JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

KG-FAX

KG-FAXリベンジ

前にやったこれ
実はアンテナを外に上げたので信号が強くなったからではなく、単に
KG-FAXの詳細設定をデフォルトのままにせずにいじったせいで(というのが悲しいが・・・)ちゃんと受かるようになった。

Image1

こんな感じだ。でも見てのとおり、フェージングがしっかりかかっていてそこだけ画像が乱れる。大体1分強の周期ということもわかるな。(1枚送信するのに20分かかるので。)

Image2
で、これがその問題の設定だよ。

こういう定数にすると、ちゃんと同期がかかって正常動作する。自動制御も大丈夫だ。特に、同期補足範囲を広くしてやって、同期信号閾値をそれなりに調整するのがキモみたいな感触。

KG-FAX受信実験

オーディオインターフェースは完璧、かつ、受信機はゼネカバ、かつ、アンテナは磁気ループなのでアマチュアバンド以外も連続カバー。
という条件は揃っているので、またまたすばらしいソフト、KG-FAXを頂いてきてFAXを受信実験してみる。

受信するお相手は、JMH 気象無線模写通報
しかし・・・耳で聞いても十分弱いんですけど。5kWなのに。ここは内陸だから、船舶用FAXは弱いんだ?本当か???

なにしろ、KG-FAXで同期がかからないほどの弱さ。なので、受信画像はこの程度。
KG-FAX
なんかイヤになるな。
リグとかその他の準備とかは後天的になんとかある程度はなるものの、ロケーションというのはある意味先天的「運」の要素がいろいろ強い??ということにしておくか。w

でも億単位のカネを動かせる人からみれば、ロケーションの良いところに不動産を建築するなんて、先天的だろうと後天的だろうと「朝飯前」なんだろうな~と想像してみる。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ