JE1QMS

アマチュア無線局 JE1QMS のブログです。1972年3月30日、50MHz A3 1W, TR-1200で開局。
14MHz JT65 で22年ぶりに復活後、CW練習や移動運用、自作ダイポール室内アンテナ、ウクレレQRL/ピアノQSY、マンションからJT65/FT8、など・・・ゆる~く模索中(^◇^)

WSJT-X

WSJT-Xに変更

スクリーンショット (6)
今までは、JT65-HFでずっとやってきた。何しろ使いやすいから。ていうか、わかりやすかったので。(^^♪

しかし、ネットで見てみると既にJT65-HFは開発終了しているそうだし、さらに、JT9とかをやる場合や、JT65でも最近海外局でよくみる、RRRと73を分けないで、RR73とかやるときには、どうやらWSJT-Xでないと無理らしい・・・ということをどこかで見たので、これを機会に乗り換えてみるか?と思った。

---

大和市の常置場所(しかしそれは再免許後なので、今は/1で移動場所のまま)では、モービルホイップを昼間取り付けてそれで一晩過ごして・・・また次回夜泊まるときには別のバンドのアンテナを・・・という感じで、細々と各バンドを運用開始していますよ。こういうスタンスで、3.5/7は1回やって、今回は初めて10MHz帯。

10.138で最初JT65-HFで交信して、それが終わってから、WSJT-Xを入れて、いろいろと調べて試行錯誤して、ようやくCQを出してみたり、相手のCQを呼んでみたり・・・したものの、今回は結局、WSJT-Xでは1局も交信できず。

なので、次回以降の課題というかお楽しみということで、のんびりやる予定ですよ。

この画像は、その、10.138でCQを出してみたけど応答なし・・・の時の様子。

JT9、WSJT-X送信できない2

昨日のQRLでJT9特集をやっていたので、JT65を一番メインに(というかそれしかない)やっている身からしたら、やはり即WSJT-Xインストールして実験ですよ。こんな感じ。
WSJT-X-1
このように、ちゃんと受信出来てる。まさにJT-65HFと同じ感じで。
さらに、PTTも正常に働く。うん、大丈夫だ。なので送信してみると・・・・・・・・
        全く送信できない。 

出力デバイスの指定はこんな感じで正常だと思われるのだが。(CATとかは縁がない機能と思うので最初から使う気は無し。)
WSJT-X-2
送信レベルの設定なんていう別画面は無いみたいだし、とにかくCQ
SSTV USB側でレベル調整しても全然ダメ。
JT-65HFは同じ条件で完全に正常に動いているので、ハードウェアとかドライバのせいとは考えにくい。
WSJT-Xのソフトに起因する問題なのか?でも、ざっと検索してみてもそんな記事は見当たらない。

一応英語でも検索。って、はじめからそうすればいいのに。(´∀`*)
こういうのはあったけど・・・
wsjtx will not run using Windows 8

やはり、新しいソフトを新しいOSで使うなんていうのは、初期不良のリスクが多すぎ。

しばらくJT9は様子見がいいのかな~~~ もっとこなれてからやればいいじゃんみたいな~ 


(2013.5.18追記)
WSJT-Xを立ち上げるといきなりこれが出るんですよ。
これはダメだ
はじめからWindows 8は見捨てられてるみたいですね。
様子見以外の選択肢はあり得ない!という結論。
でも個人的には・・・WSJTよりもJT65-HFの操作感のほうが好きなんですけどね。JT9で同等なソフトできればいいのにみたいな~。自分で作るスキルは無いですよ~当然www

哀愁のTR-1200

リズムがCWで、ホワイト・ノイズが「MIK」ベースが「U」、歌メロが「CQ」、シンセソロが「VVV DE JA1IGY」ですよ。w
ウクレレ/ピアノで
    QRL/QSY

ピアノはこちらです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ