけど、VCHアンテナをやるには後者がいいみたいね。さらに、移動運用という点では仕舞長が重要になる。車を使わない徒歩やバイクの場合は特に。

なので、KX1につけるという観点では前者が、移動するという観点では後者が、それぞれ候補になるわけで、しかしさらに言えば、こちらの常置場所で臨時アンテナとして使うことを考えれば前者のほうが良い感じがする。
というわけで、その3種類のシチュエーションに全部対応すべく、2つともポチって来たよ。(^o^)/

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ