JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

電波りよう子ちゃん

ID-5100良さそうですね~5

QRLポッドキャストを聞いていて、今頃初めて知ったという最新のリグの情報。

デジタルもアナログも進化した次世代モービル機ID-5100/D。

アイコム、D-STAR対応の144/430MHz帯モービル機「ID-5100」を発表、発売は2月下旬を予定

144/430MHz デュアルバンドデジタル20WトランシーバーID-5100 (アイコム)

Bluetooth対応、Androidからの操作、天頂衛星対応GPS・・・とか、いろいろと新機能&面白そうなお遊び対応が盛りだくさんみたい。

そして個人的に一番注目しているのが、アマチュア無線機なのに、スマホやナビをいじるのと同等なフィーリングで操作出来る状態にかなり近づいていること。

これって、アマチュア無線の近代化という観点では多分最重要なのではないだろうか?これをクリアしないことには、今の若い人がわざわざアマチュア無線を新しく始めようとは思わないだろう。

さらに、こういう方向をもっと進めていけば、スマホやタブレットで出来ることが、災害時等の通信インフラが壊滅した状態にあってもアマチュア無線端末と各種レピータ機能の連携でシームレスに行えるようになった暁には、次世代のアマチュア無線ブームがスタートする可能性も???

という感触ですよね~。(^^♪



但し、それに備えて、通常のtwitterやFacebookで書いているような内容&動画・音楽コンテンツの送信は合法化するような法改正が必要になるでしょうけど・・・
でも、今までのお役所仕事のイメージではなく、これとかこれな総務省の姿勢ならば今後は期待できるかもwww

電波りようこちゃんの壁紙がもらえるとwww(^o^)/

またまたJARL NEWSネタ。

ぬわんと、電波りようこちゃんの壁紙がもらえると~ これですよ。

12月1日から2月29日まで 「アマチュア無線 電子申請キャンペーン」実施中!

北陸総合通信局のサイトから、もらって来ましたよ。(^o^)/


こういうことで単純に喜ぶという~。 あ~日本は平和だ。ww 
わ~い、りようこちゃん壁紙~。 

-------- とまあ、今回のJARL NEWS、実はとても内容の濃いすばらしい号だったりして。w 

ついに全部審査終了5

全部終了
しばらく放置しておいた、電波りようこちゃん。
さっき見に行ったら、ついに全部審査終了してた。

ということは、現在ある全てのリグについて、ノートPCでJT65などを移動運用する場合も含めて、全部の可能な移動態様について全部免許が下りたということだ。

これで、手続き上の障害は皆無となった。
しかし現実的にいろいろ最近ヒマがないんだけど~。でも、確実に一歩前進したことは間違いないですよ。

少しずつ・・・進めていきますよ~。

VX-3変更申請開始

某販売店さんからネット経由でVX-3購入。入金確認後速攻で送ってきた。すばらしい速さ。
なので、さっそく電波りようこちゃんのところに行って変更申請してみる。これ。

VX-3申請
この悲惨な有様。
赤で書いたのがFT-817でトラぶって、お上がご立腹?になったので、もう一旦取り下げた件。そしてピンクがその後出しなおした件。そして、今日VX-3増設で出したのが青。
ようやくピンクの件が審査中にステータスが変わったみたい。審査開始まで約3週間弱という。
まあ、最初のフェーズから積算すれば、既に2ヶ月突破してるわけだが。

ここで書いたように、あまり期待せずに待つことにする。
しかし日本って、こういうすごいリグを作ったりこういうふうに速攻で店から送ってきたりと、民間部門は世界一なのに、役所とか政治って最悪なのは何でなの?まあ、それが「日本」の定義なのだから仕方ないのだよ。と、勝手に解釈することにする。

まあいいや。腹を立てても自分が損するだけ。そういうのもひっくるめて楽しまないと。w 

-------

しかし、IC-7000MもFT-817もそうだったけど、VX-3もその多機能・超小型・高性能なこと驚愕ですね~。本当にこういうところに本来感謝するべきなんだよな~。「偉いお役人様」に頭を下げるんではなくて・・・www

とまあ、受信関連の機能を一通りいじってみるだけでもしばらく時間がかかりそうなので、総務省が遅いのもそのための時間をお役人様から有難く頂いたwwwと解釈することにしよう。 

VX-3を検討してみる

ハムフェアに行っていろいろためになったけど、行く前には全然関心がなかったのに現場に行って感心したのが、VertexStandard の VX-3。

これは劇的に小さいな。往年のTR-1200あたりとは雲泥の差。w 
当たり前だが。 

というわけで、D-STARとかC4FMとかそういう面倒&ムズい&高い&疲れるのは置いておいて、とりあえず一番手軽にちょっと無線をやるにはこういう超小型ハンディ機はいいんじゃないかな~?と思い始めてきた。

で、やはり対抗機種と比較してみるのが常道。ICOM の、IC-P7が対抗機種なのね。
いろいろ調べてみると、VX-3の方は、外部電源を付ければ3WまでQRO可能とか、乾電池にも対応してるとか、CW学習機能まで入ってるとか・・・そういう「アマチュア」的遊び心をくすぐる内容が盛りだくさん。いい意味でオタッキーだな~と。

そして、個人的にこれはいいと思ったのが、FM放送受信の時はステレオ・ヘッドホン対応というあたり。せっかくこのような超小型リグでゼネカバ受信機つきなのだから、普段無線をやらないときに聴くFM放送がモノラルなんていうのは単純に悲しい。それこそ30年前じゃあるまいし、今時ステレオヘッドホンやカナル型イヤホンは当たり前なのに。

あと、YAESUの推奨しているWIRES-Ⅱって、どこのメーカーのリグだろうとDTMFさえ出ればすぐに使えるのね。なんと気前のいいことよ。こういうところに、利潤追求とか技術の囲い込みとかそういうキタナイ次元を超えた良心を感じるな~とか。まあ、まだまだあまり詳しく知らないので第一印象だけだけど。

---

そうそう。ここに書いたような「総務省対策」というのもある。しかも、一番経費的にも安いし。
そういえば、ハムフェアの総務省のブース。やたら沢山人(説明員のほう)が居て、ちゃんと女の子まで居て呼び込みしてた。敢えて「ちょっと急ぐから・・・」とか言って断ってきたけど。
女の子はいいとして、こういう総務省のブースで説明をダラダラ聞く気など到底なれないのは言うまでもないわけで。「わかりきった事を説明してる暇で、さっさと審査しろよ。」という。
さすがに電波りようこちゃんのコスプレイヤーは居なかったけど~。

と、またまたVX-3の話がコスプレの話になりそうなので、この辺で終わることにする。

ハムフェア2011 か~

ハムフェア2011もうすぐですね~。
実は・・・ハムフェアがあることは第1回から知っていたけど、実際に行ったのは去年が初めてだったりする。

今年も行くと思うけど。このブログを書き始める前だったのねまだ去年は。でもそれ以前にこちらで書いてましたけどね。

で、出展者をみると、今年も総務省あるじゃん。w

あ~ 電子申請の、電波りよう子ちゃんはいいんだけど、(「りよう子」と「りようこ」どっちが正式なのか不明。)審査が遅すぎる総務省なんとかしてもらわないと・・・

-----

ところで、もう今さら遅すぎるけど、電波りよう子ちゃんの名曲もあることだし、



総務省の出し物で、電波りよう子ちゃんのコスプレイヤーを5~6人従えて、この曲に合わせて振りをつけてダンスとかやればよかったのに。 しかし、プロのモデルは雇えないだろうな~ こんなところで税金使ったらもう大変なことに。wwwww (^o^)/

--

これも、今さらだけど・・・ JARL とかハムフェアとか、いや、どうせならわりと一般的にメジャーに近そうな144/430ハンディの世界じゃなくて、CWとかJT65とかそういうマイナーなテーマで萌えキャラを作って大々的に盛り上げれば面白いのに。www 

あ~ だれも反応しないからダメか。。。 
と、結局どうでもいいことを書いて終わることにする。

変更申請進まず

今回の総務省は、10日経っても受付処理中から全く進まず。

ただ、過去の経験からして、IC-7000Mで申請してそのまま通った場合には2週間かかり、補正指令がある場合には1日で来た。ブログに書いておくと、自分で忘れなくていいという絶大な利点があるな。

なので、10日経っても来ないという事は、あと4日で、補正指令も無くそのまま通る可能性が高い?かもしれない?
まあ、油断大敵。心を無にして待つことにしよう。

FT-817セッティングと変更申請

実は・・・FT-817 ブツがもうここにあるんですよ。 

オプションのCW-NフィルタとTCXOを豪華にも??付けて、バッテリーも充電して付属のホイップアンテナで50/144/430のみ室内受信テスト。HFはまだアンテナ無いからテスト無し。まあ、IC-7000Mにつながってるアンテナをこっちに付けてみればできたのだけど、面倒なので今回はナシ。
50のSSB局1局のみ入感あったけど、IC-7000M+ベランダに出したVX1000とほぼ同等の受信状況。
FT-817の受信性能が良いのか?ここのベランダのアンテナ周辺環境が劣悪すぎるのか?まあその両方みたいな感じだった。

そしてさらに、その勢いで、電波りよう子ちゃんのところに行って、
第2送信機増設の変更申請をたった今終わった。さあ、総務省からどう言ってくるだろう。という、来週待ちですよ~。

審査終了!

総務省からは何も言って来ないので、定期的に電波利用 電子申請・届出システム Lite をチェック。・・・って名前が長いよ。

平たく言うと、電波りよう子ちゃんのところにちょくちょく遊びに行くということで~。
審査終了

おお!ついに審査終了だ
今回は「届」だから、免許状記載事項の変更は無し。

なので、只今から正式にPSK-31等のいろんなモードをIC-7000Mで送信することが可能になった。

----

まあその前に、アンテナ何とかしないと・・・ 

っていうのがあるんで、全然審査が終わっても具体的な状況は変わらないわけだが。まあでも、偉大な一歩ではある!ということで。

補正後提出

総務省、ものすごい速さ!
出した次の日に補正指令が。お役所すばらしいな~ 
「電波りよう子ちゃん」の威力は絶大だ

なので、こちらも即日対応しますたよ。こうやって、夜中に提出できるのもまさにオンラインの威力!

まずは・・・
ちょっと記載事項にちょんぼがあったもので。w

いろいろと調べると・・・
電子申請での工事設計書の例が載っているところってここ位しかない。ので、素直に参考にさせていただく。

なんかはじめ、占有周波数帯幅の欄で迷って、こういうサイトも発見したけれど、でもJARLの見本で空欄になってるんだから、「触らぬ神に祟りなし」の法則のとおり、空欄にしてみたよ。


補正した

こんな感じで、昼間役所で審査、夜にこっちで補正・・・の流れ。まさに海外との時差を利用した最速のメール往復みたいな感じ。

ようやくこれで、国内よりも海外のほうが情報伝達速度が速いっていうイヤな現象がなくなったな。
しかも、海外は特にサポートとかのレスポンスが驚異的に悪いので、そういう意味では国内最強な感じも・・・・まあいいや。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ