JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRLを弾いたりの後、マンション最上階からJT65/FT8などをゆる~く模索中(^◇^)

VX1000

とりあえず一通り聞いてみる

まあ、はじめから期待してはいないけど、ひととおりワッチ。

7/10/14/18/21MHz
う~ん。
時間帯にもよるだろうけど、あまり室内アンテナ時と変わらず。
MFJ-1788コントローラ上で見るSWRは逆に悪化して、10/14/18/21では、自動ディップ検出機構は働けなくなった。それほどディップが浅いという。なので、SWRは最低でも2.5。特に14が悪い。
7はその中では一番良い。これは室内アンテナ時とは逆。でもやはり自動ディップは不可能で、SWR最低点でも2.0が限界。
なにしろやはり、磁気ループのアンテナ直下にある2本の物干し竿の影響がすごいのか???

50/144/430MHz
やはり室内アンテナ時とあまり変わらず。SWRはまさにVX1000の取説のとおりで実に再現性がいい。50は50.5~51位でSWR最低で大体1.5-2位か?50.1だともっと悪くなる。144/430はかなり良くて、ほぼバンド中1.5。但し単に同軸ケーブルの高周波減衰性能wがすばらしくて、反射波を効果的に減衰させてくれているだけかも?

わりと、144/430あたりでは、室内 → 屋外にした効果があるかもしれないけど、他のバンドでは微妙?といったところか?

まあ、しばらく様子見ですな~。

とりあえず、23年ぶりに上げたところに意味があるよ。

ついに、MFJ-1788 / VX1000 が屋外に上がる 5

昨日の経験や方針変更によって、再度アンテナ設置に挑戦する流れ。

ああ30cmしかし、このように、物干しの左側ポールは壁とのクリアランスが30cmしかない。磁気ループアンテナを上げるには、これが最低50cm無いと無理だ。
あ~なんと、狭いだけでこんなにも不幸なの?

というわけで、昨日の妄想から変更して、物干しの右側ポールに設置することに急遽変更。

物干し竿に置いて作業このとおり。MFJ-1788を物干し竿の上にただ置いて、そこにVX1000とマストをくぐしてそれを固定。
面倒だからもう、洗濯物の上において作業してるよ。w それでも全然ノープロブレム。ここまでの流れは予想通り楽勝だ。

取り付け完了1これはその次の工程の、はしごに乗って、MFJ-1788を手で持ち上げて支えながら、ネジを締めて固定する作業が終わったところ。
今回の一番の難関はこの作業。やはり、支えながらネジ締めするにはかなり磁気ループアンテナは重い。ただ持つだけなら重くないんだが、ながら作業が不可避になると、これ以上の作業はムリだ。勿論、2人以上で作業できるような超恵まれた環境にある人は話は別。

あと、MFJのUボルトについてるナットは、10/12のいずれのスパナにも入らない半端サイズ。またまた日本とアメリカで規格が違うんだろうどうせ。なので、一番作業が大変なのに、わざわざモンキーレンチで微妙に太さを調整して締めるという難関つき。まあいつのものことだけど、さらにあらゆる分野そうだけど、「泣きっ面に蜂の法則」というか、苦しい状態のときにはもっと悪条件が重なるものだよな~。



取り付け完了2この写真が一番かっこいいな!
MFJ-1788 / VX1000 が青空に映える勇姿・・・といいたいところだが、周辺の建物にマスクをかけたりするし、やはりロケーションの悪さにがっくりする要素の方が多いような気もするね~。

あと、マストは2.3mだけど、こうやって実際に設置してみると、意外と高さは屋根に対しては低く、VX1000の先端部がかろうじて屋根の端を超える程度。
さらにこれ以上MFJ-1788を低い位置にすると、今度は洗濯物作業中に頭がぶつかる高さになってしまうので、事実上「この位置しかありえない」ということに。横方向の自由度は、さっきの30cmによってここしかないし、縦方向の自由度はこのようにマストもアンテナ2本もここしかないし、本当に悪い環境の中で唯一アンテナを固定できるスペースなわけだ。なんか、泣けてくるな~。

引き回し1そしてこれは、30cmのせいで右側ポールに場所を変更したことによる、同軸引き回しのための付帯工事。またまた、コーススレッドを1本打って、そこに針金を巻きつけて固定だ。この辺はいろいろ慣れた。

引きまわし2なので、実際のアンテナのそばの様子はこうなるわけで、さっきの同軸を引き回してない写真のほうが、写真としてはかっこいいですよね~。

室内そしてこれが室内。
前にやっておいた、マジックテープをフル活用。この機構は確かに美観はダメだけど、作業性・経済性etc.に関しては、かなり優れているな。


完成図
これが最終的な完成図。
室内から見たところだ。まさに、洗濯物と一体化したこの有様。
ロケーションの悪さ&隣家との近さetc...が否応なく伝わってくるこの有様。。。まあいいや。w もう書き飽きた。(^o^)/


というわけで、実に、屋外にアンテナを新設する工事をやったのは、
1987.7月に1200/2400用のアンテナをベランダに出した時以来、
23年ぶり

それ以前に上げていた屋根馬アンテナ・1987のベランダアンテナ
(2010年のベランダよりも遥かに環境は良かった。)・2010の今回のベランダアンテナと、だんだん時代を経るにしたがって、グレードダウン&周辺環境の悪化が著しいな~。まあその分、リグとかPSKとかCWとか、そういう技術的・運用的に進歩している方面でカバーしたいものですね~。

しかしまずは今日は疲れたので、それ以上一切なにもせずに終了
とします。

VX1000ベランダ移動運用と片側脱着Mコネ2

20mの同軸ケーブルを買ったので、ついにはじめて、VX1000を室内じゃない場所に移動した! って、自宅のベランダだけどね。

001
洗濯物の脇に悲壮感満点で漂う、
MFJ-1918。

002
その先端に取り付けられた、
VX1000。
ご覧の通り、ななめよ。洗濯物に無造作に立てかけてある。こうしないと屋根にぶつかってNG。
なので、斜めにすることによってかろうじて先端部分だけは屋根から上に出たかもしれない?


---

003そしてこれが、誰も見たくない
IC-7000Mセパレート設置と電源部とマイク。同軸もつないだ。
004机の上になんとかPCのキーボードやエレキーと一緒に収めた、
IC-7000M操作部。
ご覧の通り、机に貼り付けてはおらず、液晶ディスプレイの足にかませて、ディスプレイの重量でかろうじて固定。さらに、それだけだと操作時にぶかぶか動くので、左下のところに厚紙を挟んだりしてなんとかいじれる状態にしてみる。


50/144/430を早速ワッチ。・・・・・・・
全然聞こえないす。はっきり言って室内アンテナと全く変わらず。ベランダ運用のメリットは全く感じられず。


005しかも、まだあって、実はコレを買ったのよ。
5DF20MB ダイヤモンド 固定局用同軸ケーブル(片側脱着式) 5D-FB MP-MP 20m

問題は、片側脱着式M型コネクタっていうやつ。
これのどこが脱着するの?全然わからない件。なんかこう、スリーブのところが後ろに下がるのは普通のコネクタで当たり前だし、むしろ逆に、この変な黒いプラスチックのフードのせいで、スリーブのところが後ろに下がらなくて不便なんですけど。

さらにもっとひどいのは、コネクタをつけるときにネジをメス側のほうにつけて回すと、途中で空回りして接続がはずれるじゃん。
なにこれ!電気製品的には「完全に不良品」なんですけど?いいのかこんなんで・・・???

だれもこういうことを書いている人はいないみたいだが、また世界で一人だけNG現象なのか?またまた相談できる仲間とかは当然ゼロなので一切不明というすばらしい環境だよ。w

わりとこう・・・くだらないもの発明しやがって!

っていうのが現時点での感想。
仮に、もし自分だけのアフォな勘違いじゃなくて、「本当にこんなもん」だったら、この片側脱着コネクタをニッパーで首からぶった切って、普通のMコネをはんだづけし直すかな~。なんかこう非常に虚しいよね。
そもそも、60Wのコテがすぐ出ないから、面倒を嫌って完成品の同軸を買ったのにコノザマだよ。。(´Д`)

なんかこう、時代が変わると逆に退化することも数多い(もし自分だけアフォだったら自分の脳が退化したことになるが・・・)ような気もしてきたところで今回は終わりにする。

ゲリラ的ベランダアンテナにするか?

こんな感じで、とにかく全然聞こえない。

しかし、リグもアンテナもそんなに皆様に引けを取るほどは悪くないはず。やはりどう考えても、「室内アンテナ」っていうのがメチャメチャにダメダメなのは明白。

しかし・・・・普通のアマチュア無線やってる人みたいな感覚でアンテナを上げるのはここでは不可能。

実は・・・これを買ってあるのよ。MFJ-1918だ。今アンテナ関係であるのは、これとVX1000と短い室内用の同軸だけ。HFのアンテナはまだ無い。

ならばこういうのは?

ベランダ?アンテナ?

黒丸がリグの位置。黒い四角は自分の家とか隣家だ。建て込んでてどうしようもない。緑色と青の点線は、現在やってみたVX1000を室内アンテナで使用するというパターン。
そして計画してみたのが、赤と青の実線だ。赤は、MFJ-1918にVX1000を取り付けたところ、青が長めの同軸。赤のある場所は唯一のベランダだ。

しかし、リグの位置からベランダへアクセスするには、室内のドアを2枚越えなくてはいけない。さらにベランダに出るには穴など開いておらず、網戸の脇を少し開けて同軸を出すしかない。当然、ベランダには洗濯物が常駐。アンテナなど出してるのが見つかろうものならば生きて帰れない・・・よな やはり。www

なので、
自分の家に人がいない時間帯 & 天気は雨じゃない & (隣家に人がいなそうな時間帯 or アンテナが外から見えにくい夜間)という条件に合致した時のみ、同軸をだらんと這わせてベランダにMFJ-1918を出して、自分の家のベランダに「移動運用」w  っていうのは~?

これならば、アンテナ近傍の家具や壁の影響は回避できるし、地上高も室内よりは上げられる。(でもせいぜい2mh位だが)経費的にも同軸20m?分位の出費でそれ以上はなしになりそう。あと副次効果として、洗濯物が干してある時に出せば、洗濯物にアンテナが少し隠されてカモフラージュ効果も。

う~~~ん。 なんとかこれでやってみようかな~。

VX1000接続

ダイアモンドのノンラジアルGP、VX1000を買ってあるので、はじめて
IC-7000Mにつないで受信実験してみる。

当然ながら・・・室内アンテナよ。

144/430を、うん十年ぶりでワッチ。
う~ん。ほとんど何も聞こえない。唯一はっきりと聞こえるのが、
144.90の衛星バンドにいるコールを言わないFM違法局と、
430.00のCWバンドエッジにいるコールを言わないFM違法局の2局のみと言う。w

他は、Sメーターの振れはゼロで、かすかにたま~に何か聞こえるかな?といった程度。まともな交信は1回も聞こえず。

物理的なロケーションやアンテナ設置環境の悪さは言うに及ばずだけど、さらにそれに加えて、人為的環境も最低(違法局しかいないという意味で)なことがわかったよ。

見方を変えれば、あの世での楽しみが増えた?とも言える。

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレQRL

ウクレレならば小型でしかも電源アンテナ不要でいつでも移動運用可能ですよ~
最新コメント
QRコード
QRコード
ブログメール
記事検索
  • ライブドアブログ