JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

TR-1200

QRLのポッドキャスト、全部聞いた(^o^)/

CQ誌の2011.8月号にも載ってて、これは!と驚いたこの番組。
QRLポッドキャスト
ここからだと、FM西東京の実際の電波を聞くのは多分ムリそうだけど・・・例によって、壊滅的なロケーションな上に、田無市の方向には、やや低いビルと、やや高いビルが2段構えで万里の長城wwwになっているという。

いや~ これは濃い番組。数日に分けたけど、ついに全部聞きましたよ。CQ誌も読んだし。

D-STARとかWIRESとか全然わからないからいろいろ勉強になるし、CWも勉強中だから参考になるし、当然ながら・・・往年の話はほとんどわかるし。wwwww
あ・・・でも、BCLをメインにやってたのは、スカイセンサーなんかが出たのよりもずっと前、5球スーパーで北京放送ですよ何といっても。
毛沢東死去の日の北京放送聞いたし~。

ついでに、5球スーパー関連で作った自分のサイト自貼りしてみる。
初心者のための真空管雑学
何年も放置してるサイトですけどね~。

----

でも、残念ながら、一番濃かったうん十年前の50MHzの話は、微妙に年代が異なっていて残念だった。
FDAM-3やその前のTR-1000あたりの話と、RJX-601の話はあったけど、肝心のTR-1200はスルーだったし。

TR-1200は、世界初のトランシーブ・トランシーバですよ。
そう、世界初。
だから、RITが付いた世界初の機械のはず。
アキバに当時あったトヨムラで買ったし。
マスプロの4エレ八木と一緒に。

あ゙、せっかくだから、前にも出したかもしれない、自貼りのやつをもう一回貼っておくかな~。



そうそう。当時は港区だったので、JARLビーコンは霞ヶ関のやつですよ。今も昔もロケーションが悪いことだけは、何十年のブランクを経ても何も変わっていないという。  

あと、AM-3まではスロープ検波だったんですよね。だからFMの音質は悪かったのよ。TR-1200になってから格段によくなった。そっちの話はこのブログの前のブログに書きましたけど・・・

----

というわけで、今後もQRLの番組が楽しみですね~。
特に、ますますマニアックになっていくという方向で・・・w

FT-817のバッテリーを考える

前回の続き。

FT-817を買ったとして、さらにバイク移動用に、ダイワ タフバッテリーでもいいし他のバッテリーでもいいので12Vの外部電源を得たとする。

でもどうやら、FT-817の外部電源電圧のスペックは13.8Vらしい。
ああ、TR-1200と同じじゃないの。
なんという懐かしさよ。単2電池だったら9本コースだな。w
はい、こちらですよ。(^o^)/

TR-1200とFT-817といえば、こういうすばらしい写真を載せたサイト様がある。
をを、まさに昔やってたことと、これからやろうとしてることが1枚の写真になっているよ。 実にすばらしい。

ところで、こちらのサイト様にあるように、FT-817の外部電源電圧は、ちゃんと13.8Vあるのとないのとではパフォーマンスにかなり差があるみたいな?

なので、こういうDC/DCコンバータを自作された方もいらっしゃるよ。
バッテリーを2個直列にして24Vにして、そこから降圧コンバータで13.8Vにするならば、そういう製品も沢山あるし全然珍しくない。でも、やはりスマートさには欠ける。そこへいくと、12→13.8Vに昇圧するというのはスマートだな。製品では唯一 DC-DCアップバーター UP-1230A があるみたいだけど、25,000円くらいして高い。しかも、FT-817で使うには電流がオーバースペックでもったいない。

なので、仮に12→13.8V昇圧DC/DCを採用するとしたら自作がいいだろうな~?当然ながら、12Vの鉛電池を使うのが前提で12→13.8V昇圧DC/DCを採用するわけだから、原付2種のバイクの場所だけで運用するのが大前提だ。

--

では徒歩運用の場合は?
鉛系電池はちょっとイヤだな。重くて。リチウムは高いし怖いし。でも、徒歩運用をやる頻度は多分低いだろうということで、ならば普通の使い捨てのアルカリ乾電池でいいじゃん。
それこそ、単1・単2電池9本の世界だよ。ww (^o^)/ ほぼジャスト13.5Vで何の悩みも無いみたいな。
単1が9本でも、2kgよりは軽いとどこかのサイトにあったから、鉛バッテリーよりは確実に軽いわけで、まさに鉛電池と内蔵電池との中間の条件で運用できるというメリットがある。

いろいろ条件が変わると装備も変わって大変?みたいだけど、「それが楽しい」のがまさに趣味の世界の特権だということで。

整理すると、

● 原付2種の場所で運用
 外部電源はシール型鉛電池(+12→13.8V自作コンバータ)

● 徒歩運用
 外部電源は、単1電池9本、または単2電池9本。(両方あれば使い分けられるという利点も。)(両方持っていけばさらに有利という考え方も??)

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ