JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。
14MHz JT65 で22年4ヶ月ぶりにオンエア復活後、CW練習や移動運用は中断、自作ダイポール室内アンテナでJT65、あとはウクレレQRLをやったりw(^^♪という感じでしたが、マンションの最上階ロケーションが手に入ったことから、新たな展開をゆる~く模索中(^◇^)

JT65-HF

おお!CQ誌買おうか!

CQ ham radio (ハムラジオ) 2011年 04月号 [雑誌]
CQ ham radio (ハムラジオ) 2011年 04月号 [雑誌]
なんというベストタイミング。QSTに続いてCQ誌でもJT65-HFの記事が出るとか。しかも、特小の記事もあるみたいだし。これは買いだな!と、しっかりとCQ出版に乗せられまくってますよ。w

しかも、あの初音ミク関係では有名な野尻先生って、JQ2OYC 野尻 抱介さんでアマチュア無線やるんだ!なおさら買いだな!


さらに、
電波障害対策基礎講座 (HAM TECHNICAL SERIES)
電波障害対策基礎講座 (HAM TECHNICAL SERIES)
本が出たのは昔だけど、こちらの環境ではまさに必須だな~ ついでにこれも読んでみるか!と、またまたCQ出版買いまくり。w

---

実は・・・特小なんだけど、この前の試算ではいろいろ揃えて4万円だったけど、
トータル・アイ 特定小電力トランシーバー 2個セット T-150R ブラック 32612
トータル・アイ 特定小電力トランシーバー 2個セット T-150R ブラック 32612

安かったから昨日ポチってきたばかりという。
なんというCQ誌編集部www (^o^)/
このマイナーなブログをウォッチしてて、行動を読まれてるような感覚が。

まあいいや。楽しい記事が増えて、楽しく買う気になるなら、それはもう大賛成ですよ。

JT65ワッチ、これは面白い5

14076

他の周波数は全然ダメだけど、14.076MHzだけはとても良く入るようになった。日本時間で夕方がいいのか??

そしてこのように、-6 dB を振るローカル局だと、はっきりとJT65特有の「音楽」が耳で聞こえる。なるほど~確かにMUSICだな。と、
QSTの記事の題名にも納得。

同時に複数の局が聞こえるほど沢山出ているのね。こういうのははじめて体験したよ、ここのロケーションとここのアンテナでは。

ロシアのウクライナ寄りのところとか、ニュージーランド・オーストラリアもちゃんと入っている。ただ、音楽として聞くには -6 dB 位振らないと無理。ていうことは、ここから10-20km圏が限界っていうことみたいな・・・すごいな、ここの環境の悪さが。w (^o^)/

でも -20 dB はあたりまえという気持ちで聞くと割と沢山入って面白い。今のところ、-27 dB までは復調可能みたいだ。なんとキルギスタンまで入った!

------------------

ここの環境ではじめて「失望」以外の感情を味わったよ。
とにかくそういうレベルなわけだけど、今後やや期待できるかも。


(追記)
一般的DX時間って、朝と夕方だったっけ?
ようやく発見。何しろ今まで一回もこういう話題と縁のある経験はしたことないから・・・開局していきなりCQ DXなんて叫んでる人種とは違うから。www な~んて。  どうでもいいけど~
06:00~09:00 16:00~19:00 と覚書することにする。

JT65、受信成功!5

14.076MHz USB にして、プリアンプをオンにして、そのままリグとソフトをオンのまま放置。お!何か入った形跡があるぞ!
ということでしばしワッチ。

14076

これがまさに今入ったばかりの信号の様子。
RW0SR、イルクーツクのRTTY, PSK-31, JT65でアクティブな局だそうだ。
おお、はじめてJT65受信成功。しかもはじめて聞いたのが日本ではなくロシアの局とは・・・これは脈があるかも???
こういうふうにWater Fall上では見えるのか!と初体験。しかも実際に耳で聞いてみると、もう完全にノイズだけで何も聞こえていない。確かにこれは、CWを遥かに凌ぐ究極の通信方式

このように弱いJT65信号なら、他のRTTYやPSK31と違って、ただ普通のリグでワッチしてる人は全く何も感じないはず。
これはすごいな。CDMAみたいにスペクトラム拡散しなくても、ちゃんと事実上のスクランブルかかってるみたいな?秘話通信でも暗号通信でもないのに一般人にはわからないという。
CWもそういうかっこ良さはあるよね!速い和文とか、絶対取れないし・・・しかし、JT65の場合、その信号の存在すらわからないという点ではある意味その上を行っている。その代わり、PCがないとお手上げだからそういう意味ではCWにはかなわないけど・・・

悪条件耐性の極致 JT65、自己鍛錬の極致 CW という感じか?

それからしばらくワッチしたけれど、RW0SR局の相手局は全く取れず。アメリカ本土の局だったけれど、さすがにこちらの環境ではJT65でも不可能か。

CQ SSTV USB と IC-7000M etc. 配置換え

やはり熱は馬鹿にできない。何しろ、この地震・津波・原発事故で、
一番危機の原因になっているのが原子炉の冷却系が壊れたこと。

というわけで、なんか夜中の1時過ぎてから急遽配置換えをやってるんですが何か???
まあ、「睡眠で人生の時間を無駄に浪費しない!」という、お釈迦様の尊い教えを実行しているんだよ。ということにする。

まずこれが以前の配置。写真はないけど、右側のIC-7000Mの上にもろにCQ SSTV USBを置いてた。確かに熱的には厳しい。(でも受信だけなんだけど・・・)

そしてこれが配置換えの後。
急遽配置換え
もうお得意の・・・磁気ループのコントローラと、リグの電源と、
IC-7000Mを3階建て高層建築という。
そして右の地面に、CQ SSTV USBを直置き。下はメッシュだから下も上も空気で熱的環境は一気に最高になった
一応今のところ、30分くらいつけっぱなしだけど異常はなし。
そうそう、CQ SSTV USBを冷ましたらちゃんと症状が治っていた。まさに典型的な熱による動作不良だった。いろいろ勉強になるよ。

ついでに、表示部を公開。まあアレだけどね~

操作部とか・・・
こんな感じで、あまりカッコイイものじゃないんだけど
画面上に、JT65-HFとMMVARIダブル表示でJT65でもPSK-31でもドンと来い!という気合?なのに、何も信号が無いという空しさ。
リグの表示部は、さっきの7036kHz(USB)を示している。
時計はなぜか、ニューヨーク時間(でも冬時間だけど・・・)
画面の右下のは、前に自作した、JST/UTC時計のソフトだ。でも海外と交信しないから全然UTC役に立ってないよ。(^∀^)

JT65-HFやってみる

早速JT65-HFをやってみることに。
これが動作画面。

JT65-HF
結局、
21076.0 kHz USB
18102.0 kHz USB
14076.0 kHz USB
10139.0 kHz USB
7036.0 kHz USB
7039.0 kHz USB
7076.0 kHz USB
の全周波数で受信してみたものの、全く受信できず。この絵は、7036のときのもの。
近くで、ロシアのPSK-31局が送信してたときがあって、そのときはそれなりに反応したので、ハードとソフトはちゃんと動作していたと思われる。(PSK-31でデコードして確認した。)

しかし、どうも受信レベル調整がやりにくいな~とか思って、Windows側で調整して一応うまくいったのだが・・・

電源オン後、連続1時間くらい受信したら突然、何もしてないのに
CQ SSTV USB が無反応に・・・・ 壊れたのか???

確かに、IC-7000M本体の上に置いているので熱を持つ。でも受信だけだからほんのりあったまる程度で、全然熱いほどではない。

とりあえず、一晩さましてからやってみるか?

ハードがやられたとなると・・・・RTTY/PSK-31も全部ダメっていうことになっていろいろ大変そう。 

なんかこう、何をやってもダメなんだよな~ ここでは。。。

JT65を調べてみる

さっき来た、QST。そう、ムダにJARL終身会員だけじゃなくて、
ムダにARRL終身会員でもあるという。
いつかムダじゃない日が来る予定にはなっているんだが。www

パラパラ見てみると、JT65の記事が。JT65自体はWSJTの関係で2003年ごろJT44とかで調べたことがある。なので全然驚きもしないわけだが、しかし注目の文章が・・・・

QST Apr.2011 p.46 左段だ。

JT65 performs so well, it has been a boon to hams living with
severe antenna restrictions.
Amateurs running 5 W to indoor antennas are making DX
contacts on a daily basis with JT65, even with our less-than-
stupendous band conditions.

厳しい制限のあるアンテナ、5Wに室内アンテナで日常的に DX だと~・・・ 普段英語ダルいから読み飛ばしてるけど、こういう単語だけは見逃さないぞ!! というわけで、真面目に読んだ。

まあ、特に日本の昔の雑誌などでは、10WにボロいリグでもHFならDXが・・・な~んて、今考えると「時代錯誤のウソ」が沢山書いてあったけど、2011年現在のしかもマトモな雑誌のQSTなので、信頼性的には日本のものよりも上な気がして、かなり気になるよな~。

確かに、PSK-31やCWは、微弱信号でも交信可能とは言われているものの・・・そもそも何も聞こえない状態では無理だよ。 実際ここで聞くと、どのバンドも1局もいないというのが日常茶飯事だし。
そこへいくと、JT65. これなら全く人間には信号が聞こえていなくても可能な場合もあるという、まさにEMEを目的に開発された、ある意味悪環境下における究極の通信方式。そういう意味で、この場所でマトモに無線をやれるかどうかの「最後の砦」であるわけだ。

-----------------

というわけで、マジメに調べてみる。
まずは、WSJT JT65 の総本山。
WSJT

あと、2003年位に結構聞いたJT44とかは今ではもう殆ど時代が変わってやってないみたいね。事実上JT65だけを調べればいい感触。
そして、QSTにも載ってたけど、現在の一番メジャーなJT65用のソフトは、W4CQZさんが作った、JT65-HFみたいな。しかしweb上では、
W6CQZと誤記されている場合がとても多いという。

(追記・・・ご本人は、両方のコールサインを持っているということで、両方とも正しいことが判明しました。)
何しろ、ご当人のご本山のサイトが無いという。今時なんて閉鎖的なんだろう・・・っていうところは気になるが。

そして、日本語で書いてある一番詳しいサイト様。
JA2GRC JT65-HFカテゴリー
事実上このサイト様を見ればほとんど全部OKなわけだけど、こちらで紹介されているJT65-HFのダウンロード先は、全然機能していない。

なので、実際に使えるダウンロードサイトはこちらみたい。
IZ4CZL

HF JT65A Logger
まだ登録してないから中身は不明。

JT65 HF JT65A HF Frequency Information
周波数案内図。実際聞いてみるときには役立ちそうな感じ。

--------------

というわけで、一応、自分用リンク先覚書は以上だが、JA2GRCさんは、JT65以外にもいろいろやられていてすごいな~。ちょっとリンクさせていただくことにする。
JA2GRC
JA2GRCブログ

--

ところで、2011.3.11の東北地方太平洋沖地震による福島第1原発事故により、大鷹鳥谷山 JJY 40 kHz は停波中のはず。しかし、JT65では確か時刻合わせが生命線だったはず・・・
なので調べると、NICT本部は無事。なので、NTPサーバーも正常運用。

「よし!これならできそうだぞ!」

というところで、次回へ続く。 To Be Continued.

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ