JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

MFJ-259B

14MHz室内ダイポールの製作実験開始

MFJ-259Bが来たので、実験を開始した。まずは、フロートバランから。
もうまさにこちらのサイト様の寸法どおりに作った。こんな感じ。

フロートバラン
一応タッパー入りにしたけれど、別に防水は室内なので関係ない。あ~あと、UEW線をツイストするのがあまりうまく行かなくて恐る恐る捻ったので、ツイスト不十分な感じも・・・・ そういえば、こんな基本的なアンテナ関係の物を自作するのも初めてだし。
ていうか、どうもR, jXの両方が見える測定器が無い状態でアンテナ関係を闇雲に作る気には今まで一切ならなかったというのが本当のところ。どうせ、本に載ってる数値の通り作ってうまく行くほど世の中甘くないし。その上こっちの最低なロケーションの苦しみがさらにそれに上乗せされるわけで。

------

いよいよそのフロートバランに、一応14MHz用にカットしたビニール線をつないで、MFJ-259Bではじめて測定してみるという試験。

001_R<1>
まずはこのように、エレメントを展開せずにぐしゃぐしゃに丸めた状態で測ってみる。
そしてその結果。左が jX=0 の点、右がSWR最小の点。
001_a001_b
意外にいい値でびっくり。
さらにこの状態では高調波で jX=0、SWR最小ポイントも発見した。
001ha_a001ha_b

ここでシミュレーションしたとおり、ダイポールアンテナにおいては、奇数倍高調波で同調するので、略々15MHzに同調するように設計して、略々その3倍の45MHzの同調点も利用すれば、14/50ともにアンテナチューナーの威力で2バンドダイポールになるかも?という淡い期待も少々かかる。ただ、3倍というにはちょっと厳しいwwwような気もするけどまあ実験次第ということで。

--

002_R<2>
お次は、片方のエレメントのみそこそこ展開してみた状態。展開とはいっても綺麗に伸ばせるほど部屋は広くないので、せいぜい1mくらい伸ばしただけだ。
jX=0の点が基本波のところで2つ見つかった。
002_a1002_a2
SWR最小点は、その2つの jX=0 の点の中間にある。
002_bさっきの<1>のときにも jX=0 は2箇所あったのかはよくわからないが、前のシミュレーションの結果からみると、こういうふうに2つの jX=0 に SWR最小点がはさまれているというのは基本波の奇数倍で理論的に正しく共振している場合と異なっており、あまりうれしくないかもしれない。帯域幅が狭いことが予想されるわけだけれど、こちらの必要としているJT65だけに限って言えば、周波数はほぼスポットなのでたとえそうでも全然実害は無い。磁気ループに比べたら、ブロード過ぎて天国のようだよ。

--

003_R<3>
つぎは、両方のエレメント共に展開(1mだけ伸ばしてみるという次元で)してみた場合。
基本波で、jX=0, SWR最小の点。
003_a003_b
ただ、いろいろいじってたらこのように、変なところで jX=0, SWR最小になる周波数があった。それぞれ、Rが低すぎたりSWRの値が悪かったりして、なんかこう寄生振動?の共振点?みたいな。こういうのを見抜くのも、測定器があればこそ。
003ha_a003haa_b
共振モードがどうなっているのか?Rが50に近くてSWRが下がるのかそれともjXが0に近くてSWRが下がるのかすらわからなくてアンテナを工作するなんて考えられない。というのが実感。
なにしろ、理論(エレメント長)から予想されるアンテナの動作よりも、環境から受ける影響の方が多分大きいので、実測しないと何もわからないだろう多分・・・・という恐ろしい環境みたいな~??

--

今度は<4>として、もう一回エレメントをぐじゃぐしゃに丸めて、さらに最初の<1>のときよりも激しく丸めてみた。
004_a004_b

なんか総合するに、展開しないで丸めている方が、R成分が程よく上昇して、結果的にマッチングもとりやすいみたいな?
いいのかこれで?本当に「アンテナ」として有用な状態になっているのかは不明。

で、以上を全部グラフに描いてみたのがこちら。
一応グラフ
でもプロットした点が少なすぎてほとんどわからないという。まあこれをやるなら、真面目に測定点を沢山とってデータを記録する必要があるな。今日はそこまではやらない。
さらに、このグラフでの jX の符号は、主観で±にしたものもありこれだけではよくわからない。多数の点を測定して、シミュレーションでのグラフの形との類似点が明らかになれば、その時点で jX の符号が確定できるのかもしれないが。

このように、シミュレーションと実験を両方ちゃんとやれば最強!のはずなのだが・・・しかし環境が最低に劣悪だから、全然最強なわけがないのであった・・・・ 


「ただし」、逆に言えば、こういう実験のように丸めた方がマッチング的には良好になる場合があるということは、現在SWRが5という大変なことになっている磁気ループアンテナに、積極的に妨害導体を接近させることによって、性能はともかくSWRだけは下げられる手段がある可能性が少々あるかもしれない。という期待も持てる。かも??

環境が劣悪なだけに、いろいろ「やってみるべき事」があって楽しみ。 (いいのか?楽しみで? 

よし、いろいろ武器が揃ってきたぞ!5

ここで妄想したアンテナシステム図。それを実現するためにいろいろ準備中なわけだが・・・

まずは同軸切換器と、デュープレクサと、コモンモードフィルタとかを、このように配線終了した。
同軸切換器など

そして、やはり図にあったとおり、HF-50 までの SWR 計も接続。
SWR計

ここで検討したライン・フィルタも購入済みで完備。
ラインフィルタ


そして、計画中の14MHzモノバンド室内ベントダイポールと、それ用のフロートバランを製作するための、測定器をいろいろ発注してたのだが、時間がかかったけどついに本日全部揃った!。
測定器群
このように。そうそう、やはりディップメーターがどうしても懐かしくて、結局 MFJ-201ポチってしまったんですよ。(^∀^)

MFJ-259Bを検討する

CQ誌2011.4月号に影響された記事<第4回>

というわけで、なぜかVCHアンテナを自作する方向に話が進んできた。
このブログを全部読んでいる人はわかるだろうけれど、こちらとしては、アンテナ自作まではやる気はなく、とにかく「何とかして実運用までこぎつける」というのを目的にやってきた。

しかし、前回までのVCHアンテナの流れや、常置場所でのJT65用の
14MHzベント・ダイポール・アンテナ(さらにフロート・バランも自作する。)の流れで考えると、もう、アンテナ自作へと一直線に走っているのは明白。

もう30年以上も前に、2SK19で、ゲート・ディップメーターを作ったことがあったけれど、当然全て廃棄済み。それ以来、高周波やアンテナ測定ができる測定器環境はゼロだ。(IC-7000Mの後に買ったSWRメーターを除くと。)

現代ではもう普通のディップメーターなんて売ってないのね。寂しいことよ。昔は、普通にTRIOのがあったし、高級品ではDELICA、三田無線研究所のカッコイイのがあったよね~。
と、わかるひとにはわかる話になってきたりして。www

2011年現在、一番買う価値がある測定器といえば、この分野では
MFJ-259Bみたいな?とりあえず、自分用リンク先覚書。

MFJ-259B
MFJ-259B HF/VHF SWRアナライザー(アンテナアナライザー)
測定機 MFJ-259B
MFJ-259B SWR アナライザー その1
MFJ-259B アンテナ アナライザー その2
MFJ-259B アンテナ アナライザー その3
MFJ-259B アンテナ アナライザー その4
MFJ-259B アンテナ アナライザー その5
MFJ-259B アンテナ アナライザー その6
MFJ-259B アンテナ アナライザー その7

ふー 書くだけで疲れた。それ程までに詳しくてすばらしい記事だな。
まあ、バラン自作さえしてしまえば、その先の平衡アンテナだって障害なく測れるわけで、ますます応用範囲が広がる。

あ、VCHって、Off Center FeedのideaとTop Loadingの短縮Verical ANTのideaをうまくひとつに融合したものというわけで、グランド・ラジアルが複数本出てて一見GPみたいだけど、ちゃんとフロート・バラン入れてるわけね。
しかも、フロート・バランだからそういう平衡みたいな不平衡みたいな??っていう場合でもノーブロブレム!っていうわけか~。
いろいろ奥が深いな~、やっと少~しだけわかってきたみたいな。
(^∀^)

逆に言えば、理想的不平衡アンテナ以外ならば全部フロート・バランを入れておけば救われる!っていうみたいな?
おお、フロートバラン、偉大すぎる!
なんか、フロートバラン・ヲタクになりまくって量産したい気分になってきた・・・とか・・・

さらに、今まで散々やった、MMANA-GALでのアンテナ・シミュレーション。結局これだって、RとjXの値がわかってなんぼの世界だ。
だから、MFJ-259Bみたいにそれが測定できる機械があってはじめて、理論と実験の整合が取れるんだ。
なので、ますます「必須の測定器」という感触が大。



(追記)
リグエキスパート ジャパンの、AA-230 PRO
これはすごい!!なんかこうまさに現代の最先端だね!アンテナを業務で量産する場合なら絶大な威力みたいな。
でもアマチュアで1つ作る分には値段も絶大!なのでもったいない感じがするから、予算的にやはりMFJがいいかな~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ