JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。
14MHz JT65 で22年4ヶ月ぶりにオンエア復活後、CW練習や移動運用は中断、自作ダイポール室内アンテナでJT65、あとはウクレレQRLをやったりw(^^♪という感じでしたが、マンションの最上階ロケーションが手に入ったことから、新たな展開をゆる~く模索中(^◇^)

ATAS-25

なんと初めてFT-817/ATAS-25/城山湖移動運用(でもワッチのみ)5

FT-817移動運用システムの妄想wから約1年3ヶ月、はじめて城山湖付近を偵察してから約1年2ヶ月、移動運用用LT1170昇圧電源完成から約1年2ヶ月。
ちょうどいろいろと移動運用のための準備を行っていたときには総務省が遅くて実際に運用できず、総務省関連手続きが全部終了したら今度は個人的に別方面で多忙になって全く移動運用できる状況ではなくなってから早1年。
しかし、春くらいに忙しいのが徐々に緩和されて、夏くらいに原付2種ではなくて真っ当な四輪車で移動運用できる可能性が出てきたことで、いろいろ狙ってたんですよ。
そしてついに本日、多分平日だから空いてるだろうというところを狙って、はじめて城山湖移動運用&はじめてFT-817実使用&はじめてATAS-25実使用というのをやってみた。こんな感じ。
ATAS-25

FT-817

はっきり言ってアマチュア無線って、90%はロケーション、9%はアンテナ、残り1%はリグ。っていうのが個人的印象。まあそんなことは、もう40年以上も前からわかっているのだが・・・
さすがみなさんが移動される名所。ATAS-25を普通に組み立ててリグの電源を入れるだけで7MHz帯ならばガンガン入ってくる。14なんか海外が入っている。
でも結局慣れてないし怖いからwww CQは出さなかったし送信自体しなかった。いろんなバンドをワッチしてる間にバッテリーなくなってきたし。でも、せっかく鉛蓄電池とLT1170昇圧電源持ってったのに、そこまではいいか・・・って言う感じで今回は使わなかった。
そうそう、ド平日を狙っていったものの、既に先客局長様がこのように。
大移動局
すごいアンテナ。なので7MHz帯は振り切れで入ってくるので、敢えて先客様に妨害を与えるような送信をする気にもなれず。かといっていろいろDXサービスにお忙しい100m先の局長さんを呼ぶ気にもなれず。

まあついにはじめていろんなことを実行に移したのでそういう意味では満足。
あとさらに、実は先日7年ぶりでようやく携帯電話を機種変更して最新のAndroidスマホにしたんですよ。で、docomoなのでマジメにクレイドル買って、docomoの有料サービスも契約して、GPSだけでなくジャイロセンサ&渋滞情報サービスまで至れり尽くせりのナビ・システムのはじめてのフィールド実験もしてみた。

とまあ、今回はいろんなことをはじめてやりまくったので忙しいのってなんのって・・・

で結局スマホdocomoナビについては、ナビとしての性能&サービスについては最高。文句なし
しか~~~し・・・ 事前にスマホを充電したはずがうっかり充電し忘れてたwという人間のほうの性能の劣化により、なんか家から出た時点で既にバッテリーがほぼゼロに。
で、スマホって、走行中にDCを供給してもそれでは充電には不十分なので充電どころか放電されるがままの仕様になっていることを学習。さらにバッテリーを切り離して外部電源で動作させることも不可能。こういうのって、昔から生きてる人間にとっては非常に想定外&我慢ならない仕様なんですけど。 今の若い人はそうは思わないのか???
車載でかつシガーライターから電源をちゃんと取っているにもかかわらず、事前に充電しておかないと全放電で肝心のルート案内の道の分岐の手前でスマホがダウンという冗談にもならない展開となったのですよ。

------

まあ、一般ぴーぷるにとっては全く不可解&不便だけどムセンやってる人にとっては送信前にアンテナいじったりSWRを下げたりするのは言わなくても常識なのと同様に、Androidスマホを使うというユーザーにとってはそういう電源環境に甘んじるというのが常識?らしいので、これも「現代社会」の勉強ということにして納得することにしましたよ。

--

あと、常識が通用しないというのが逆の意味ではアマチュア無線界。
空いてそうな平日を狙って行ったのだけど、良く考えてみれば今時アマチュア無線をやるなんて平均年齢が60歳かそれ以上wwwみたいな。
だから、平日も休日も関係ないわけだ~ 
あ~ やられますた。w やはりみなさん上には上が(年齢的な意味も含めてww)いるな~と、そういう意味でも感心。w (^o^)/

ATAS-25 謎の部品??

実は、もう数日前に既にATAS-25はポチってあって、ついさっき来たばかりという。

なので、早速中身を点検している段階なんですが、1つだけ謎の部品が・・・。

謎の部品?容量管?
これなんですけど、唯一説明書に使用法が書いてなくて、でも「容量管」というのがあることになってるのによくわからないので対応するのはこれしかないし。あ、でも、「本体のことを容量管」?と言っているのかも?だって本体って無いし。

なんか見かけ上、両端に144/430のラジアルを差し込んで、横の穴の
六角ネジで固定する?みたいに見えるんですが、真相はどうなんでしょう?

と、ATAS-25持っている皆様が多そうなので、おんぶにだっこで質問を書いてみるという。
ていうか、ちゃんと検索したんですけど、全くヒットしなかったんですよ、容量管

なので、いろいろと怪奇?な状態なので~。

う~ん。。。あとは想像 妄想wするに、144/430用のラジアルがなくならないように、これに嵌めておくだけどいう。? それくらいしか思いつかないっす。

今後の方向をどうするか考える

今まで、ここの最悪なロケーションと最悪なアンテナ環境(注※アンテナ自体は良いとは思うのだが。)で、なんとか
14MHz, JT65だけで出るということでやってきたわけだが、こういう
AH-4+釣り竿アンテナの妄想をしたりした。
あと、残念ながら14MHz / 50MHz 室内ベント・ダイポールは性能的にNGだった。
また、広い別の場所に固定局・・・という妄想もした。
なのでちょっと絵に描いて整理してみる。

運用選択肢
まず現状は一番上、青で書いた1番だ。そしてAH-4+釣り竿アンテナの妄想は2番。固定局の妄想は6番だ。

勿論、すぐに6番が実現できれば何の悩みも無い。しかし世の中そんなに甘いわけないよ。

さらには2番。これは周辺部品の一部は既に買ってあったりするのだが、でも、たとえこれをやったにしたって悪いロケーションと悪いアンテナ環境自体は不変。さらには目立たないように隠密運用 & RFIのリスクに24時間怯えながらの運用・・・になることは避けられない。
というわけで、どうもこの2番は不毛な選択肢なような気がかなりしてきたのが現状。

それで今読んでるCQ誌2011.7月号は移動運用特集だ。なので、現状と理想の間を埋める策として移動運用を考えてみることに。
CQ誌のバイクでの運用の説明に期待したんだけど、ほとんど詳しい記載が無くて今月号は期待はずれ。でも、たとえ載ってたとしても、こちらはしょぼい原付2種だし、原付バイクにリグとアンテナを固定して「モービル」はやる気ないから関係ない。
選択肢3の徒歩・4の原付2種・5の車ともに、歩行走行時にムセンをやることは考えておらず、あくまでもそれを使って移動して、どこか人の居ない場所に落ち着いて運用するというパターンのみだ。

3の徒歩。これは公園あたりに移動するのを含むけれど、実運用を考えると人目的に厳しそう。
そうなると、4・5のいずれか。ただし、4・5で移動したあとで、そこからかなりの距離を歩いて別の場所でやるという場合には、3ということになる。あと、現実的に、4の場合、長物の持ち運びは絶対無理!。背中にパイプをしょって運ぶことも理論的には可能だけど、バイクで事故とかあった場合に致命傷になりそうでリスクが大きすぎるので、あくまでもちゃんと荷物入れに入る範囲に納めることにする。

あと、1~6までで想定される and/or 現状使用しているリグ(とアンテナ)は次のとおり。

1/2  IC-7000M
3/4  FT-817 or KX-1 / ATAS-25 or MP-1
5   IC-7000M / MFJ-1788 or ダイポール or AH-4+釣り竿LW
6   FT-9000?? ? / DX-88

仮に5をやるとなると、経費は最小で済むけれど、事実上現在常置場所に置いてあるリグとアンテナは、車の中に置きっぱなしになる可能性が大。IC-7000Mのパネルを分離してようやく現在の机の上に苦労しまくって過密実装(本当に、アンテナもリグ周りも、狭すぎて不幸の塊みたいな)してるので、簡単に着脱して・・・なんて不可能だ。でも5をやるとなると、電源周りの整備が不可欠。車のバッテリーをそのまま使うつもりは全く無いので。

3と4を比べると、4ならば原付2種のそばでしか運用しないから、バッテリー周りとかリグの大きさについての制限は若干緩和される。ならば無理に小型のKX-1だけに制限しなくても、FT-817でやってSSB/FMで運用するのも悪くないかも。せっかく誰も居ない山奥?に行くわけだし、家ではRFIが怖くてできないモードでやるというのも一興。値段的にはMP-1が約100ドル、FT-817が約8万円くらい?まあ、やはり10万円くらいはかかるのか?
KX-1関連を揃えると、約400-500ドル位か?約半額?
でも5の四輪だって、ふみたて君関連みたいなのとか、アンテナとか電源とか発電機?とか・・・それなりにいろいろかかるので、リグを流用したにしても数万円以上かかるのは当然だろうし。
まあ、2番だって、AH-4買うので4~5万くらいかかってしまうわけだが。

う~ん。。。やはり何かをやろうとすると、順当にカネがかかるな。当たり前だけど。
ちょっとまた悩んでみることに。


(追記)
こちらのサイト様。えええ、こんな綺麗に1つの荷物になるんですか?これなら電車移動でもいいかも?意外と良い組み合わせみたいですね~、FT-817とMP-1。

ATAS-25 か~

なぜか今まで調べていなかった、ATAS-25.
手動チューニングで7-430MHzまでオールバンドに出られて、しかも小型なので移動運用に最適という。
Web上を調べると、こちらこちらこちら様などが参考になる。

ごく個人的にまとめると、
・High Q アンテナみたいなのでMFJ-1788みたいなテイスト?があるのか?
・でも原理はどう見ても磁気ループではないだろう。GPだろうな。
・どうやら、良好な接地ができる場所で使うというのがこのアンテナの性能を出すキモみたいな?
・やはりどんなアンテナでもロケーションが悪いとダメだ。
というわけで、具体的には、先程のリンク先にもあるように、

● 天王洲アイルみたいなものすごく海に近い場所、河原などの川のそば、で、地上高0mに設置すればベストみたいな。

で、さらに、やはりリンク先にあった、ガンガンのリチウムイオンバッテリーを電源にすれば最強みたいな。
ここからだと、相模川の河原あたりが候補になるのか?
確かに都心に住んでいる人ならば臨海地区は最高な気がするな。

--

現実問題として、リグの設置・撤収の手間とか、現場でSSBとかFMじゃないモードでやりたいとなると、またそれなりのノウハウとかいろいろないとすぐにやってみるには敷居が高そうだけど(勿論値段的にも!)、移動運用時の候補としては検討に値する製品みたいですね。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ