JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。
14MHz JT65 で22年4ヶ月ぶりにオンエア復活後、CW練習や移動運用は中断、自作ダイポール室内アンテナでJT65、あとはウクレレQRLをやったりw(^^♪という感じでしたが、マンションの最上階ロケーションが手に入ったことから、新たな展開をゆる~く模索中(^◇^)

SWR

MFJ-945E登場で、5W運用が可能に!

ちょっと図が汚いけれど、ここの同軸スイッチのところに、

無線アンテナシステム

MFJ-945Eアンテナチューナを入れた。こんなこともあろうかと・・・?買ってあったんですよ。

勿論このときのリベンジが目的。とにかくリグ側にチューナを入れたので、リグから見たSWRは、完全に 1 まで下がった。
なので、リグのファイナルさんに対するケアはバッチリだ。当然ながら、でもアンテナ自体のSWRが悪いのは変わらないわけだが。

5W出力時の実測値で、リグ側のアンテナチューナでのSWR=1のときに、MFJ-1788コントローラでのSWR=3であった。
これは全く前回の値と変わらず。理論的にもとても納得のいく数値で気持ちがいい。(でも悪いままだけど~)

なので、SWR=3ではあるものの、5W出すことに関しては障壁が下がったので(RFIリスクはまた別だが・・・)、なんとかQSOしてみた。(これだけ環境が悪いと応答する相手にたどり着くまでが一苦労。
その結果、HisRPT / MyRRP の差は、5dBまで縮まった。このときの予想では6dBだから、それよりも良くなってバッチリだ!でもまだ一局しか交信できてないけど。

しばらくは2W2

というわけで、SWR=5 という数値が出てしまっては、ちょっとリグが不憫で。
実際、IC-7000M側のSWRの見かけ上の数値では、2Wではほぼ1なものの、5Wではいきなり∞。勿論実際の値とはかけ離れているだろうけれど、気分悪いことこの上なし。無駄になっている45%の電力は、不要輻射はもとより、リグの半導体その他の部品を確実に劣化させるためだけの熱になって浪費されている・・・(この節電のご時勢に!)なんて考えると、5Wにしてもいいことは一つもなし

なので、現状の設置でMFJ-1788を使っている限りでは、送信電力は2W以外にはありえない。ということになってきた。

SWR=5.......1

現在構築中のこのシステム図。



で、出力をなんと! 5W という「大電力」にしてSWRを測定しなおしてみると・・・
MFJ-1788側のSWR計で
10/14MHz SWR=3, 7/18/21MHz SWR=2前後。
そしてピンクで書いてあるDIAMONDのSWR計では、
10/14MHz SWR=5, 7/18/21MHz SWR=3

ああ、なんということでしょう。 本来なら、よりリグ側で測ってるので途中の同軸スイッチとかの減衰分があるはずなので逆にMFJ-1788側よりも見かけ上良い数値になるはずなのに・・・
単に2Wだと測れなかった値が、ちゃんと測れてるだけみたいな。MFJ側の数値はかなり甘い?orいいかげんな可能性ありということか?。

SWR=5 といえば、55%の電力しか有効に出て行ってないという数値ですよ。いかに物干し竿を筆頭に、こちらの悪環境が磁気ループアンテナでさえ動作不能にしているかを如実に表している悲しい数値だこと。よくこれでいくらJT65とはいえ、2Wで海外とQSOできたものだな~。と、逆の意味で感心してみたり・・・

超ローカルさんでさえQSO無理。1

14MHzのJT65で、14 km という近さにあるローカル局で -12 dB 振ってるのに、CQ に応答してみると全然無視されるという。
そんなに弱いのかな~。何しろ出力は 2 W 。しかも、MFJ-1788 をこの周波数でどんなに調整しても、SWR は 3 。「3」ですよ。
まあ3でも、75 % の電力は出ているわけだが。(電圧反射係数
ρ = 0.5 だから、電力なので2乗すると 0.25 だから、残りの電力は
75 % 。でいいんだっけ?(^^) )
(あ、そうそう、関係ないけど当然ながら、SWR と電波障害の可能性って、wiki に書いてある通りなんだよね。どんなにベストマッチングだって、基本波で出ればそれまでだし、受信側が原因で拾う場合もあるし。全ての場合に言えるのは、パワーを入れるな!っていうことだけみたいな。)

試しに、別の7エリアの局を呼んでみたら、VKに取られてしまったwwwという。(^∀^)

あー あっというまに SWR は 4 になってしまった。ρ = 0.6 だから、一気に 効率 64 % かー。さすがにそれは苦しすぎるだろう。
いくら 2 W でも、ファイナルが不憫すぎるし・・・

やはり、14MHz帯用アンテナを急遽、別に作るのが先決みたいだな~。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ